« 結婚式 | トップページ | 看板 »

2006年11月26日 (日)

餞(はなむけ)の言葉

Img_3062_1昨日の結婚式のスピーチのときに、餞(はなむけ・・って、変換してみて、初めてこんな字を書くのだと知った)の言葉として、森信三先生の「しつけの三大原則」を紹介させて頂いた。

一、朝必ず親にあいさつをする子に。
  それには先ず親のほうから誘い水を出すこと。

二、呼ばれたら「ハイ」とはっきり返事のできる子に。それには母親が、主人に呼ばれたら必ず「ハイ」と返事をすることが根本秘訣。

三、席を立ったら必ずイスを入れ、
  ハキモノを脱いだら必ずそろえる子に。
                   (森 信三)

この3つで、子供にしつける前に、両親が実践をすることが大事で、実践することによって、夫婦も円満になるので、私は「夫婦円満」の秘訣とも思っている。スピーチの時には、(二)の「主人に呼ばれたら、『はい!』と、返事をする」というのを実際に、やってもらった。そして、二年目は逆になります。主人のほうが奥さんに呼ばれたら「はい!」と、返事をします。そして、3年目は、奥さんに呼ばれたら、主人は、「ごめん!」と、あやまるようにします。そうすると絶対に夫婦ケンカはないし、円満な家庭が築けますと、紹介をさせて頂いた。

« 結婚式 | トップページ | 看板 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

面白いですね、もし私が結婚式のスピーチをすることがあれば使わせていただきます。

ナイダスさん、コメントをありがとうございます。

はい、どうぞ、使ってみて下さい。
原稿は、いつでも、差し上げますよ。

我が家で実践していることですので・・・・

女房に呼ばれたら「ごめん」、「おはよう」と言われたら、「ごめん」、目が合ったら、「ごめん」と言っていますので、もう、何十年も夫婦けんかはありません(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/12840802

この記事へのトラックバック一覧です: 餞(はなむけ)の言葉:

« 結婚式 | トップページ | 看板 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31