« 森信三魂の言葉(6月15日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月17日) »

2007年6月16日 (土)

森信三魂の言葉(6月16日)

「才の人と徳の人」

人間はまず才知が進むほど、善・悪両面の可能性が多くなります。ゆえに才あるものは才を殺し、徳に転ずる努力が大切です。
     ●
才無きを憂えず、かえって
才の恐ろしさを知れ
     ●
天性資質にめぐまれたる者は、二割五分前後を咲いて、他に奉仕すべし。

●月曜日から、写真日記を再開予定です。
 ご心配をおかけします。

« 森信三魂の言葉(6月15日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月17日) »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森信三魂の言葉(6月16日):

« 森信三魂の言葉(6月15日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月17日) »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31