« 森信三魂の言葉(6月16日) | トップページ | 父の日 »

2007年6月17日 (日)

森信三魂の言葉(6月17日)

「慈雲尊者の書」

わが国で僧侶であった人の書では、わたくしの取りたいのは良寛と慈雲ですが、そのうち強いて一つと言われたら、慈雲を取るかもしれません。それほどわたくしは慈雲尊者の書を高く考えるものです。

だがそれは単に書だけをとるというよりも、何より尊者その人を尊敬しているがゆえです。ではどれほど尊者を尊敬しているかというと、道元、親鸞と比べても、毫も遜色がないと考えているわけです。

« 森信三魂の言葉(6月16日) | トップページ | 父の日 »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森信三魂の言葉(6月17日):

« 森信三魂の言葉(6月16日) | トップページ | 父の日 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31