« ホワイト餃子 | トップページ | ご両家顔合わせ »

2007年6月30日 (土)

森信三魂の言葉(6月30日)

「日本人的哲学」

「全一学」というのは、わかりやすく申せば、日本人としての自覚に立った場合の「哲学」のことで、従って「全一学」という特殊な学問はなく、いわんや私が今度の『続全集』に収める「全一学的教育学」など「全一的」と名づけたもののみでないのはもちろん、「創造の形而上学」にせよ『情念の形而上学』にせよ、私の書いたようなものでなければ、「全一学」でない--------などと考えられるとしたら、これほど大きな誤解はないわけです。

« ホワイト餃子 | トップページ | ご両家顔合わせ »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森信三魂の言葉(6月30日):

« ホワイト餃子 | トップページ | ご両家顔合わせ »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31