« 父の日 | トップページ | 昨日の昼食 »

2007年6月19日 (火)

森信三魂の言葉(6月19日)

「最大の置き土産」

生まれたものは必ず死ぬときがあり、来た者には必ず去るべきときがあります。また会うた者は必ず別れるべきときのあるのは、この地上では、どうしても免れることの出来ない運命といってよいでしょう。

同時に私たちも自分が去った後の置き土産というものについても、常に心を用いるところがなくてはなりません。さてわれわれ人間として、最大の置き土産は、なんと言っても、この世を去った後に残る置き土産だということを忘れてはならないでしょう。

« 父の日 | トップページ | 昨日の昼食 »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森信三魂の言葉(6月19日):

« 父の日 | トップページ | 昨日の昼食 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31