« 森信三魂の言葉(6月11日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月13日) »

2007年6月12日 (火)

森信三魂の言葉(6月12日)

『魂の点火』

相手の魂をその根本から揺り動かして目を醒まさすためには、どうしてもまず教師その人に、それだけの信念の力がなければならぬでしょう。

すなわちこの二度とない人生を教師として生きる他ない運命に対して、真の志が立っていなければならぬでしょう。たとえていえば、火のついていない炬火(たいまつ)で、たくさんの炬火をつけようとするようなものだからです。

●しばらく写真日記はお休みです。

« 森信三魂の言葉(6月11日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月13日) »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森信三魂の言葉(6月12日):

« 森信三魂の言葉(6月11日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月13日) »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31