« 森信三魂の言葉(6月10日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月12日) »

2007年6月11日 (月)

森信三魂の言葉(6月11日)

『暗誦』

もし「論語」を暗誦するとしたら、まず学而篇の暗誦をさせるべきでしょう。しかしそれから先をどうするかは、結局暗誦させる人が自分の見識で選ぶ他ないと思います。

これに反して、「歎異抄」では、最初の10ケ条を暗誦したらよいと思います。ひじょうによくまとまっている点からしても、日本における最高の宗教的古典の一つといってよいでしょう。

●写真日記は、しばらくお休みです。

« 森信三魂の言葉(6月10日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月12日) »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

こうして、紹介されると皆、読んでみたくなります。
その内と思っていると、1年ほどはすぐたちます。
そして、忘れていきます。

なかさん、コメントをありがとうございます。

森信三先生の言葉は、本当に魂に響いてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森信三魂の言葉(6月11日):

« 森信三魂の言葉(6月10日) | トップページ | 森信三魂の言葉(6月12日) »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31