« 地鶏の研究? | トップページ | 今日の昼食 »

2007年6月25日 (月)

森信三魂の言葉(6月25日)

「上位者に対する心得」

上位者に対する心得の根本を一言で申しますと、「すべて上位者に対しては、その人物の価値いかんにかかわらず、ただその位置が自分より上だというゆえで、相手の地位相応の敬意をはらわなければならぬ」ということでしょう。

すなわち相手の人物がその真価とか実力の点で、自分より上に立つだけの価値があろうがあるまいが、とにかく相手の地位にふさわしいだけの敬意を払うようにするということです。

« 地鶏の研究? | トップページ | 今日の昼食 »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

 いい言葉です。人生の疑問が解けるように思います。

はい、まさに、森先生の「魂の言葉」と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森信三魂の言葉(6月25日):

« 地鶏の研究? | トップページ | 今日の昼食 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31