« 今日の壮眞くん | トップページ | 諸行無常 »

2007年9月25日 (火)

●森信三・魂の言葉(9月25日)

「清沢満之信仰座談」

わたくしは20歳代で次の2冊の書に眼を開かれたのです。その1は三浦修吾先生の『学校教師論』、その2は「安藤洲一編の『清沢満之信仰座談』でした。

清沢満之の「人間生きてる限り、仏か仏飯を給せられる。但しそれは金殿玉楼においてか、茶屋においてか、はたまた獄裡においてかの差あるのみ」の一語は、いまなお味わい深い」一語です。

« 今日の壮眞くん | トップページ | 諸行無常 »

森信三・魂の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●森信三・魂の言葉(9月25日):

« 今日の壮眞くん | トップページ | 諸行無常 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31