« しし宴会 | トップページ | カナダカンでランチ »

2008年1月20日 (日)

一夜明けたら雪化粧

Img_0167いつも庄原市内には雪はなくても、比和町まで来ると雪が積もっているが今年は、比和町に来ても雪がなかった。しかし、 一夜明けて、朝起きてみると、一面が雪化粧に変わっていた。留学生たちは、雪をみて大喜びをしていた。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(1月21日)

「松井立身先生」

先生は旧刈谷藩の武士だった方です。わたくしがこの先生に教わったのは、小学の1年、2年の2ヶ年でしたが、忘れがたい先生でした。

松井先生は、「終身」の授業のおりに、桜井の里の話をされると、いつも落涙されるのです。白皙の先生の瞼の辺が、少し紅くなったなと思うと、やがて一筋の光るものが、先生の頬を伝って流れるのです。そして「これでも昔は二本差したものだから、他人事とわ思われんで---」と申されるのでした。

« しし宴会 | トップページ | カナダカンでランチ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/17771704

この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明けたら雪化粧:

« しし宴会 | トップページ | カナダカンでランチ »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30