« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

難しい顔

Img_0711女房が、「壮眞が、難しい顔で寝てるよ」というので、見に行ったら、ホントに写真のように、「難しい顔」で寝ていた。この難しい顔もなかなか、可愛くて、気に入っている。

Img_0725初めての乗り物。今まで、壮眞くんへのおもちゃのようなものは、買ったことは無かったが、最近は、動くのがとても好きなそうなので、つい、写真のようなパトカーののりものを買ってしまった。とてもうれしそうにのるので、これからは、これで一緒に遊ぼうと思っている。

森信三・魂の言葉(5月1日)

「仕事処理のコツ」

この世の中というものは、実は一見したところ、いろいろな雑事とも思える事柄の、ほとんど連続といってよいほどです。では一体どうして世俗的な雑事の重圧をひり抜けたらよいかというに、それは「すぐにその場で片づける」ということです。

これが唯一にして最上の秘訣なのです。要は、「できるだけ心の負債をつくらぬように」--という心構えが何より大切です。

2008年4月29日 (火)

昭和の日

Img_072128日に、三原にいる愛子から、家族同報メールで、「明日はご存じの通り昭和の日です。1日はお母さんの誕生日です。なので、家族そろってごはんを食べたいと思います。明日、あさ菜ゆう菜で夜ご飯を食べましょう。wobblyよろぴくぴく」と、入ってきた。何となく読んで、いて、「ワーイ(^^)/ ラッキー」と思って、返事をした。よくよく、メールを読んでみると、「昭和の日」とは、書いているが、「お父さんの誕生日」とは、一言も書いていないので、愛子に、「お父さんのこと、何も書いてないよ(-_-)」と、メールをしたら、「忘れとった」とかえってきた。愛子独特のお茶目である。----と、いうことで、子供達が、私たちを招いてくれて、夕食をごちそうしてくれ、バースデーケーキまで用意してくれていた。とてもうれしくて、幸せな気分になった。(あさ菜ゆう菜にて)

Img_0723

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月30日)

「人間関係の第一歩」

現在のわが国では、朝のあいさつはおろか、「ハイ」という返事さえロクにできない児童や生徒学生さえ見かけますが、憂慮にたえない現状です。

それというのも真の具体的な人間関係は、実はこのような最初歩の第一歩から始まるわけで、これわたくしが多年「しつけの三大原則」として主唱し力説して、家庭と学校との相互協力により、その徹底を祈念してやまない次第です。

2008年4月28日 (月)

毎週月曜日はパスタデー

Img_0706毎週月曜日は、カナダカンの、「今週のオススメパスタランチ」をホームページ用に取材をしている。今日は、なんとなくボラギノールではなくて、カルボナーラが食べたくなったので、フィットチーネ(生のキシメンのようなパスタ)を食べた。パスタができあがってすぐに、スタッフが、チーズを目の前で、擦ってくれる。こちらが、「ストップ」と言うまで、好みに応じて、チーズを擦ってくれて、ちょっと得した気がした。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月29日)=緑の日→昭和の日→私の誕生日

「女らしさ」

「女らしさ」もについて、皆さん、とくに男子生徒の意見をまとめますと、すなおでやさしいという結論に達しました。

「女らしさ」の第一の特質のすなおさということですが、これは夫に対してということになりましょう。

「女らしさ」の第二の特質のやさしさあわが子に対する面から生じたもので、わが子を育てはぐくむところに、その天性の任務があるからでしょう。

2008年4月27日 (日)

第151回広島掃除に学ぶ会

Img_06964月の定例会が、三和中学校で行われた。今回で3回目で、定刻5分前には、生徒さんがキチンと整列をされていてとてもすばらしいと思った。PTAの方々が早くから来て下さり、豚汁とおむすびの準備までして下さった。多くの生徒さんが参加してくれて、とても良い掃除に学ぶ会だった。

----------------------------------------------------
森信三・魂の言葉(4月28日)

「男らしさ」

男らしさとは、たのもしい人間であり、イザという場合には、たのみになるような人間という結論に達しました。

ではたのもしい男とは、どういう男性かというと、それは、おそらく「責任感」の強い男性ではないでしょうか。

「いったん自分が引きうけた以上、どこまでも責任を果たそうとする男性こそ、真に頼もしい男性」というのではないでしょうか。

2008年4月26日 (土)

勉強会?

Img_0695夕方から、女房に「勉強会に行ってくるけえ」というと、「あんまり、飲み過ぎんのんよ」と、言われてしまった。なんでも、お見通しなんで・・・・(-_-)

掃除に学ぶ会の前夜祭ということで、滋賀から、加藤さんが来てくれたので、MG会場の近くの居酒屋で会食をした。たあいのない話ばかりだが、とても楽しく過ごした。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月27日)

「腰のかけ方」

皆さん、今日は、腰のかけ方について、お話いたします。男は男らしく、女の人は女らしくかけてください。

○男子は獅子の前足のように両ひざを開いて、ガッシリと力づよく。
○女の人は、ひざを合わせて、ひざから足のくるぶしまで一直線に。

まるでまだ使わない割りばしみたいにキチンと揃えるのです。男子と女子とは、腰のかけ方ひとつをとっても違うのです。

2008年4月25日 (金)

ボンレスハムのような壮眞くん

Img_0681壮眞くんが、ますます可愛くなってくる。風呂上がりの気持ちよさそうな顔がたまらなく可愛い。まだ体はぶよぶよで、ボンレスハムのようで、さわるととても気持ちがいい。(プライバシー保護のため、恥部は、隠しています。)最近では、女房がだっこしていて、私が「こっちにおいで」と誘うと、大喜びをして、両手を差し出してくるようになった。その仕草がまた、とても可愛い。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月26日)

「母親の遺伝」

男というものは、10人中7、8人までは、母親の遺伝の力が強いようです。そして42歳くらいから、はじめて父親のエラさがわかり出すようですが、それまでは父親に反発をするわけです。

そして父親のエラさが本当にわかるのは、結局は親父が灰になってからでしょうね。同時に男は、父親のエラさんがわかりだしますと、母親から受けた生地の上に、父親の長所が生きてくるわけです。

2008年4月24日 (木)

紺屋の汁なし担々麺

Img_0691この前、紺屋で、油そばを食べた時に、次回は、季節限定の「汁なし担々麺」を食べようと思っていた。時間がとれたので、昼食に行ってみた。「き○く」のように、強烈な味ではないが、良く似ていて、万人向けの味で、やはりとても美味しいと感じた。「きさ○」と違うところは、紺屋は、ご飯もとても美味しいところだ。

タウン情報(TJ)広島5月号にも「特集」として、汁なし担々麺が挙げられていて、広島でも静かなブームになっているようだ。

黒田さん、来広!

Img_0693茨城の黒田わーくすの黒田さんが、益田へ行く途中、広島で前泊されるとのことで、空港までお迎えに行った。市内で、チェックインをして、堀さんと合流をして、 食事に出かけた。黒田さんが、「広島に来たら、やはりお好み焼きがいい」とのことだったが、まず、前菜?ということで、私が大好きな、「まるまんの宮崎地鶏」を食べにいった。久しぶりに食べたが、感動的に美味しかった。その後、隣の「ちづ」という店でお好み焼きを食べた。

Img_0692_2地鶏の炭火焼き「ばらし」で、皿の縁にある塩つけながら食べる。歯ごたえがあって、噛めば噛むほど味がでてきて、チョベリ(死語?)、美味しかった。骨の真ん中にある、肉をかぶりついて食べるが、これがまた美味しい。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月25日)

「性欲の問題」

性欲について、まず根本的に考えねばならぬことは、性欲は人間の根本衝動の一つということです。すなわち性欲は人間の生命を産み出す根本動力だといえます。そこでいま性欲に関して結論的にいうと、性欲の萎えた人間には、偉大な仕事はできないとともに、みだりに性欲を漏らすような者にも、大きな仕事はできなということです。すなわち人間の医大さは、その旺盛な性欲を制御しつつ生きるところに生まれてくるといえます。

2008年4月23日 (水)

映画「大いなる陰謀」

Ooinaru月に1回は、女房孝行?のために映画に行っている。今日も午後から、緑井のTOHOシネマに行った。前回予告編を見て、良さそうだったら、観てみたが、ストーリーが複雑で、よくわからなかった。次回は、トム・ハンクスとジュリア・ロバーツの映画を観に行くことに決めた。(写真はホームページより)

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月24日)

「微差が勝敗を決する」

百円の切符が98円で買えないことは、5円で買えないのと同じです。いかに高圧電流が流れておっても、線がつながらなければ流れないことくに、物事は、最後の数パーセントで勝敗が決まるものです。

お客のお迎えやお見送りにおいても、細心のきくばりが必要なことはもちろん、また本づくりの最後校正における細心の注意に多く経験するところです。

2008年4月22日 (火)

趣味の園芸

Img_0678めったに、土いじりなどしたことはないのだが、「さあ、趣味の園芸を始めようか」というと、女房から、「にわか、園芸でしょ」と言われてしまった。
プランターに花を植えたり、猫の額ほどの畑に、まくわうり、ゴーヤ、ミニトマト、ねぎなどを植えてみた。大きくなっていくのがとても楽しみである。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月23日)

「忍」の一字

忍耐には、大体二つの面があるかと思うのです。すなわち一つには、感情を露骨に表さない、とくに怒りの情を表さないように努めるという面と、今一つは苦しみのために打ちひしがれないで、いったん立てた目的は、どうしても実現せずんば己まぬという面です。

そこで前者を堪忍と言い、後者を隠忍と呼んでよいでしょう。しかも「忍」の一字に至っては、深く両者に共通しているわけです。

2008年4月21日 (月)

油そば

Img_0669_2中広に、安全・安心・無化学調味料のラーメン屋がある。私の好きな店の一つである。醤油ラーメンが800円からと少し高い気がするが、それだけこだわりの素材を使っていて、手間暇かけているのだから、納得できる値段である。 今日は油そばを食べてみた。チャーシューもたっぷり入っていて、とてもおいしかった。次は、期間限定の汁なし担々麺を食べてみようと思っている。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月22日)

「親しき友を」

血をわけた親兄弟とか、さらに親しい親戚のほかに、お互いに丸裸でつきあいのできる関係が、いわゆる親友と呼ばれる人間関係です。これはこの世におけるいろいろな人間関係の中でも、一種特別な味わいの深い人間関係です。

この大事な交友関係を永く続かせるためには、おたがいに自分の都合を第一にしないで、なるべく相手の立場を主として考える心がけが何より大切です。

2008年4月20日 (日)

観劇

Img_0671以前、テレビのPRで、「前川清と梅沢富美男」のショーの宣伝をしていた。女房が、「あ、これ、おもしろそう!!、こういうのに行ってみたい・・」と、独り言のように言っていた。私は、聞いて聞かなかったふりをしていて、すぐに、チケットを購入した。日にちが近くなって、「前川清のチケットを買っておいたけ・・」と、言ったら、びっくりして感動してくれるかな?と思ったけど、ま、普通の反応だった。この二人は、トークがとてもおもしろくて、ずっと笑いっぱなしだった。観客は、年寄りばっかりじゃのおと、感じていたが、その「年寄り」の中に、我々も入っていることに、気がついて、愕然とした。

Img_0677ロビーでは、CDやDVDなど色々売っていたが、中でも、おもしろいのは、「前川清のまじめ饅頭」と、梅沢富美男の「きなこ豆」だったので、興味本位で買ってみた。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月21日)

一人の「師」

真の心の「師」は、生涯に一人あれば足りるでしょう。同時に人はかかる非土地の「師」を持つことによってMその生涯の歩みを導かれるわけです。

吉田松陰先生は、生前一度も見えたことのない山鹿素行先生を師として私淑しながら、自らの一道を拓かれた方です。

「天下第一等の師につきてこそ
   人間も真に生き甲斐ありというべし」

2008年4月19日 (土)

劉明輝さん来広!

Img_0668北京から劉さんが商用で広島に来られたので一緒に会食をした。おいしい和食がいいと思い、「あさ菜ゆう菜」にした。曽さんの家族と、周さんもきてもらった。刺身や天ぷらそして、最後にでたジャコの焼きめしがとてもおいしいと言っていた。劉さんも以前より、お酒が強くなっていた。ビジネスはなかなか大変だが、がんばって成功をしてほしいと思っている。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月20日)

「生徒の呼び方」

女の先生は男の子を呼ぶときは「○○くん」と呼ばないで、「○○さん」と呼んで下さい。先生が「○○くん」と呼ぶと、女生徒までが男の友達を「○○くん」と呼ぶようになり、さらに学校を卒業して、会社に勤めるようになっても、同僚の男の人に対して「○○くん」と呼ぶのが出つつあります。

女の教師の不用意な言葉遣いが、こういう重大な結果を生みつつありますから、どうぞ気をつけて下さい。

2008年4月18日 (金)

つけ麺

Img_0667Img_03852月に行った店にもう一度行ってみた。以前は、駐車場はいっぱいで入れなかったが、今日はランチタイムだったが楽に車が入れてお客様も2~3人だった。つけ麺の大盛りを頼んだら、量がたっぷりあって、おなか一杯になった。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月19日)

「廊下を走らぬ」

「理想の学校」として、もう一つの事柄が守られていなければならぬと思うのです。ではその最後のもう一つとは、「全校の生徒が一人も廊下を走らぬということ」であります。そしてこれが守れたら、その他のことはいちいち申さなくても、まず「理想の学校」といってよいかと思うのです。このきまりは、とくに交通禍のひどくなった時代には、もっとも大事なきまりといってよいでしょう。

2008年4月17日 (木)

とんこつラーメン

Img_0665_2東区の温品方面に行ったので、帰りに「とんこつラーメン」の店があったので寄ってみた。ラーメンと焼きめしのセットで900円は少し高いなという感じがしたが頼んでみた。とんこつラーメンは、意外とあっさりとした味だった。焼きめしは、よく炒めていて、量も多くてとてもおいしかった。これなら900円も納得できるセットだった。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月18日)

「学校づくりの夢」

真の「学校づくり」ためには、校長として一体何を為すべきか。それは結局、

(1)全校の職員はもとより、生徒に対しても、自分のほうからあいさつをすること。
(2)学校内で眼についた紙屑は、必ず拾うこと。
(3)毎日生徒のハキ物棚の前を通る際には、必ず生徒のクツのかかとを直して通ること。
(4)毎日少なくとも二度、できれば三度、学校を見回ること。

2008年4月16日 (水)

熊本ラーメン

Img_0498_2以前、行った舟入にある熊本ラーメンの店が気になるのでまた行ってみた。昼食時ということでもあり、満席で外に数人待っておられた。ここは、「写真撮影禁止」なので、写真は取れないので、外からのれんだけを撮られせてもらった。ラーメンとチャーハンのセットを頼んだ。メニュー板を見ていたら、麺の大盛りも値段は同じと書いてあったので、大盛りを頼んだ。にんにくチップをスプーン2杯入れて食べたが、とてもおいしかった。少し遠いが時々、また、食べに行きたいと思った。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(4月17日)

「中学生諸君(3)」

私は15歳の時から61年間、この腰骨を立てることだは続きけています。朝から夜寝るまでこれを続けているんです。「腰」という時は、にくづきに要と書きます。要というのは、扇の中心ということ。だから腰は体の中心です。

剣道をやっても、柔道をやっても、お茶やお花をやっても、弓をやっても、習字を書くときでも、碁を打つときでも、腰がしっかりしていないと何事も成功しないのです。

2008年4月15日 (火)

可愛い壮眞くん

Img_0574話題の無い時は、壮眞くんに限る。写真は、ケガをする前のもので、家族と一緒に食事をしているところ。少しずつ離乳食をしていて、私がスプーンで食べさせている。今日はカボチャと、うどんを食べさせた。うどんが好きなようで良く食べる。絨毯の上で一人にさせているとゴロゴロ転がっていって、隅の方まで行き、身動きできなくなって泣いてしまう。後ろへは進めるのだが、まだ、前には進めない。もうすぐで、8ヶ月になるが、日々成長していて、毎日が楽しみだ。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月16日)

「中学生諸君(2)」

どうぞ皆さんは、一日の予定を最後までやりぬくために、睡眠時間を問題しない人になってほしい。どうしてもやらねばならない宿題をやるために、睡眠時間が短くなっても、きみらの若さだったら、あくる日、かえって弾力をもって跳ねあがっていく人間にならなくてはだめです。ではどうしたらそういう人間になれるでしょうか?その秘訣はたった一つだけです。それは「腰骨を立てる」ということです。

2008年4月14日 (月)

月曜日は楽しいパスタデー

Img_0660Img_0664毎週月曜日は、カナダカンでのパスタデーです。毎週、色んなパスタが食べられるので、とても楽しみにしている。今日は、オススメパスタの(A)の青ネギとフレッシュトマトのアンチョビガーリックソースにした。ニンニクが効いていて、とても美味しかった。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月15日)

「中学生諸君(1)」

皆さん、自分の将来を測るものさしがあるから、それを教えましょう。

1.テレビをどこまで自粛できるかどうか。つまりテレビの「断食の日」を作るのです。
2.一日の予定をどこまで完全に仕上げられるかどうか。「一日は一生の縮図なり」というのが私の信条です。自分の一生がどうなりそうかということは、いまのうちに見当をつけなくてはいけません。

2008年4月13日 (日)

臨時掃除に学ぶ会

Img_0643臨時掃除に学ぶ会が山陽高校で行われた。生徒さん、職員、PTAと、臨時にもかかわらず、170余名もが参加された。掃除に学ぶ会かも31名参加して下さり、久しぶりの19班で、道具を乗せるトラックも、パンパンだった。

Img_0653午後からは、岩国市へ移動して、鍵山相談役の講演会をお聞きしに行った。久しぶりに、鍵山相談役のお話をお聞きして、多くの新しい気づきがあった。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月14日)

「テレビ対策」

人間はテレビばかりに時間をとられて本を読まないでいると、結局ウスッぺらな人間になる他ないのです。

もし皆さん方の中で、招来いっかどの人間になって、多少なりとも社会的に貢献したいと考える人は、現在テレビを見る時間を極力ちぢめて、その時間をできるだけ、学校の勉強と、読書にあてるがよいと思います。そのためには、テレビを見る時間を極力切りつめるように-------

2008年4月12日 (土)

壮眞くん、負傷!!!

Img_0634Img_0642壮眞くんが人生で初のケガをした。優子が抱いていて、壮眞くんが暴れて、落ちそうになって、支えようとして、壁に頭が当たったとのこと。思ったほど、痛がらなかったらしい。写真左は、まだケガをする前で、右がケガのあとで痛々しい。

2008年4月11日 (金)

有機レモン

Img_0632ティア愛と優しさの店のアイスクリームを私が作っているが、基本は、「安全・安心・無添加・無着色」である。それには素材探しが一番大変である。以前から無農薬レモンを探していたがなかなか見つからなかった。ところが先日、ティア愛と優しさの店のホームページから、メールが入ってきて、「有機メロンがありますがいかがですか」あった。愛媛県・中島の「ゆうきの里」の岡田さんという方が作っておられるもので、早速、買ってアイスクリームを作ってみた。レモンの香りがしてとても美味しいものが出来た。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月12日)

「最低の奉仕」

わたくしは、縁あって送られてきた印刷物は、それがすぐれていてもいなくても、とにかく一応は目を通すことにしています。そして心に触れるところがあれば、たとえ二行、三行でも書いて差し上げたいと思っているのです。そしてそれは、「人のために----」ということの最低の奉仕かと思うからです。ちなみにわたくしが文字を書く九割までは手紙の返事、著述などではないのです。

2008年4月10日 (木)

純子大学院合格祝い

Img_0637純子が、修道大学大学院に入学をしたので、お祝いをした。広徳商事の近くに最近オープンした鉄板焼きの「TakeDining」という店に行った。以前王徳新さんが行ってとても美味しかったよと言っていた。後から趙さんもきてもらって3人で会食をした。趙さんも修道大学の4年生で就職活動で忙しいとのことだった。

Img_0635Img_0636色んな料理を食べたが、最後に食べたガーリックライス(写真左)と麻婆豆腐パスタ(写真右)がとても美味しかった。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月11日)

「封書を開けるとき」

わたくしは、いただいた封書の封を切るとき、手でちぎったりしません。手元にある大、中、小の三つの鋏のどれを使うかを、とっさの間に選んで使うのを、ひとつの楽しみにしています。

このように考えますと、99パーセント機械化せられている現在の生活の中にも、考えようによっては、多少は楽しさを味わう余地も見いだせるのではないでしょうか。

2008年4月 9日 (水)

餃子のK龍

Img_0628Img_0629会社の近くの祇園に餃子の美味しい店があるというので昼食に行ってみた。餃子は、手作り感があり、ジューシーでなかなか美味しかった。ラーメンは、スープが澄んでして、どうかな?と思いながら食べたが、味がしっかりしていて、具もわかめ、ネギがたっぷりあり、チューシューも大きく、それに珍しいことに梅干しが乗っていて、なかなか美味しかった。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月10日)

「ハガキの功徳」

たった一枚のはがきで、しかもたった一言の言葉で、人を慰めたり励ましたりできるとしたら、世にこれほど意義あることは少ないともいえましょう。

私が同志から送られるガリ刷りや印刷物にいちいち目を通して、なるべく返事を書くようにしているのも、そこまで作り上げたその人の労苦のいったんが察せられるからです。

2008年4月 8日 (火)

日程管理

Img_0594日程管理は、前回のマンダラ手帳で、週間、日間計画をしているが、年間、月間計画は、マイツールでしている。マイツールのスケジュール管理の1ページ目の上半分が、今年の目標のマンダラが出てくるようになっており、毎日、この画面を見て、年間目標を意識して、忘れないようにしている。

Img_0598_2

下半分は、「日課」と「週課」を書いている。朝5時起床が基本である。会長になったとはいえ、6時半には出社している。本社は、水曜日と日曜日が休みであるが、私は、基本的には、365日出社と決めている。大体寝るのは、22時で、7時間睡眠である。

朝6時半から午後6時半まで、12時間を一応仕事時間としていて、「時間戦略」としては、12時間×350日=年間4320時間を目標にしている。

週課としては、いつもはランチェスター戦略の研究が7割、ホームページ更新が1割、栄ちゃんアイスが1割、他が1割であるが、4月は、ホームページ更新を重点においているので、こちらが、3割と増えている。まだまだやることが沢山あるので、日々充実して生活をしている。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月9日)

「三つのつつしみ」

そもそも人間のしまりという問題は結局、女と金と酒の三つをみたら大体の見当がつくといってよいでしょう。

どんなにすぐれた才能を持っていても、この三つに対してだらしのない人間は、たのむにたらぬといってよいでしょう。

この三つのものが、人間を確立せしめる土台を形成する三角形の三つの頂点をなしているといってもよいからです。

2008年4月 7日 (月)

月曜日はパスタデー

Img_0624Img_0626毎週月曜日は、カナダカンでのパスタデー。今日は、(A)の「穴子と高菜の和風ソース」を食べた。盛りつけもとてもきれいで、見ただけで美味しそうに感じる。穴子と高菜が和風ソースに良く合っており、とても美味しかった。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月8日)

「身心相即」

「つねに腰骨を立てる」ということは、坐禅においても、いちばん大事な事柄として、古来から重んじられてきました。それはわれわれ人間というものは、躰をシャンと立てていますと、心も自然としっかりしてくるからです。

しかしこのことは不思議なようでけっして不思議ではないのです。それというもの、われわれ人間の心と躰とは、つねに一つになって離れないのが本来の相で、このことを昔から「身心相即の理」と呼んでいます。

2008年4月 6日 (日)

中村雅雄さんを囲む会

Img_0567Img_061510日間の玄米ダイエットが終了して、今日の、「リバウンドデー」は、お掃除仲間の中村雅雄さんと、「食べ、飲み、語る」会を、中田さんに設定してもらった。昼食は、中村さんの行きたい店ということで、一軒目は、長束の激辛冷麺の「新華園」に行った。(写真左) 量が多くて中村さんは残すのではないかと思ったけど、ペロリとたいらげた。かなり、お腹一杯だったが、もう一軒、中村さんが、是非、行きたい店・お好み焼きの「おくだ」に行った。この店は、掃除に学ぶ会が終わった後に、道具の片づけが終わって、みんなでお好み焼きを食べながら「反省会?」をした店である。この店は、「安くて美味しい」のでみんなで良く行っていた。さすがにお腹が一杯なので、3人で2枚を分け合って食べた。

Img_0616Img_0618食べ終わって、花見ということで、黄金山へあがった。中腹くらいが満開で、頂上付近はまだ、七分咲きくらいだった。渋滞で、頂上の駐車場にとどりつくまで時間がかかったが、途中の桜を見ながら、楽しい時間を過ごした。頂上では、イスに座って、ソフトクリームを食べながら、ゆっくりとした時間を過ごした。夕方の、交流会までには時間があったので、わが家で、テレビを見ながら時間潰しをした。

Img_0621夜は、お掃除仲間で、中村さんを囲んで「交流会」を「あさ菜ゆう菜」で開いた。日曜日は、定休日だが、誠さんにお願いをして開けてもらい、腕によりをかけて美味しい料理を提供していただいた。忙しい中、多くの人が参加してくれて、中村さんとの久しぶりの再会を喜んでいた。昔話や掃除に学ぶ会のことや色んな話で盛り上がった。みんな中村さんの一日も早い回復を望んでいるものばかりである。中村さんには迷惑だろうが今後も定期的に、このような会を開きたいと思っている。

Img_0623みんなと別れて、らっきょさんと、リバウンドデーの仕上げに、龍の家族で、「黒ごま坦坦麺」を食べた。

今日一日、食べて、飲んで、騒いでとても楽しかった。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月7日)

「信受の態度」

人の話を聞くときは、後ろのほうで聞くと、どうしても批評的になりやすいものです。これに反して、一番前の席で聞くのは、信受の態度です。そこで諸君らも、講演などを聞かれる際には、なるべく前の席で聞かれるのがよいでしょう。

そこで言うのですが、人間は批評的態度にとどまっている間は、とかく傍観的な態度にとどまって、真に自己に吸収して、自らを太らすという態度にはなりにくいものです。

2008年4月 5日 (土)

玄米ダイエット10日終了!!

Img_0614苦しかった10日間の玄米ダイエットが終了終了した。体重は、5.5キロ減った。体調もすこぶる快調である。明日の日曜日は、リバウンドデーということで、昼食は、新華園の「激辛冷麺」で夕食はみんで集まって、「あさ菜ゆう菜」で交流会をする。今日は、最終日の夕食は、10日ぶりに、肉とビールを飲んだ。久しぶりなので、缶ビール1本だけで、顔が赤くなった。体調がいいので、今後も、玄米・菜食を続けていくつもりである。週に1回くらい「邪食日」を、設けて、好きなものを食べる予定である。

------------------------------------------------------------

<10日間玄米ダイエット10日目(4月5日)>
(10日で5キロ減目標)(97キロ目標)

朝食・・リンゴ・人参ジュース、青汁・コーヒー、
昼食・・玄米・漬け物・梅干し・お茶
夕食・・うどん。豚肉のステーキ、缶ビー1本ル、泡盛水割り1杯
晩酌・・無し
万歩計 17456歩  スクワッット20×20回
体重増減 ▲5.5キロ(96.5キロ)(目標達成)

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月6日)

「紙屑拾い」

わたくしが、神戸大学教育学部に職を報じて、第一にしたことは何かといえば、それは廊下その他の紙屑拾いでした。まずこれから手を着けなければと思い、赴任の翌日から拾い始めました。

わたくしの拾うのは、教室への往復の他に、便所と図書館と食堂という四ヶ所への往復ぐらいでした。わずか週に二日しか拾わないにもかかわず、九月末頃には、八割くらいはなくなったので、さすがのわたくしも驚きました。

2008年4月 4日 (金)

鞄の中身(6)

Img_0591鞄の中身の最終回は、「携帯ハガキ道セット」である。これは、常にではないが、出張などの時に携帯する「ハガキ道セット」である。複写ハガキの控えや、住所印を押した官製はがき、切手、カーボン紙、筆ペンなどを、黄色い箱に入れて持ち歩き、旅先では、絵はがきなどを書いたりしている。

------------------------------------------------------------

<10日間玄米ダイエット9日目(4月4日)>
(10日で5キロ減目標)(97キロ目標)

朝食・・リンゴ・人参ジュース、青汁・コーヒー、
昼食・・玄米・漬け物・梅干し・お茶・・伊予柑1個
夕食・・玄米・漬け物・梅干し・お茶
晩酌・・無し
万歩計 12290歩  スクワッット20×20回
体重増減 ▲5.0キロ(97。0キロ)(目標達成)

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月5日)

「家庭教育の極意」

その極意というのは、何かと申しますと、それは、たった一つ「朝のあいさつを親のほうから先にする」ということです。

これを百日前後も続ければ、どんな子でも、親の三割五分引きくらいの声で必ず「おはよう」というようになる。しかも一家の最高責任者たるご主人が先に立ってなさったら、どんな不幸を持ったご家庭でも、家庭の底に必ずや一つ光が射しだしことでしょう。

2008年4月 3日 (木)

鞄の中身(5)

Img_0588Img_0585左の写真は、NHKの中国語講座の本と、ICレコーダー付きラジオ、カシオの中国語EX-word。ラジオ講座は、今は、午前と午後の2回聞いている。右の写真は、今、読みかけの本で、たいてい2冊くらい文庫本を鞄に入れて持ち歩いている。

------------------------------------------------------------

<10日間玄米ダイエット8日目(4月3日)>
(10日で5キロ減目標)(97キロ目標)

朝食・・リンゴ・人参ジュース、青汁・コーヒー、
昼食・・玄米・漬け物・梅干し・お茶
夕食・・玄米・漬け物・梅干し・お茶
晩酌・・無し
万歩計 12290歩  スクワッット20×0=0回
体重増減 ▲5.0キロ(97.0キロ)(目標まで達成!!)

体調はとても良いのだが、空腹感が絶頂期で、立ちくらみなどする。
時には、体がだるくて仕方ないことがある。糖分不足なので、今日は
あめ玉を3個くらい食べた。

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(3月4日)

「只管(しかん)挨拶」

私が現在いささか努力している事柄はたった一つ----それは隣近所の人々に対して極力あいさつするということでありまして、これは最近意外なほどに浸透してまいりまして、こちらで知らない人からもあいさつされるようになりました。

そのかみ道元禅師が「只管打坐」と申されましたが、私の場合は、「只管挨拶」でありまして、「あいさつ一本槍」というわけであります。

2008年4月 2日 (水)

墓参り

Img_0605玄米ダイエット中でも話題があったので、今日は「鞄の中身」はお休み。柳井方面に行く仕事のついでに、家族と一緒に、ちょっと足を伸ばして、女房の故郷大島に墓参りに行った。急に、行ったので昼寝をしていた祖母はビックリしていた。高齢の祖母一人で生活をしているが元気なので、安心した。祖母も、「初ひ孫」を見て、とても嬉しそうだった。大島への里帰りは、お盆の時、年に一回くらいしか無かったが、さぞかし、孫たちに会えるのが嬉しかったのだろうと思う。いつも別れ際には、祖父母は、涙を流していたのを今でも思い出す。祖母には元気で長生きをして欲しいと願いつつ大島を後にした。

------------------------------------------------------------

■体重変わらず

 昼食は、柳井市のうどんやさんで食べたので、玄米を食べられなかった。

<10日間玄米ダイエット7日目(4月2日)>
(10日で5キロ減目標)(97キロ目標)

朝食・・リンゴ・人参ジュース、青汁・コーヒー、
昼食・・うどん(外食)
夕食・・玄米・漬け物・梅干し・お茶
晩酌・・無し
万歩計 12290歩  スクワッット20×0=0回
体重増減 ▲4.5キロ(97.5.0キロ)(目標まであと0.5キロ)

●森信三・魂の言葉(4月3日)

「立腰道」

「立腰道」とは、要するに朝起きてから、夜寝るまで、いつも腰骨を立てて曲げない---ということです。これは、立体的な人間になるための「極秘伝」であるばかりか、健康法という面から考えても、根本的一義です。

なお毎朝目が覚めたら、すぐさま静かに床上に坐して、吐く息をできるだけ長くしながら、10回呼吸をする(「十息呼吸法」と呼ぶ)。こうして朝のスタートから丹田の全充実を心がけている次第です。

2008年4月 1日 (火)

鞄の中身(4)・名刺入れ

Img_0589鞄の中身、4回目は名刺入れである。いつも4種類の名刺が入っていて、左上が、掃除に学ぶ会の名刺で、肩書きが、「快調」になっている。その下が、仕事用?の名刺で、会長になってからは、「肩書き無し」のシンプルなものになっている。右上が、プライベート名刺で、裏側は、マンダラで趣味や読書など、自己紹介をしている。右下が、「美人専用名刺」で、若くて美人の女性に渡している。裏側は、三択形式の質問になっており、自動的に私と「ツーショット」写真を取らなければいけないような答えになっている。

------------------------------------------------------------

<10日間玄米ダイエット6日目(1日)>
(10日で5キロ減目標)(97キロ目標)

朝食・・リンゴ・人参ジュース、青汁・コーヒー、
昼食・・スパゲティ・ポテトサラダ・コーヒー
夕食・・玄米・漬け物・梅干し・お茶
晩酌・・無し
万歩計 19998歩  スクワッット20×1=20回
体重増減 ▲4.5キロ(97.5.0キロ)(目標まであと0.5キロ)

------------------------------------------------------------

●森信三・魂の言葉(4月2日)

「若者よ乗り物の中では起とう」

年末のわたくしの主催の「腰骨を立てる教育」が、同志の山本紹之介、岸本辰雄の両氏により、さらに展開せられて「若者よ、乗り物の中では起とう!!」という呼びかけを見るに至ったことは、まことに慶びにたえません。

そのうえ熊本の田辺聖惠氏によって、さらに一段と飛躍的に、この運動の宣伝ビラの「頒布活動」の大願を発起せられたのですから、まったく辱けない極みです。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31