« 「城山だより」より | トップページ | 今日も汁なし担担麺 »

2008年9月22日 (月)

壮眞と嶺登

Photo嶺登くんが生後一ヶ月になり、ずいぶん大きくなってきている。嶺登くんが生まれて、壮眞くんにも変化が現れてきている。嶺登が、泣くと私か女房が抱いていると、壮眞くんが、じいちゃん、ばあちゃんを取られた気になるのか、自分も抱いて欲しいとばかりに、足にむしゃぶりついてくる。いじけさせてはいけないと思い、つい壮眞くんも抱いてあやしているが、これが重い!!嶺登くんと見ていると、1年経つと、壮眞くんくらいに大きくなるという実感が沸いてくる。(写真は、壮眞くん)

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(9月23日)

「養父母のこと」

わたくしは両親の不縁のため、数え3歳のとき、森家へ養子にもらわれることになりました。森家は文字通りの水呑み百姓であって、自作農ではありませんでした。しかし養父母ともに、人間として実にまともな律儀な人であって、その後自分が歳をとるとともに、辱けにかぎりに思うのです。それゆえ『全集』の巻首にとくに養父母の写真を掲げ、せめてもの謝意と詫びとに替えたいと考えたのです。

« 「城山だより」より | トップページ | 今日も汁なし担担麺 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/42564094

この記事へのトラックバック一覧です: 壮眞と嶺登:

« 「城山だより」より | トップページ | 今日も汁なし担担麺 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31