« 花粉症 | トップページ | 宇土真理子さんを囲む会 »

2009年3月 7日 (土)

一万トンバース

Img_2392女房の友人から、宇品の一万トンバースに、豪華客船が来てると教えられたので、壮眞が喜ぶと思って連れて行った。壮眞に見せたけど、全く反応が無く、そばで、バスケットボールで遊んでいたアベック?に混ざって遊んでもらっていた。(写真は、裕子さん、優子、壮眞、女房)

----------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月8日)

「宋不旱の歌碑」

数機なる歌人宋不旱の歌碑が、彼の郷国たる熊本の水前寺公園の一隅に建てられています。

郷里になほ身を寄する家ありて
 春辺を居ればうぐひすの鳴く

この歌は、彼が生活のどん底に陥り、ついに一家離散の運命を避けられず、妻子と別れ、乳飲み子を懐にして、郷里なる肥後の来民(地名)の親族の許に身を寄せた際の作と言われています。深い哀愁をたたえつつ、何と清々しいことでしょう。

« 花粉症 | トップページ | 宇土真理子さんを囲む会 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/44277403

この記事へのトラックバック一覧です: 一万トンバース:

« 花粉症 | トップページ | 宇土真理子さんを囲む会 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31