« ピザ釜 | トップページ | ネギラーメン »

2009年9月30日 (水)

久々壮眞登場

Img_3339相変わらず、壮眞は面白い。実家に来ると、毎回同じことを繰り返す。最初に、アイスキャンデーを食べるのだが、これは必ず、「ばあちゃん、い~い」と、聞いてからばあちゃんが、「いいよ」と言ってから食べる。横にごろっとテレビを見ている私に、「じいちゃん、じいちゃん、プー、プー」と、言って指を口のところに持っていって、シャボン玉をしようという。長い時は、30分くらいやっていることもある。次に車に乗って(写真)、おかあさんと一緒のCDの音楽に合わせて、写真のように、目を白黒させて踊り続ける。これが面白くて私はずっと笑っている。これに飽きると、庭に水をやるホースを持って、あちこち散水して、いつも私は水をかけられている。それが終わって、また私がゴロッとテレビを見ていると、壮眞が、ボールを持ってきて「じいちゃん、じいちゃん」というので、私がしらん顔をしていると、「じいちゃん、じいちゃん、じーーーいーーーちゃ~~~ん」と、泣きそうな声を出す。私が、「じいちゃんじいちゃん、いうな!」というと、輪を掛けたように、「じいちゃん、じいちゃん、じいちゃん」を連発をして、根負けをして、ボールを持って、壮眞が二階に言って、階段の上と下で投げっこをする。その間に、海苔を食べたり、ピーナッツを食べたり、毎回、同じことを繰り返す。どのそぶりもひょうきんで面白いので、「壮眞は、吉本行きじゃねえ」と、いつも言っている。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(10月1日)

「大自然」

人類はいまやこの「大自然」という言葉の復活再生から改めて再出発しなければなるまいと思います。自然界を大自然として首を垂れるところまでの徹底的は謙虚さに立ち返る他ないと思うのです。

われわれ人間はもとより、地上一切の動植物のいのちの根元的母体として、今後できるだけ「大自然」という言葉を使用することを勤め、時として大宇宙もしくは神として同義語として使用せられねばならぬでしょう。

« ピザ釜 | トップページ | ネギラーメン »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/46360062

この記事へのトラックバック一覧です: 久々壮眞登場:

« ピザ釜 | トップページ | ネギラーメン »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31