« IL Pastaioで昼食 | トップページ | ちょっとだけよーーん(*^_^*) »

2009年9月23日 (水)

痛々しい嶺登

Img_3351嶺登の顔の鼻の横にひっかき傷がある。壮眞がひっかいたもので、痛々しい。二人は仲は良いのだが、つい壮眞が、ひっかいたり、髪をひっぱったりする。それにしても、嶺登は、ヨダレが沢山でる。

----------------------------------------------------

森信三・魂の言葉(9月24日)

「養父の辛苦」

毎年秋の暮れごろになると、仕上がった米を俵に詰めて荷車に積み、地主のところへ納めにいった後ろ姿が、60余年の今日でも、いまなおわたくしの眼底に焼きついて消えません。

現在わたくしに対して、もし「このよにおける最後の願いとして、一つだけ叶えてやる」と言われたとしたら、養父母の霊を蘇らせて、この戦後の農地解放の様子を知らせてやれたら-----という一事です。

« IL Pastaioで昼食 | トップページ | ちょっとだけよーーん(*^_^*) »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/46297462

この記事へのトラックバック一覧です: 痛々しい嶺登:

« IL Pastaioで昼食 | トップページ | ちょっとだけよーーん(*^_^*) »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30