« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

久しぶりに、あさ菜ゆう菜に

送信者 Recently Updated
優子と壮眞と3人で行ったのだが、壮眞がはしゃいでしまって、「お父さん、頑張って」とか言って少しもじっとしていない。子供にお父さんが、働いている姿を見せるのも大事だと思って連れていったが、落ち着いて食事できないので、急いで食べて帰った。
送信者 Recently Updated
今日も色んな、手作り料理を食べたが、ここの一番の「売り」は、毎日仕入れに行って、新鮮な素材の「天然刺身の盛り合わせ」だ。今日は、石カレイ、沖アジ、さば。甲イカ、夜泣き貝で、どれも美味しかった。

----------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月31日)

『組織』

組織は、必ずしも、同質でなければならないということは
ありません。むしろ、異質な集団でよいと思います。
同質の人ばかりだと、かえって組織は悪くなるものです。
危険なことでもあります。意外と異質の集団のほうが壊れにくい
ものです。
会社の中で思うようにならない社員がいて成り立っているから
こそ、組織は強くなります。

2010年3月30日 (火)

カナダカン祇園店で昼食

送信者 2010/03/29_2
今日の昼食はカナダカンで。週替わりのオススメパスタランチの(A)を食べた。あまり、クリーム系は食べたことはなかったが、久しぶりに食べてみると美味しかった。
送信者 2010/03/29_2
壮眞も一緒に行った。祇園店には、キッズっコーナーがあるので、小さい子が遊べるのでとても喜んでいる。最近は、写真を撮るときはいつもこんなおどけた顔をする。もう少しで、妻の四十九日になるが、孫のお陰で、悲しさ、寂しさを癒されている。

------------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(3月30日)

『力を出しきる』

資格や能力だけに安住し、力を出し惜しみしている人は、
いい人生を送っていません。
たぶん達成感がなく、自分の人生に満足感が得られないから
だと思います。
一方、資格や能力がなくても、自分の力を出しきっている
人は、日々、満足感を味わいイキイキしています。
いい人生を送るコツは、持てる自分の力を出し惜しみ
しないことです。

2010年3月29日 (月)

アイホン充電器

送信者 2010/03/29
アイホンの電池が夕方には無くなってしまう。コンピュータリブの中島さんが、写真のような充電器付きー保護カバーを使っていて、便利そうなので私も買った。少し重くなるけど、落としても保護できるし、電池も長持ちするので便利。特に来週から、中国旅行をするので、移動中などに、ゆっくりビデオでもみようと思っている。

----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(3月29日)

『会社経営の意味』

世間に迷惑をかけなければ成り立っていかないような会社で
あれば、その会社は存在すべきではありません。
また、世間から顰蹙を買うような会社だとするならば、
会社経営をしている意味がありません。
できれば、世間から喜ばれ、社員が誇りを持てるような会社
にしたい。
会社経営に対する私の一貫した姿勢です。

あほン

2010年3月28日 (日)

おしっこちびるくらいに感動!!

送信者 2010/03/27
「いた和り家」で、大いに盛り上がって、久しぶりに、酩酊して、いい気分で、玄関に出たときに、店長と、copodolさんが出て来られて、私に、「サンダーソニア」の花束をくれた。「えっ!!何で、妻が好きだった花を知ってるの??」と、一瞬思ったけども、すぐに、私がtwitterで、つぶやいていたのを見てくれて、覚えていてくれたんだと分かり、本当に、本当に、おしっこをちびるくらい感動した。twitterって。いいなあ

広島MG道場&交流会

送信者 2010/03/27
今月は人数は少なかったが、なんとギャル率60%と、華やかなMGとなった。やはり、MGは女性が多いと楽しいし、盛り上がる。
送信者 2010/03/27_2

交流会は、twitter仲間のcapodolさんが勤める店「いた和り家」で行った。交流会には、森本さんご夫妻?、宇津木さん、井上さんが集まってくれてとても賑やかだった。やはり、MGの後の交流会は楽しい。

---------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月28日)

『会社経営の意味』

世間に迷惑をかけなければ成り立っていかないような会社で
あれば、その会社は存在すべきではありません。
また、世間から顰蹙を買うような会社だとするならば、
会社経営をしている意味がありません。
できれば、世間から喜ばれ、社員が誇りを持てるような会社
にしたい。
会社経営に対する私の一貫した姿勢です。

2010年3月27日 (土)

優子のmixiより

Dsc00904

優子のmixi日記より(写真は、ティアでの愛子と妻)
-------------------------------------------------

かなーり久しぶりに日記を書きます。

母が亡くなって一ヶ月と少し経ちました。
母の死を受け入れていないわけではないのですが、正直実感がありません。
笑顔で掃除をしている母がすぐそこにいそうな感じです。

自分は今、必死に母の死を受け入れようともがいているのかもしれません。

そんなときあるテレビ番組で納得させられたことがありました。それを紹介したいと思います。その番組はある訪問看護士の特集だったですが、一人の訪問看護士が「残される家族や友人に自分の死を受け入れてもらう時間を与えられること、その時間を共に過ごせること、自分の生き様を見せれることは死ぬ者から残されるものへのファイナルプレゼントだと・・・。」

実際母もそうだったんです。残される私たちに死を受け入れる時間をすごくたくさんくれました。医者からも母のがんばりは驚異的だといわれていました。
きっと母から精一杯のファイナルプレゼントだったんだと改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

まだまだ母といろんなところに行きたかったとか、話したかったと思います。後悔は全くないといったらうそになります。

私にとっては世界一素敵な女性で、自慢の母でした。母にとっては自分はどうだったのか・・・?

今は、きっと私のすぐそばでいつも見守ってくれていると思うので、母が恥ずかしくないような女性、母親になりたいと思います。

しっかり前を向いてあるいていきますよ!!

今回は、たくさんの温かいお言葉や、励ましのメールをみなさんからいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
-------------------------------------------------------
妻が入院をしてからは、先生からは、心の準備をしておくようにといわれて、いつ息を引きとってもよいくらいの症状だった。それを86日間も頑張ってくれたのは、残る者への「ファイナルプレゼント」と知り、また女房の偉大さを再認識した次第である。
------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(3月27日)

『本物人間』

 その人が「本物人間」であるかどうかを見分ける判断基準と
 して、二つあると私は思います。
 一つは、その人の言っていることとやっていることがどれ
 だけ一致しているかです。あと一つは、自分自身の利益に
 直接結びつかないことに対して、どれだけ無心に打ち込んで
 いるかどうかです。
 いずれも重要な判断基準だと思います。

2010年3月26日 (金)

おもろい壮眞

送信者 2010/03/25_2
今日も、壮眞が実家に来てくれた。私が一人で夕食を食べるのが寂しいだろうかと優子が気を使って実家に来てくれる。つい亡き妻のことを思っては、悲しくなるが、壮眞の顔を見るととそれが吹き飛んでしまう。壮眞は、私を喜ばせようとして、わざとひょうきんにしているのではないかと思えるほど、いろいろ私を笑わせてくれる。本当にうちの孫だけが一番可愛い。

------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(3月26日)


『微差僅差の追求』

絶対差を追求するためには、何よりも過程を大事にする
ことです。
過程の中でも、微差僅差の追求がもっとも重要なことです。
いままでは大きいこと、多いこと、特別なことが注目を
浴びてきました。
これからの時代はそういうわけにはいきません。わずかな
差や小さなことの中に含まれている価値が、評価される
時代です。

2010年3月25日 (木)

今週は栄ちゃんアイスデー

送信者 2010/03/24
春休みに入ったせいか、店舗で、アイスクリームが良く売れていて、栄ちゃんアイスの在庫が殆ど無くなってしまい、連日、作っているがなかなか追いつかない。明日も終日、アイス作りをする。何かと雑用も多いのだが、まずは、アイス作りが最優先である。

-------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月25日)


『掃除で残業なし』

掃除をするようになって、定時退社できるようになったという
会社があります。岐阜県にある中山理研という会社です。
掃除をする前までは、毎晩十時十一時まで残業せざるを得ない
状況でした。
ところが、掃除をするようになってから、仕事の能率が上がり、
定時に退社できるようになりました。不良率も激減しました。

2010年3月24日 (水)

きれいな素肌

送信者 Desktop

今週の私のニュースは、やはりこのT'sのコンサートウクレレを買ったことだ。制作者からの「柔らかい音色でしたら、古いマホガニーが良いかもしれません。僕が「ビンテージマホガニー」と呼んでいるもので、40年以上寝かされていた木材です。深みと余韻のある音色です。」のメールでこれに決めた。まったく着色をされていなくて、自然の色とのことで、ますます気にいった。そのきれいな素肌は見れば見るほど好きになってくる。

------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月24日)

『心のムダ遣い』

生きていくうえで、さまざまなムダ遣いがたくさん
あります。
時間、お金、物のムダ遣い。
それより、もっと大きなムダ遣いが心のムダ遣いです。
たとえば、よからぬことばかりを考えたり、安易なこと
ばかりを考える。
心のムダ遣いの最たるものです。
心のムダ遣いが人間の品性を落とし、人相を悪くします。

2010年3月23日 (火)

中村家が我が家に!

送信者 2010/03/23
久しぶりに、まことちゃんたちが、我が家に遊びに来た。壮眞とも久しぶりに会うので、とてもうれしかった。それにしても、親子って、似るもんですね。

---------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(3月23日)


『弱者や高齢者に優しく』

弱者や高齢者を排除すれば、日本はよくなるか。けっしてよくは
なりません。
同様に、三人いる子供のうち一人、重度身障者が生まれた。その
子供が早く死んでしまえば家族が幸せになれるか。けっして
幸せにはなれません。
ほんとうの幸せは、弱者や高齢者を受け入れて、励まし、助け合い、
守り抜いていったとき、初めて実感できるものです。

2010年3月22日 (月)

T'sのウクレレ

送信者 Recently Updated
あこがれのウクレレを購入した、柔らかい優しい音色を希望したら、「ご連絡ありがとうございます。40年以上寝かされた非常に良いホンジュラスマホガニーですので、深みのある音色をお楽しみいただけると思います。今後ともよろしくお願いします。」という返事が帰ってきた。40年以上も寝かされた木を使っているとのことでとても感動している。色もきれいで、一目惚れをした。

--------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月22日)

『世の中を変えるには』

この日本をよくするのは、財務大臣でもなければ、総理大臣
でもありません。国民一人ひとりの、ほんのちょっとした
生き方にかかっています。
不景気も、外国から一方的に持ち込まれたわけではありません。
みんな、私たちの毎日の行動が、こういう世の中を作りだした
のです。世の中を変えるためには、一人ひとりの行動を変える
以外に方法がありません。

2010年3月21日 (日)

東京グルメ

送信者 Recently Updated
コンピュタリブでの勉強のあとに、八重洲口の四川料理店「吉華」に行った。もっちゃんも来てくれて、中島社長と3人で、辛い四川料理を色々と食べた。

----------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月21日)


『掃除を始める極意』

掃除を始めるコツは、まず道具をきちんと揃えることです。
道具にはキチンとした吊りひもをつけます。次に、道具の
置き場所を決定することが大切になります。普通、掃除道具は 
目に入らないところに隠してある会社が多いのですが、当社は、
誰からも見える場所に置いてあります。
そうすると、掃除をする社風が定着しやすくなります。

2010年3月20日 (土)

トマト麺

送信者 2010/03/19
昼食は、水道橋にある「太陽のラーメン」に行った。トマト麺は勿論美味しかったけど、左に少し見えている「ねぎ飯」が感動的に美味しかった。 ---------------------------------------------------- 鍵山秀三郎一日一語(3月20日)


『売上減をバネに』

景気が悪く、売上が三割減ったという理由で、倒産した会社
があります。
一方では、売上が四割減ったために会社の結束力が高まり、
社内の雰囲気がよくなった、という会社もあります。
この差は、売上が減ったことを「大変だ」と捉えてパニックに
なるか、「これを機会に会社の体質そのものをよくしていこう」 
と捉えるかの違いではないかと思います。

2010年3月19日 (金)

KIKトリオ

送信者 2010/03/18_2

私が東京に来たので、こちらにいる黒田さんと、梶原さんが集まってくれて、神田司町の「あい川」という店で久しぶりに3人が集まった。20年前は、広島で、「KIKトリオ」と名付けて、黒田=脳力開発、井辻=MG+マイツール・西式企業革命、梶原=KJ 法で、良くセミナーをやっていた。これからは、1年に1回は、集まろうということで、来年は、梶原さんが帰省する鹿児島、再来年が広島ということを決めた。

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(3月19日)


『掃除を始める極意』

掃除を始めるコツは、まず道具をきちんと揃えることです。
道具にはキチンとした吊りひもをつけます。次に、道具の
置き場所を決定することが大切になります。普通、掃除道具は 
目に入らないところに隠してある会社が多いのですが、当社は、
誰からも見える場所に置いてあります。
そうすると、掃除をする社風が定着しやすくなります。

2010年3月18日 (木)

父の十七回忌・妻の4七日の法要

送信者 2010/03/17_3

2つの法要をまとめて、行った。早いもので父が亡くなって16年、妻が亡くなって、28日が経った。父の思い出話、母の思い出話で花が咲いた。

-----------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月18日)

『成果を挙げるためには』

世の中には、何をやっても成果を挙げる人とそうでない
人がいるものです。
はっきりしていることは、成果を挙げる人にはムダがなく、
そうでない人にはムダが多いことです。
ムダをなくすためには、気づく人になることです。できる 
だけ少し前に知ることによって、やること為すことムダが
なくなります。ムダがなくなると、自然に成果が挙がるよう
になります。

2010年3月17日 (水)

にぎやかになった。

送信者 2010/03/16
父の17回忌、女房の4.七日の法要のために、愛子、優子が帰ってきて、壮眞、嶺登も来て我が家がとても賑やかになっている。最近聞いた話だが、JAとトラックが近所に来て、数人が集まって買い物をするのだが、その時に必ず女房の話が出ては、未だに、多くの人が泣いてくれているとのことである。ありがたいと同時に多くの人に愛されていたことに感謝している今日このごろである。

-----------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月17日)

『状況に合わせた掃除』

その日の状況に合わせた掃除ができるようになったとき、
初めて進歩したことになります。
たとえば、風のない日は、ちり取りは、四人に一つが理想です。
反対に、風の強い日はちり取りを使う回数も多くなりますので、
一人に一つが基本です。
風のある日も風のない日も、同じ数のちり取りを使い、同じ
方法で掃除をしているようでは工夫が足りません。

2010年3月16日 (火)

どすこい、どすこい。

送信者 2010/03/15

ひろしまランメンっで、ボリュームたっぷりの「どすこいセット」を注文した。さすがの私もお腹一杯になってしまった。ダイエットは、明日からまた頑張ろう!

-------------------------------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月16日)

『60%の可能性があれば』

ある仕事をある人にしてもらう場合、その人が適任かどうかということが
きわめて重要ですが、実際には、それはなかなかわかりません。

それではどうするかということですが、この人だったらまあ60%ぐらいは
いけそうだなと思ったら、もう適任者として決めてしまうのです。

80点までの人を求めるということも不可能ではないでしょうが、しかし
それには非常に時間と手数がかかります。

だから、これならまあ60点ぐらいはあるなと思ったらもう、「君大いにそれを
やってくれ」というようにするわけです。するとたいていうまくいくのです。

全部が全部ではありませんが、中には100点満点ということもあります。

2010年3月15日 (月)

井辻先生を、禿げ増す会

送信者 2010/03/14_2

曽さんの呼びかけで、私に元気になってもらおうということで、みんなが集まってくれた。曽さんの家に、総勢18名も参加してくれた。良く食べ、良く飲んで、とてもいい気持ちになった。大家非常感謝!!

--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(3月15日)

『益はなくとも・・・』

ほとんどの人の価値基準が、得をするか、儲けるか、つまり
「益がなければ意味がない」という考え方です。
はっきり言うと、この考え方こそが、いまの日本を駄目にして
きたもっとも大きな要因だと思います。
いまこそ、『晏子』の至言、「益はなくとも、意味はある」
という言葉に耳を傾けるときではないでしょうか。

2010年3月14日 (日)

かわいい!

送信者 2010/03/12

カナダかン祇園店でデザート付きの昼食をした。写真のような、くまさんの絵が書かれていて、「可愛い」と、素直に感じた。このような、さりげないサービスがなかなか良いと思った。

---------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月14日)

『本当の大人』

「わがまま」の中には、許せる「わがまま」と許せない
「わがまま」があります。許せる「わがまま」は「自分
のわがまま」、許せない「わがまま」は「人のわがまま」
です。
「自分のわがまま」が自分で許せなくなったら、本当の
大人です。
「自分のわがまま」は平気で許せるけれども「人のわが
まま」は許せない、としたらまだ子供です。

2010年3月13日 (土)

ウクレレ交流サロン

送信者 2010/03/12_2

久しぶりの「ウクレレ交流サロン」だった。妻の入院中の3ヶ月間はまったくウクレレを弾く余裕がなかった。久しぶりだったので、とても楽しく、ウクレレを弾くことが出来た

『「清潔」について』

「清潔」というのは、「整理」「整頓」「清掃」がきちんとできた
状態を維持していくことです。
もともと、清掃は、きれいなところをきれいにすることです。
今日掃除をしたから、次は汚れてから清掃しようという考えでは
なく、毎日清掃する。
そのうえで、乱雑にならず、

汚れないような仕組みを作ることです。
さらに、後始末をきちんとすることです。

2010年3月12日 (金)

可愛い壮眞くん

送信者 2010/03/08

壮眞が良く、「じいちゃん、公園に行こう」と言ってくれる。ホイホイ、喜んで行っている。交通公園のこのゴーカートも大好きみたいだ。 --------------------------------------------------------------

鍵山日秀三郎一日一話(3月12日)

『目的と姿勢の一致』

国政の場で、問題が解決されず先送りされる原因の一つは、
議論の目的と議論をする人の姿勢が一致していないからだと
思います。
たとえば、発展途上国の貧困や環境問題を討議するのに、
きらびやかで立派な会議室を使用する。高級な衣類や装身具を
身につけて出席する。尊大な態度でふんぞり返っている。居眠り
をする。いずれも論外です

2010年3月11日 (木)

神保町.ラーメン

送信者 2010/03/10
神保町に新しくできた「可以」というラーメン屋さんに行った。つけ麺を頼んでみた。かなりのボリュームでお腹が一杯になってしまい、夕方までお腹がすかなかった。 ---------------------------------------------------------------- 鍵山秀三郎一日一話(3月11日) 『一泊五日の出張』 高速道路もない時代、鹿児島から青森まで仕事で駆け回って おりました。 五日間の出張で、宿に一泊もしないときがよくありました。 そんなとき、車で仮眠するか野宿しながらの営業でした。  一年に約八万キロメートル、地球を二周するくらいの距離を 車で飛び回っておりました。身体が人並み外れて丈夫だから こそできたことです。 とにかくよく働きました。

2010年3月10日 (水)

1キロのステーキの塊

送信者 2010/03/09

CPLのスタッフと念願だった千駄ヶ谷のステーキハウス「チャコ」に行った。1キロの塊のサーロインステーキを見るのは初めてで、それを4人で食べた。次に500グラムのリブステーキも食べてさすがの私も腹12分になった。

送信者 2010/03/09

これが、1キロだあ。
--------------------------------------------------------
鍵山日で三郎一日一話(3月10日)

『自分の道を歩く』

たとえ、どんなに狭く細い道であっても、自分自身の努力と
工夫で切り開いていく生き方が大切です。
切り開いていくのは、大きな忍耐とエネルギーを要すること
ですが、くれぐれも、へこたれず諦めないことです。
自分の信じる道を歩き続けていますと、共感し集まってくる
人が必ず出てくるようになります。共感者が表れると自信が
湧いてきます。

2010年3月 9日 (火)

広島禿げ増しトリオ

送信者 2010/03/08
三人ともお互いに、毛無しあいは、やめて禿げ増しあって生きています。

広島掃除に学ぶ会

送信者 2010/03/07

第173回広島掃除に学ぶ会が、庚午小学校で行われた。多くの児童が参加してくれて楽しく掃除ができた。 -------------------------------------------------------------------------------------------------
鍵山日で三郎一日一話(3月8日)

『分福』 幸田露伴の教えに、「分福」というのがあります。 つまり、自分に与えられた福を他人にも分けてあげなさい、 独り占めにしてはいけません、という意味です。 分けるというのは、自分も欲しいものを分けるということです。 自分に必要のない余ったものを分けたのでは、福を分けた ことにはなりません。  分けるのは物に限りません。

2010年3月 6日 (土)

新しい自転車

270

久々、孫ネタです。壮眞が良く喋るようになった。今日は、「じいちゃん、じてんちゃ、買ってえ」と、言ったので、嬉しくなって、ホイホイと言ってイオンへ行って買ってあげた。とても喜んでいて、こちらまで、嬉しくなってしまう。いくら悲しくても、寂しくても、孫の顔を見たらすぐに忘れてしまう。孫の力って凄いと思う。

-------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月7日)

『幼児性』

 人間はいくつになっても、誰にでも幼児性が残っているものです。
 この幼児性は、年齢に関係ありません。
 特に、幼児性が顕著に表れるのは「甘え」です。そして、「背伸び」
 「わがまま」「うぬぼれ」等です。
 こういう幼児性は、単なる自己顕示欲の表れであって、自己中心的
 生き方にすぎません。

庄原・禿げ増す会

Img_3750

庄原三人組(スキンダさん、ナイダスさん、らっきょさん)が、私が女房が亡くなって、寂しがってるから、ギャルとグルメで、禿げ増してあげるけと庄原に招かれた。ギャルときたら目がない私だから、「わーーーい。ぜいたくいいまえん、若くて、美人で、平成生まれのギャルでええよ」と、お願いをしていた。少し遅れて、らっきょさんが、ギャル二人を連れてきた。「わーーーい!やった!」と、私は、女房のことも忘れておおはしゃぎ!!二人が自己紹介で、「平成元年生まれの21才です」と、いうので、私はますます嬉しくなって、「平成生まれと一緒に飲むのは、初めてじゃあ。嬉しい!!!やっぱ、平成生まれは、香りからして、違うね。レモンの香りがする」とか言って大いに盛り上がっていた。しかし、良く見ると、平成生まれにして、キャピキャピ感がないし、なんだか社会人としての落ち着きもあるので、ちょっとおかしいなと思い出した。それで、「あんたら、1900何年生まれ?」と、聞いたら、あわてたように、指で数えだした。それに輪をかけて、「だったら干支は、何?」と聞いたら、ますます慌てて、「子、丑、寅」と数えだしたので、やっとここで、みんなが私を喜ばせるために、「平成生まれ」を装ってたことがわかり、それから、ま、深く追求しないで、また、楽しく、飲んで語った。 おかげさまで、とても楽しい時間を過ごすことができた。庄原のみなさん、謝謝!!!

-------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月6日)

『おかげさまで』

 人間、何が辛いといって、人に無視されたり、屈辱的な目に
 遭わされるほど辛いことはありません。 
 私もずいぶん長いあいだ、辛い思いをしてまいりました。
 しかしいまとなっては、そういう辛い思いをしたからこそ
 掃除を続けることができた、と実感しております。あの辛い
 思いをするくらいなら、掃除を続けることなんか何でも
 なかったんです。

2010年3月 5日 (金)

妻が好きだった花

264_3 浄土真宗では、49日までは、毎週法要をするとのことで、今日は、2・7日の法要だった。私は女房が好きだった花は、「スノーポール」とかいう白い可憐な花だとこの35年間思っていた。しかし娘や友人がいうには、ここのオレンジ色の花「サンダーソニア」が好きだったとのこと。友人が2・七日ということで、その花を持ってきて下さった。

-------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月5日)

『「愚痴」と「未練」』

 「愚痴」と「未練」で人生をよくした人は一人もおりません。
 私もいままで、会社が危機に瀕したことや、とんでもない負債を
 負わされて、その重圧に耐えかねて生死をさまよったことが
 ありました。
 そんなとき、いつまでも「愚痴」と「未練」の世界に閉じこもら
 なかったのが、こんにち生き残ってこられた大きな理由だと思います。

   

2010年3月 3日 (水)

宮崎地鶏・まるまん

256

寂しさ紛らすには、食べて飲むしかないとまるまんに宮崎地鶏を食べに行ったが、結果として一人酒なので、ますます寂しくなってしまった。最初に、地鶏もも焼き「ばらし」と、生ビール、次に、もも焼き「骨付き」と生ビール、また、「ばらし」に、戻って、広島のキムタクでキープしてある「黒霧島」の水割りを5杯くらい飲んで、酔った、腹一杯になった。

それで、帰らないところが私のいいところで、仕上げは、はせがわのにぎラーメンのねぎの大盛りを食べて、満足して帰った。

-------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月4日)

『無関心は愛の反対』
 
 マザー・テレサは「無関心は愛の反対」と言っております。また、
 ヘレン・ケラーは「人間の病気はどんな病気でも科学の力で治す
 ことができるけれど、無関心という恐ろしい病気を治す薬はない」
 と言っております。
 無関心は鈍感ということです。鈍感な人は救いようがありません。
 感受性を豊かにし、あらゆることに関心を示していくことが、人生を
 豊かにします。

262 

2010年3月 2日 (火)

お母ちゃんの言いつけ

250

近所のお好み焼き屋で昼食を食べていたら、写真のような「お母ちゃんの言いつけ」という額が目についた。つい女房のことと、ダブって読んでしまう。このようなことが確実にできている女房だった。いろいろ女房のことを思い出すが、毎朝、私が出勤前に、玄関で、コマネズミみたいになって、私の靴を磨いていた姿は今でも、鮮明に目に焼き付いている。いつもでも、めそめそしていてはいけないので、好きなものを食べたり、孫と遊んで、元気になろうと思う。 金曜日には、庄原の友人が私のことを心配してくれて「一緒に、飲もう」と誘ってくれた。やはり、ギャルと酒に限るが・・・・・・庄原には、ギャルはいないらしい・・・・

-------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月3日)

『プラス思考』

 ないものを数えるよりも、いまあるものを一つでも多く数えることです。
 できない理由を考えるよりも、いま自分にできることを一つでも多く
 考えることです。
 換言すると「こうだったからこうなった」と考えるのではなく「こう
 だったのにこうなれた」とか「こうだったからこそこうなれた」という
 ように受け止める生き方が、プラス思考だと思います。

2010年3月 1日 (月)

つい、涙が出てくる。

Img_0324

かあさんが亡くなって10日も経つが、毎日、つい涙が出て止まらくなる。いつも笑顔だったので、笑顔のかあさんが瞼に出てくる。毎週月曜日には、スーツを取り替えてくれ、ポケットにハンカチ、チリ紙を入れてくれて、社章も付け替えてくれていた。それをこれからは自分でやらなくてはいけない。昨日、スーツを自分で出して来て、会社に行ったら、スースーして寒いと思ったら、夏用のスーツだった。父が亡くなった時も、半年くらいは、なにかつけて涙が出ていたが、今回もそうかもしれない。早く、若いギャルを探さなくては・・・

-------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(3月2日)

『丈夫な伸び方』

 鉢巻締めてこぶしを振り上げ、競争相手をなぎ倒していかなければ、
 会社は社員は伸びないか。必ずしも、そういうものではありません。
 直接、利益に結びつかなくても、人のやりたがらないことや見過ごして
 いることをおろそかにしないだけで、会社や社員はけっこう伸びるもの
 です。
 そういう伸び方こそ、丈夫な伸び方だと思います。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30