« 資源ゴミ | トップページ | 台湾掃除に学ぶ会1日目 »

2010年5月22日 (土)

墓参り

送信者 2010/05/22
墓参りは、いつもは毎月父の月命日に行っていた。父の月命日の妻の月命日が同じ日になった。これからは、息子が毎月墓参りをすると行っている。私と息子夫婦で初めて墓参りをした。墓標に父に名前の次に女房の名前が彫られていた。年の順番からいうと、母、そして私が彫られるはずが、二人飛ばして女房の名前があり、初めてこの墓標をみて、墓の草を抜きながら、止めどもなく涙が出てきた。いつも行く花屋さんで、花を買うと、「墓参りに行くん?この花を添えておいて」と、余分にひまわりの花をくれた。女房は花好きだったので、生前は良くここで花を買っていた。亡くなったあとも、何かある度に、今でも、余分に花をくれる。

-------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(5月22日)


『たった一人のために』

自分のことばかりを考えている人は、いくら見かけが立派で
あっても、中身が空っぽの場合がほとんどです。反対に、常に
相手のことを考えて行動する人は中身が充実しています。
大切なのは、外見ではなくその人の中に何が詰まっているかと
いうことです。
特に、たった一人の人のために尽くせる心を持っているかどうか。
ここが、大きなポイントです。

« 資源ゴミ | トップページ | 台湾掃除に学ぶ会1日目 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/48429599

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参り:

« 資源ゴミ | トップページ | 台湾掃除に学ぶ会1日目 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31