« DOMKE(ドンケ)のカメラバッグ | トップページ | 第4回家庭訪問 »

2010年7月23日 (金)

九賽溝の公衆トイレ

送信者 2010/04/17
4月に中国旅行に行って、「へー、なるほねえ。」と思ったことが、九賽溝の公衆トイレだ。最初、入ったときに、「なに?これ?」と思い、汚げだったので、ティッシュで、緑のところを拭いてみた。ティッシュが濡れなくて、「あれ?意外ときれい」と思い、大便をして、立って外へ出ようとしたら、ぐーーーーというような音がして、便座の周りの緑のビニールシートがスルスルと下のほうへ、引っ張られて行き、大便は下のほうに隠れていき、座った便座の部分も新しいビニールシートになっていた。なーるほどと感心した中国のトイレの話でした。

---------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一語(7月23日)

『予算で国はよくなるか』

際限のない欲望が蔓延しているいまの日本に、
どれほど国家予算を投じても、国がよくならない
ばかりか、国民の不平不満はますます膨らむばかり
だと思います。
国をよくし、国民を幸せにするのは予算の問題では
ありません。精神の問題です。国民一人ひとりの精神構造を
変えないかぎり、国民も国家自体もよくなることはありません。

« DOMKE(ドンケ)のカメラバッグ | トップページ | 第4回家庭訪問 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九賽溝の公衆トイレ:

« DOMKE(ドンケ)のカメラバッグ | トップページ | 第4回家庭訪問 »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31