« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

島田さんと会食

Dsc02095
先日の実践人冬期研修会でお会いした島田泰行さんといた和り家で会食をした。名刺の裏には「平成の松下村塾『士道塾』」、「日本再生プロジェクト『広島維新会』」と書いてあった。頂いた「親子の絆が日本を救う」のパンフレットには、「1984年2月17日広島生まれ。栃木人加藤秀視を師事して4年。親との絆に人生を救われ、自らの実体験から、親子の絆が若い頃の心を育むと確信、家族再生に命を懸けてている」と書いてあった。日本を良くするために、中学生、高校生の人生道場を作り育てて行こうと燃えておられて、とても素晴らしい話をいろいろと聞かせて頂いた。まだ20代なのに、志をもって行動されていて素晴らしいと思った。話の途中で、「この料理、美味しいですね」と、何度も言って頂き、いた和り家にして良かったと思った。
------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月30日)

『親の教え』

履物はきちんと揃えておく。畳の縁や敷居は踏まない。
敷いてある布団の上を歩いてはいけない。唐紙は、必ず、
取っての金具を持って開け閉めをする。その際、音を
させてはならない。
いずれも両親から教えられたことです。馬鈴を重ねたいま、
このような些細なことを守り通すことが、生きていくうえで
何よりも大切だと確信するようになりました。

2010年11月29日 (月)

焼き肉「大仙」

Dsc02090
女房の弟から時々「肉がきれててないか?」と電話がある。2ヶ月に1回くらい舟入電停そばの「大仙」に行く。老夫婦でやっておられ、創業33年とのこと。昔ながらの焼き肉屋さんで、私はここが焼き肉では広島では一番好きな店です。

Dsc02091
江波に住んでいる鈴木さんと、大仙のすぐ近くに住んでいる留学生の陸さん、それに義弟のやまちゃんと息子さんの修くん。食べて食べて飲んで飲んで、とてもいい気持ちになった。

Dsc02092
食べて飲んでお腹がパンパンだけど、最後の最後このラーメンをいつも食べる。味がしっかりしていて、このラーメンも最高に美味しい。

----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月29日)

『わがまま』

私の書く文字は、人様にお見せするような代物では
ありません。まったく自信がありません。
もし私が、そのことを立派な理由にして、「私は字を
書くのが下手ですから」とか「筆不精ですから」と
言って、手紙を書かないとするならば、それは、単なる
わがままにすぎません。
わがままには、幼児性の最たるもので始末に困るものです。

2010年11月28日 (日)

広島MG道場

Dsc02082
今月のMGは3卓15名ととても多くの方に参加して頂きました。写真はC卓です。
Dsc02083
B卓の皆さんです。私もB卓で、写真をとっている私は、キム卓です。

Dsc02084
成績優秀なA卓です。顔は、B作みたいな人がいますが・・・・
女性が3人も参加してくれて、とても楽しいMGでした。

2010年11月27日 (土)

カナダカン廿日市店で昼食

Dsc02074_3

久しぶりに廿日市店で昼食をした。週替わりパスタランチ「広島産もち豚とトロトロ煮込んだトマトソース」、ガーリックが効いていてとても美味しかった。廿日市店での楽しみには、帰りのレジで、スタッフの可愛いミキティが、釣り銭を渡す時に、私の手を、ギュギュっと握ってくれることだ。それを楽しみにレジに行ったら、気の利かない店長がスッとレジに入ってしまってガッカリだった。

------------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月27日)

『心の力』

人間の力の中で、心の力ほど大切なものはありません。
心の力がないと、困難に立ち向かう勇気が湧いてきません。
生きる元気さえ失います。
この心の力は、ある日突然できたり、人から一方的に
与えられるものでもありません。
毎日毎日、小さなことを守っていく中から培われるものです。

2010年11月26日 (金)

キャップ

送信者 Recently Updated

デジカメ教室での作品。ペットボトルの蓋。Aモード、ISO200、F=11、SS1/8、露出補正+0.7、MWB。

----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月26日)

『自分の気持ち次第』

商品は、扱う自分の気持ち次第でいかようにでもなります。
そのことを無視して、もっと売れるものはないか、もっと
儲かるものはないかと、つい目移りばかりするものです。
でも、そんな商品がそうあるものではありません。
それよりも、人が見捨てたり見過ごしたりしている商品に
目を向け、自分の気持ちを込めてみることです。

2010年11月25日 (木)

今月の3G会

送信者 20101125-064143

今月の3G会(祇園界隈で、ギャルと、グルメの会)は、祇園新道近くの韓国料理の「玉秀」とい店で行った。コース料理を頼んだが、バラエティに富み、どの料理もとても美味しかった。店内も若いカップルからサラリーマン、中年の男女などで、ほぼ満席だった。リピートしたい店がまた一つ増えた。ま●ちゃんとの楽しい会話で大いに盛りあっがった3G会でした。

送信者 20101125-064143

どの料理も美味しかったけど、特にこのキムチちぢみが美味しかった。

---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月25日)

『意味のない統計資料』
多くの時間と費用を費やして作成された文部科学省の 統計資料には、何も訴えるものを感じません。たぶん、 当事者が他人事のように取り組み、責任の所在を はっきりさせないからだと思います。 それに比して、一学校1学級、身体を張って守って おられる現場の先生方が作成された学校通信や 学級通信は、はるかに迫力を持って私に訴えてくるものが あります。

2010年11月24日 (水)

大きな熊手

送信者 20101124-080200

天才くんが、「困った時の神頼み」?という意味か、えびす講で大きな熊手を買ってきた。天井まで届くような大きさで、御利益があるといいのですが・・・・

-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月24日)

『孤独にならない法』

人間が孤独を感じるときは、二つの場合が考えられます。
一つは、大勢の中で無視されたとき。
あと一つは、大勢の方々にお世話になっていながら、
そのことに恩を感じていないときです。
孤独にならないためには、多くの方々にお世話になり、
生かされている自分に気づくこと。そして「ありがたい」と
いう感謝の念を持つことです。

2010年11月23日 (火)

戦略社長塾

送信者 20101123-090137

前回から女性が参加しているが、今回も3人もギャルが参加してくれた。今まで男ばかりでお通夜のように盛り上がらなかったが、交流会にも2名参加してくれて、盆と正月が一度にきたくらいにとても盛り上がりとても楽しかった。

-----------------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月23日)

【仕事】

仕事はスポーツと同じです。仕事を嫌々やれば、仕事の 奴隷です。しかし、仕事に楽しみを見出すことができれば、 スポーツと同じです。スポーツであれば、汗をかいても、 気持ちがいいし、ゴールを目指して走るところにスリル  だって生まれてくるのです。しかも、仕事というスポーツは 個人プレーじゃできない。団体戦です。だから、時には 自分を殺しても、めざすゴールへチームが走っていくことが 要求されます。

2010年11月22日 (月)

素敵なキムタクさーーん。

送信者 Downloads
今日は、下関での掃除に学ぶ会のリーダー研修があったが、私は葬儀があり、欠席させて頂いて、福山に行った。親友の奥様で、64才の若さだった。ご冥福をお祈りします。他に話題がないので、先日の北京で「キャー素敵なキムタクさーーーーん」と言ってむしゃぶりついてきたギャル達の写真です。

-------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月22日)

『心の大きい人、小さい人』

心の小さい人というのは、自分のことしか考えられない
人のことです。せいぜい考えても、自分の家族と自分の
事業だけ。それに比して、心の大きい人というのは、自分の
ことだけでなく、いつも他人を思いやることのできる人の
ことです。
さらに、自分を取り巻く地域社会、国家、地球、宇宙のこと
まで考慮して生活する人のことです。

2010年11月21日 (日)

中国ブロックリーダー研修

送信者 最近の更新
下関で、日本を美しくする会・中国ブロックリーダー研修が行われた。本部から田中会長、千種副会長が来てくださり、色々と指導をしていただいた。
送信者 最近の更新
会議終了後は、楽しみのふぐ宴会。ふぐ料理のフルコースやひれ酒で大いに盛り上がった。

2010年11月20日 (土)

新装なった「中ちゃん」

送信者 20101120-065118
茨城県から旧友の黒田さんご夫妻がきたので、中ちゃんを希望されたので久しぶりに行ってみた。増築改装されていて、広さは前の3倍くらいあり、カウンターが2本、テーブル、それにお座敷まであった。中ちゃんの姿はなくて、若いスタッフ6名がいた。汚い、無愛想、でも料理は最高においしいから、きれい、広い、明るい、料理は前と同じくらいおいしいという印象だった。

----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月20)

『心温かきは万能なり』

温かい心には、万能の力が秘められております。
温かい心は、人の心を癒すことができます。
世の中がよくなります。そのことによって、自分自身を 
成長させることができます。
薬にたとえれば、まさに万能薬です。
万能薬には副作用がありません。まさに「心温かきは
万能なり」です。

2010年11月19日 (金)

東京グルメ3日目

送信者 最近の更新

午前中は、コンピュータリブで、パソコンの勉強。昼食は、麺者服部というラーメン屋さんへ行った。恐らくオーナーの名前が服部で、忍者ハットリくんを文字っているのだと思う。

送信者 最近の更新

器が四角でとても珍しく、ここは炙り煮卵がとてもおいしかった。つけ麺もスープがこってりとしていてとても美味しかった。

--------------------------------------------

鍵山秀三郎の一日一話(11月19日)

『心の幅は無限大』 いくら大きい人でも、人の三倍も五倍も身長のある人はおりません。 また、いくら体重のある人でも、人の五倍も十倍もあるひとは  おりません。 その点、人間の持っている「心の幅」は、三倍や十倍どころの 差ではありません。人によっては、千倍も一万倍も百万倍も 差があります。「心の幅」を鍛えるためには、できるだけ 自分以外の人のことを気遣うことです。

2010年11月18日 (木)

東京2日目

送信者 20101118-070254

午前中は、コンピュータリブで、パソコンの勉強。昼食は、御徒町の「ぽん多」で、「カツレツ」を食べた。げんこつの手のような厚みで、柔らかくてとてもおいしかった。

送信者 20101118-070254

午後からは日本を美しくする会の世話人会。

送信者 20101118-070254

交流会は、新宿すずやの「とんかつ茶漬け」一日2回もとんかつを食べてしまった。

送信者 20101118-070254

喪中につき、ノーコメント

----------------------------------------------------

鍵山秀三郎の一日一話(11月18日)

『「社訓」と「経営理念」』

会社には、「社訓」も「経営理念」も特に掲げていません。 実体の伴わない高邁な「社訓」とか「経営理念」を掲げても、 しらけるだけだからです。 それよりも「どう生きてほしいか」「どういう生活態度をとって ほしいか」を社員に常日頃、話すように心がけています。 その際、留意していることは、できるだけ具体的でわかりやすい 実例を話すことです。

2010年11月17日 (水)

Macbook

送信者 20101117-110420
左が、Macbook pro 17インチ 右がMacbook air 11インチ。かなり大きさが違う。

東京グルメ

送信者 日中友好< /a>

東京初日。私の希望で、神田須田町にあるトラットリア・テスタドゥーラに行った。日本で仕事をしている段さんと、CPLでアルバイトをしている丁さん、中島社長と日中友好?をした。料理はでれもおいしくて、ビール、ワインを飲んでとてもいい気持ちになった。

--------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月17日)

『「割れた窓」理論』

「割れた窓」理論というのがあります。
割れたまま修復されない窓ガラスを放っていると、
荒れた状態が次々に伝染し、犯罪の呼び水になるという
理論です。
車も、ぶつけて傷ついたまま放っておくと、いつの間にか
あっちこっちに傷が増え、でこぼこになります。
何事も、小さなときに億劫がらずに処理していくことが
大事です。

2010年11月16日 (火)

カナダカン祇園店で夕食

送信者 Recently Updated
久しぶりに祇園店で夕食をした。私が変顔をしたら壮眞までが変顔をしていた。ひょうきんな壮眞と一緒にいると可愛くて飽きない。
送信者 Recently Updated
ピイッツア・ハイカロリー。ハイカロリーというメニュー名が面白いので聞いてみたら、まかないで作っていたピザで、チーズ、厚切りベーコンにその上にたっぷりマヨネーズをかけているので、「こりゃあ、ハイカロリーじゃあ」と言いながら食べていたとのことで、これをメニューに加えたとのこと。

2010年11月15日 (月)

第181回広島掃除に学ぶ会

送信者 Recently Updated
廿日市中学校でのトイレ掃除。生徒さんが130名も参加してくれた。運動部の生徒さんが多いせいか、挨拶が元気よく、人の話を聞く態度もとても立派だった。
送信者 Recently Updated

終了後、カナダカン廿日市店で、ミニ禿げ増す会。

--------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月15日)

『攀念智』

「攀念智」とは、人を恨む、憎むという想念を持つことです。
人を恨んだり、憎んだりしますと、そのことばかりが心に
引っかかり、眠れなく、精神まで蝕まれます。
その結果、自分のエネルギーをすべて消耗することにも
なります。
つまるところ、「攀念智」を持つ人は不幸になるばかりです。
「攀念智」を持たない。人生の極意だと思います。

2010年11月14日 (日)

実践人冬期研修会

送信者 Recently Updated
研修会と交流会があった。やはり、一番の目当ては、ハガキ道の坂田先生。


------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月14日)


『店作り』

創業以来、「きれいな店作り」を基本に経営してきました。
「あまりきれいにするとお客が来なくなる」とか「お客が
入りにくくなる」というような意見が真顔で議論される
ような時期もありました。
そういう意識を、一つひとつ変えていくだけでも大変な
ことでした。
どれ一つをとっても、簡単に変わったことはありません。

2010年11月13日 (土)

交換レンズ

送信者 2010/11/12
CANANのデジカメからSONYのミラーレスのデジカメ一眼レフに変えて半年近くなる。デジカメ入門コースに通ってやっと、一眼レフの機能とかが分かってきた。200ミリの交換レンズが欲しくて注文していたが生産が間に合わないということで二ヶ月待ちでやっと入手できた。講演会などで、顔を大きく写したいと思っていたのでこれがあればバッチリだと思う。写真の上達法は、兎に角多く撮るとのことなので、色んな場面で撮って少しでもきれいな写真を撮りたいと思っている。

---------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月13日)


『体験だけでは・・・』

体験を積めばいい、というわけでもありません。
むしろ、体験だけで生きてきた人の中には、したたかに
なっている人のほうが多いように思います。
「オレはこんな修羅場を経験してきたんだから怖いものは
ないんだ」というような人間になってはおしまいです。
どんな厳しい体験をしてきても、純粋で傷つきやすく瞳の
曇らない人間になることをめざすことです。

2010年11月12日 (金)

デジカメ一眼レフ入門講座修了

送信者 20101111_ピザ生地
入門講座、2時間6回の個人レッスンが終了する。今日は私が撮りたい写真ということで何点かを持参した。包装紙に入っているものは、写真が光ってみえるので、それをどう消すかがポイント。
送信者 20101111_パスタ_太
どうしても、光が残ってしまう。
送信者 20101111_ぎょうざのタレ
Aモード(絞り優先) ISO200 F11 SS 1/4 EV+1.3 MWB(マニュアルホワイトバランス まずまずの出来と思う。入門編を卒業して、次は16回の自由創作コースを受講する。

-----------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月12日)


『感謝』

人間が生きていくうえで、感謝の心を持つことはとても大切な
ことです。
人間、感謝の心がないと、幸せにはなれません。感謝の心を
持つから幸せになれるのであって、幸せになってから感謝しよう
というのでは、一生幸せになることはありません。
その点、トイレ掃除をしていると小さなことにも感謝できる
感受性豊かな人間になれます。

2010年11月11日 (木)

家族旅行2日目

送信者 Recently Updated
この旅行はどうしても孫が喜ぶ場所を選んでします。動物園と水族館とどちらがいいかと聞いたら、水族館がいいというので、屋島にある水族館に行った。昼食は讃岐うどんを食べた。


送信者 Recently Updated
href="http://picasaweb.google.com/eisuke.itsuji/RecentlyUpdated03?feat=embedwebsite">Recently Updated
午後からは、坂出にあるプレイランドに行った。子供が遊ぶところが多くて、とても楽しそうだった。
自宅に帰ったのは20時過ぎだった。帰りの車の中では二人の孫は遊び疲れたせいか爆睡をしていた。

----------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月11日)

『因果一如』

「因果一如」
原因と結果は一緒という意味です。
原因をつくったときには、結果も同時に生まれるということです。
結果をよくするためには、気づく人になることです。たとえば、
人間関係において、自分勝手なことをしていないか、というような
ことを基本にして、気づく人になることです。気づきがいい結果を
もたらしてくれます。

2010年11月10日 (水)

家族旅行

送信者 2010/11/09
娘二人、孫三人と家族旅行をしている。孫が喜びそうなレオマワールドを選んだ。去年の今頃、妻との最後の温泉旅行をしたが、体調が最悪で、旅行から帰ってすぐに、入院をして、しばらくして帰らぬ人となった。悲しいけれども良い思い出になっている。今回も、かあさんと一緒のつもりで家族旅行をしている。楽しい思い出を一杯作りたいと思っている。


送信者 2010/11/09

孫二人がとても喜んでくれている。孫の喜ぶ姿が、私にとっては一番嬉しい。

--------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月10日)


『工夫しながら掃除をする』

いつまでも、同じ範囲を同じ時間を費やして掃除して
いるようでは、工夫が足りません。
同じ範囲の掃除をするのであれば、効率を上げて時間を
短縮する。
また、同じ時間をかけて掃除をするのであれば、範囲を 
広げる。
少しでも工夫改善をしなければ、進歩がありません。
進歩しなければ続きません。

家族旅行

送信者 2010/11/09
娘二人、孫三人と家族旅行をしている。孫が喜びそうなレオマワールドを選んだ。去年の今頃、妻との最後の温泉旅行をしたが、体調が最悪で、旅行から帰ってすぐに、入院をして、しばらくして帰らぬ人となった。悲しいけれども良い思い出になっている。今回も、かあさんと一緒のつもりで家族旅行をしている。楽しい思い出を一杯作りたいと思っている。


送信者 2010/11/09

孫二人がとても喜んでくれている。孫の喜ぶ姿が、私にとっては一番嬉しい。

--------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月10日)


『工夫しながら掃除をする』

いつまでも、同じ範囲を同じ時間を費やして掃除して
いるようでは、工夫が足りません。
同じ範囲の掃除をするのであれば、効率を上げて時間を
短縮する。
また、同じ時間をかけて掃除をするのであれば、範囲を 
広げる。
少しでも工夫改善をしなければ、進歩がありません。
進歩しなければ続きません。

2010年11月 9日 (火)

戦略社長塾

送信者 2010/11/08
今月のランチェスター勉強会は、初の女性参加が参加した。将来お店を出したいという夢を持っておられというので、この勉強会をお勧めした。やはり、男ばかりより、女性がいたほうが盛り上がるし楽しい。


送信者 2010/11/08

勉強会のあとは、「本川地区グルメ探検隊」ということで、どん○べという店に行った。青森料理の店のようで、ビルの5階にありとても見晴らしが良かった。やっぱり、女性がいると楽しく盛り上がる。

--------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月9日)


『売り方』

「値段が高い」「品揃えが悪い」「立地がよくない」。
売れなくなると、ついこういう考え方になりがちです。
しかし、いくらいい商品を仕入れてきても、従来と同じ
考えで同じ売り方をしている以上、そう簡単に売れるもの
ではありません。
大切なことは、その商品にふさわしい売り方、扱い方を
工夫することです。
活路は無限にあります。

戦略社長塾

送信者 2010/11/08
今月のランチェスター勉強会は、初の女性参加が参加した。将来お店を出したいという夢を持っておられというので、この勉強会をお勧めした。やはり、男ばかりより、女性がいたほうが盛り上がるし楽しい。


送信者 2010/11/08

勉強会のあとは、「本川地区グルメ探検隊」ということで、どん○べという店に行った。青森料理の店のようで、ビルの5階にありとても見晴らしが良かった。やっぱり、女性がいると楽しく盛り上がる。

--------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月9日)


『売り方』

「値段が高い」「品揃えが悪い」「立地がよくない」。
売れなくなると、ついこういう考え方になりがちです。
しかし、いくらいい商品を仕入れてきても、従来と同じ
考えで同じ売り方をしている以上、そう簡単に売れるもの
ではありません。
大切なことは、その商品にふさわしい売り方、扱い方を
工夫することです。
活路は無限にあります。

2010年11月 8日 (月)

第10回便教会全国大会

送信者 2010/11/07
知立市の竜北中学校に全国から500余名の人が集まって、トイレ掃除などをした。


---------------------------------------------


鍵山秀三郎一日一話(11月8日)

『孔子と子路の問答』

孔子とその弟子・子路の問答を紹介します。
子路曰「聖人といえども窮するか」(あなたは人から
聖人と言われているが、聖人といえどもそんなに困るん
ですか)
孔子曰「君子、固より窮す」。ただし「小人、窮すれば
斯に濫る」。(聖人君子だってもちろん窮するさ。しかし、
普通の人はちょっと困ったりするとすぐパニックになったり
して乱れるが、聖人は乱れない。これが聖人と小人の違いだ)

2010年11月 7日 (日)

第10回便教会全国大会前夜祭

送信者 2010/11/06
愛知県知立市で、掃除に学ぶ会の前夜祭がありました。

2010年11月 6日 (土)

禿げ増す会

送信者 2010/11/05
今月のはげますかいは、本通のアンデルセンで行った。男6人、女6人と今までで最大の人数だった。色んな料理があり、デザートも豊富で、ドリンクも飲み放題で、とても好評だった。それに、お店から誕生日の人にはプレゼントがあり、写真まで頂ける。11月誕生日の人が4人もいた。12月も二人いるので、来月もここでしようということになった。


送信者 2010/11/05

最後に恒例のゲームをして、負けたらゆで卵をたべなくてはいけない。男が負けたら、女性に頭で、卵を割ってもらう。

送信者 2010/11/05
大サービス、食べさせてもらえる。


送信者 2010/11/05

やっぱり、ゲームが一番盛り上がる。


---------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月6日)

『感謝は素直に』

現代人は、感謝の気持ちを素直に率直に表現しなく
なりました。
原因は、素直とか率直とかは、次元が低いことのように
勘違いをしているからだと思います。人間の感情を素直に
表すことは、教養がないと格好をつけているからだと思います。
感謝の気持ちを素直に率直に表さなければ、人間関係は
スムーズにいきません。感謝の気持ちは相手に伝わってこそ
本物です。

2010年11月 5日 (金)

昼食はつけ麺

送信者 2010/11/04
以前から、祇園新道沿いに出来ているつけ麺屋さんが氣になっていて昼食に行ってみた。メニューの種類は少なく感じたが、ひとつのつけ麺で色んな食べ方が出来るし、極太麺で、スープもとても美味しかった。接客もとても感じが良くて、帰り際に、きれいな店員さんがわざわざ玄関で、待っていてくれて丁寧に挨拶をしてくれてとても感動した。こういうのを「後味が良い」というのだと思う。次回も行ってみたい店のひとつだ。

-------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月5日)


『共存共栄』

メーカーには商品の開発と品質の向上以外心配をかけない。
問屋業が心すべき使命だと思います。
問屋業である当社は、まず一括仕入れを可能にするため、
物流機能の拡充整備に努めました。
また、支払いは約束手形による精算が常識化していた業界に
おいて、いち早く現金支払いに変えました。
いずれも共存共栄の考え方です。

2010年11月 4日 (木)

毎週水曜日は!

会社は、日曜日と水曜日が定休日になっている。長年の習慣で、休みの日でも6時半に出社している。だいたい毎週水曜日は、午前中は、会社で雑用や環境整備をしている。次に花屋にお墓用の花を買いに行く。花が好きだった女房は、この店ととても親しくしていて、「お墓に添えて下さい」と、必ずサービスをしてくれる。

送信者 2010/11/03
昼食は、その花屋の近くの激辛冷麺の「新華園」に行く。いつもながら辛いけど美味しい。


送信者 2010/11/03

三滝の墓地に着いて、車を降りて墓までの50メートルを歩く時、いつも涙が出てくる。墓で線香をあげながら、母さんと話をしていると、心が落ち着く。


送信者 2010/11/03

それから、近所の介護施設にいる87才の母に会いに行く。足が不自由なだけで、ボケもなく受け応えはキチンと出来る。悲しませたくないので、妻が亡くなったことは話していない。


送信者 2010/11/03_2

それから、孫の壮眞と近くのイオンに遊びに行く。ひょうきんものの壮眞と遊んでいると楽しくて、すべてを忘れられる。また、「おかあさんといっしょ」のDVDを買わされて、帰っておかあさんに怒られてしまった。

送信者 2010/11/03
それから、段原のイオンにあるウクレレ教室に行く。17時からは、ウクレレソロの中級コース。18時半からウクレレコードの中級コースの2コースを受講している。先生が優しくて親切で、教え方が上手なのでとても楽しい。(ウクレレ教室は隔週)

ま、これが、最近の水曜日の過ごし方です。


-------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月4日)


『惜福』

幸田露伴の教えに、「惜福」というのがあります。
たとえば、有給休暇が二十日間あった場合、その有給休暇を
「権利だから」といって全部使いきってしまうのではなく、
控え目にして少し残しておきなさい、という意味です。
つまり、自分に与えられた好条件、都合のいいことを
使い尽くさないで、少しは遠慮しなさいという教えです。

2010年11月 3日 (水)

キャー素敵なキムタクさーーーん、

送信者 Downloads
今回の北京MGは、割と可愛い子が多くてとても楽しかった。北京でも、相変わらずギャルたちがむしゃぶりついてきました。(決して、ヤラセではありません。)

送信者 Downloads
今回の私の一番のお気に入り。美人で明るくて、スタイルが良くて、とても活発な子だった。名前を見るのを忘れてたあ。ちょっと、はにかみ、照れくさそうなキムタクでした。


------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月3日)


『絶対肯定』

「絶対肯定」「絶対安心」「絶対感謝」できる人間関係を
確立することが、幸せな人生を送るためにもっとも大事だと
思います。
人間関係の始まりは、「絶対肯定」できるお互いの信頼です。
お互いを信頼できるようになれば、「絶対安心」の関係になり、
何事にも感謝できるようになります。まず、信頼できるお互いに
なることです。


2010年11月 2日 (火)

全体朝礼

送信者 2010/11/01
いつもは、営業部と製造部は別々に朝礼をしているが、毎月1日は、一緒に全体朝礼をしている。社長がその都度、方針や考え方などを話している。写真は経営方針を唱和しているところ。

----------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月2日)

『心の重心を低く』

心の重心を低くすることが大事だと思います。
重心が高いと、建物でも乗り物でも不安定になり
倒れます。人間の心も同じです、重心が高いと
精神が不安になり、つい自分以上の言動や行動をして、
自分を見失う原因になります。
心の重心をいつも低くしておくためには、掃除の実践が
効果的です。人の嫌がるトイレ掃除が心の重心を
低くします。

2010年11月 1日 (月)

第180回広島掃除に学ぶ会

送信者 2010/10/31
今月の掃除に学ぶ会は、楽々園小学校だった。去年インフルエンザで中止になって、校長先生が今年は是非行いたいということでお招きして頂いた。児童、保護者、教員と多くの方が参加して下さった。とても良い雰囲気の掃除に学ぶ会だった。


-----------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(11月1日)

『感性を磨く』

生きていくうえで大切なことは、鋭い感性を持つことです。
感性は、頭の勉強だけでは養うことができません。
身体を動かし、皮膚で感じて初めて感性が育ちます。
そのためには、寒い中、暑い中、風が吹く中で、掃除を 
してみることです。
そうすると「寒さ」「暑さ」を通して、次から次に感性が
研ぎ澄まされてくるようになります。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30