« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

餃子屋さん4店ハシゴ!

Img_3394_3

なんとなく色んな餃子が食べたくて、ハシゴをすることにした。最初は、「ぎょうざ屋」さん。7個で300円、注文してから包むので、焼き上がりがパリパリしてとても美味しかった。

Img_3395

次は、私が時々、好んで食べる「福万」の餃子。10個で650円。ニラが多く入っていて、油の中で揚げる感じで焼く、皮の触感がなんともいえないくらい好きだ。

Img_3396

餃子の老舗「王」さんのオリジナル餃子。8個で530円。ネギがお椀にたっぷり来るのでなんとなく嬉しい。

Img_3397

「清ちゃん」に行ったが閉店とのことで、近くの「点心飯店」に行った。こちらもカリッと焼き上がっていて、食感がとても良かった。大食漢の私だが、さすがに腹一杯になった。

---------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(3月31日)

『組織』

 組織は、必ずしも、同質でなければならないということは
 ありません。むしろ、異質な集団でよいと思います。
 同質の人ばかりだと、かえって組織は悪くなるものです。
 危険なことでもあります。意外と異質の集団のほうが壊れにくい
 ものです。
 会社の中で思うようにならない社員がいて成り立っているから
 こそ、組織は強くなります。

2011年3月30日 (水)

顔写真の変更

Photo_2










今までは、twitterと、facebookともこの似顔絵が気に入っていて、これを使っていた。

しかし、facebookは、「実名顔出し」というのが原則のようなので、写真を載せることにした。


Dsc02399
facebookは、こちらの写真にしました。

Dsc02398
twitterは、こちらにしました。宜しくお願いします。

-------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月30日)

『力を出しきる』

 資格や能力だけに安住し、力を出し惜しみしている人は、
 いい人生を送っていません。
 たぶん達成感がなく、自分の人生に満足感が得られないから
 だと思います。
 一方、資格や能力がなくても、自分の力を出しきっている
 人は、日々、満足感を味わいイキイキしています。
 いい人生を送るコツは、持てる自分の力を出し惜しみ
 しないことです。

2011年3月29日 (火)

オロチョンラーメン

Img_3373
横川駅前に、赤い看板のオロチョンラーメンが出来たので行ってみた。写真は「爆豚飯」で、チャーシューご飯にキムチが乗っていた。ピリ辛でとても美味しかった。



Img_3374
これがオロチョンラーメンで、辛さが3つくらい選べるが私は普通のを食べた。器がそこが平たい鉄鍋なので、レンゲでスープをすくいにくかった。

----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月29日)

『ゴミの処理』

 住民の捨てたゴミはいったんどかしてから、掃いて、
 きれいに整理をします。
 だらしないゴミは余裕のある袋に詰め替えて、回収車の
 作業員が持っていきやすいようにしておきます。
 もちろん、瓶、缶、ペットボトル、新聞、雑誌、段ボール等
 資源になりそうなものは回収したあとすべて選別します。
 普通の日で車二台分、多い日は六~七台分集まることも
 あります。

2011年3月28日 (月)

掃除に学ぶ会・感謝?の会

Img_3381
今月の掃除に学ぶ会は、山陽高校でした。クラブ活動の生徒さんたちが多く参加してくれて、挨拶、返事が元気で、行動がテキパキとしていて、非常に気持ちの良い会でした。

Img_3384
最後の体験発表の30分の間、会員で、広島県警のY武さん父子は写真のようにずっと正座・立腰で聞いておられました。私も負けてなるかと頑張って正座しましたが、5分くらいでギブアップでした。Y武さんは、大きな男の子供さん3人おられ良く、父子で参加してくれます。幼稚園くらいなら、参加される父親は多いですが、高校生、大学生になっても一緒に参加されるなんて、とても感動でいつも素晴らしい家族だなと感心しています。

Dsc04031
宋忠華さんからのメール「先生(なぜか、留学生は私のことを先生と呼んでくれる)、ご無沙汰しております。お元気でしょうか?そろそろ桜が咲く時期ですね。3月26日で、私が日本に来てちょうど10年になります。2010年の3月26日に、先生に広島空港に迎えて頂いたことが私にとって、まるで昨日のことのようです。先生のお陰で、私はここまできました。心より深く感謝しております。感謝の気持ちで、26日前後で先生の都合が良い日に、カナダカン祇園店ででも一緒に食事をしません?今回は是非ご馳走させて下さい。お忙しいとは思いますが宜しくお願いします。」と言うメールを頂いて一緒に食事をして、ご馳走をしてもらった。10年前のことを覚えていてくれて、こうして、お礼をしてもらえて、本当に嬉しく思いました。それにしても、壮眞がひょうきんで参った。「壮眞くん、何歳?」と聞かれても「チンチン」とか、「おしり」とか、ふざけた返事ばかりをしていた。
-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月28日)

『会社経営の意味』

 世間に迷惑をかけなければ成り立っていかないような会社で
 あれば、その会社は存在すべきではありません。
 また、世間から顰蹙を買うような会社だとするならば、
 会社経営をしている意味がありません。
 できれば、世間から喜ばれ、社員が誇りを持てるような会社
 にしたい。
 会社経営に対する私の一貫した姿勢です。

2011年3月27日 (日)

戦略社長塾

Dsc04026
10時から18時まで、長時間「財務戦略」の勉強会でした。時間が長いので、途中参加、早退自由にしていて、総勢は8名でした。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月27日)

『本物人間』

 その人が「本物人間」であるかどうかを見分ける判断基準と
 して、二つあると私は思います。
 一つは、その人の言っていることとやっていることがどれ
 だけ一致しているかです。あと一つは、自分自身の利益に
 直接結びつかないことに対して、どれだけ無心に打ち込んで
 いるかどうかです。
 いずれも重要な判断基準だと思います。

2011年3月26日 (土)

禿げ増す会

Dsc04019
今月の会は、ティアでやりました。禿げ男6人、美女5人でした。
Dsc04020
時節柄、どんちゃん騒ぎは、やめて静かに謙虚にゲームをしました。

Dsc04023
いつもの罰ゲームのゆで卵が無かったので、バナナでやりました。毛が濃くなるように、禿げにスリスリしてもらいました。隣の席の子供達が、不思議そうな顔で見ていました。ま、いつもながら楽しい会でした。
--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月26日)
『微差僅差の追求』

 絶対差を追求するためには、何よりも過程を大事にする
 ことです。
 過程の中でも、微差僅差の追求がもっとも重要なことです。
 いままでは大きいこと、多いこと、特別なことが注目を
 浴びてきました。
 これからの時代はそういうわけにはいきません。わずかな
 差や小さなことの中に含まれている価値が、評価される
 時代です。

2011年3月25日 (金)

いつじえいすけ

Img
倉庫を整理していたら、こんな紙が出てきた。何かの記念日に、だれかが作ってくれたものだ。なかなか良いことを書いてくれてるなあと感心しているところだ。良く合ってる。うんうん、がははははは!
------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月25日)

『掃除で残業なし』

 掃除をするようになって、定時退社できるようになったという
 会社があります。岐阜県にある中山理研という会社です。
 掃除をする前までは、毎晩十時十一時まで残業せざるを得ない
 状況でした。
 ところが、掃除をするようになってから、仕事の能率が上がり、
 定時に退社できるようになりました。不良率も激減しました。

2011年3月24日 (木)

イチゴ狩り

Dsc03984
午前中は、「創業社長墓参の日」&「井辻食産掃除に学ぶ会」があった。午後から、壮眞と、柳井市にあるイチゴ園にイチゴ狩りに行った。食べ放題・時間無制限で一人1300円。壮眞は、イチゴが大好きで15個くらいも食べた。孫の喜ぶ顔を見るのが一番楽しい。
Dsc04018
いつもの変顔。

--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月24日)

『心のムダ遣い』

 生きていくうえで、さまざまなムダ遣いがたくさん
 あります。
 時間、お金、物のムダ遣い。
 それより、もっと大きなムダ遣いが心のムダ遣いです。
 たとえば、よからぬことばかりを考えたり、安易なこと
 ばかりを考える。
 心のムダ遣いの最たるものです。
 心のムダ遣いが人間の品性を落とし、人相を悪くします。

2011年3月23日 (水)

戦略社長塾

Dsc03972
今回の戦略社長塾は、4名と少なかったが充実した会だった。今回で、「新規開拓の進め方」を終えて、次回からは「地域戦略」をやる。交流会は、本川町の「かぼ茶」だった。おふくろの味、手作り料理がとても美味しい。それに安い。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月23日)

『弱者や高齢者に優しく』

 弱者や高齢者を排除すれば、日本はよくなるか。けっしてよくは
 なりません。
 同様に、三人いる子供のうち一人、重度身障者が生まれた。その
 子供が早く死んでしまえば家族が幸せになれるか。けっして
 幸せにはなれません。
 ほんとうの幸せは、弱者や高齢者を受け入れて、励まし、

助け合い、
 守り抜いていったとき、初めて実感できるものです。

2011年3月22日 (火)

おもろい壮眞

Img_0648
孫の壮眞がますます可愛くなってきている。おしゃべりになってるし、色んな憎まれ口を聞いたりするし、いたずらなんかもするようになった。写真は、幼稚園の参観日で、お母さんに向かって、変顔をしているところ。とてもひょうきんで、一緒にいるととても楽しい。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月22日)

『世の中を変えるには』

 この日本をよくするのは、財務大臣でもなければ、総理大臣
 でもありません。国民一人ひとりの、ほんのちょっとした
 生き方にかかっています。
 不景気も、外国から一方的に持ち込まれたわけではありません。
 みんな、私たちの毎日の行動が、こういう世の中を作りだした
 のです。世の中を変えるためには、一人ひとりの行動を変える
 以外に方法がありません。

2011年3月21日 (月)

週替わりパスタランチ

Photo
特に話題もないので、今週のカナダカン祇園店の週替わりパスタランチの紹介です。今週は、「ボンゴレ・ロッソ(あさりのトマトソース)です。これはなかなか美味しそうなので、今日の昼に食べに行こうと思います。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月21日)

『掃除を始める極意』

 掃除を始めるコツは、まず道具をきちんと揃えることです。
 道具にはキチンとした吊りひもをつけます。次に、道具の
 置き場所を決定することが大切になります。普通、掃除道具は
目に入らないところに隠してある会社が多いのですが、当社は、
 誰からも見える場所に置いてあります。
 そうすると、掃除をする社風が定着しやすくなります。

2011年3月20日 (日)

3月の広島MG道場

Dsc03945
今月は午前中が2卓で午後から3卓でやりました。

Dsc03947
交流会はいつものように、いた和り家でした。
男ばかり8人で全然盛り上がらなくて、「どうすれば、ギャルにMGに参加してもらえるか」というテーマで熱い討論が行われた。なんとか女性を増やしたいと考えている。

-----------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(3月20日)

 『売上減をバネに』

 景気が悪く、売上が三割減ったという理由で、倒産した会社
 があります。
 一方では、売上が四割減ったために会社の結束力が高まり、
 社内の雰囲気がよくなった、という会社もあります。
 この差は、売上が減ったことを「大変だ」と捉えてパニックに
 なるか、「これを機会に会社の体質そのものをよくしていこう」
と捉えるかの違いではないかと思います。

2011年3月19日 (土)

骨付き

Dsc03937
まるまんの「骨付き」。食べにくいけど、こちらのほうが味が良く出て美味しい。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月19日)

『掃除を始める極意』

掃除を始めるコツは、まず道具をきちんと揃えることです。
道具にはキチンとした吊りひもをつけます。次に、道具の
置き場所を決定することが大切になります。普通、掃除道具は 
目に入らないところに隠してある会社が多いのですが、当社は、
誰からも見える場所に置いてあります。
そうすると、掃除をする社風が定着しやすくなります。

2011年3月18日 (金)

ばらし

Dsc03931
私の大好きな宮崎地鶏の店「まるまん」が3月19日に閉店するというので、10日くらい前から、数度足を運んだが、休業だったり、売り切れだったり、満席だったりして入れなかった。電話予約をしてやっと入れて、食べ納めをした。写真は、もも肉を骨からばらしてあるから「ばらし」という。歯ごたえがあり、噛めば噛むほど味が出てくる。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月18日)

『成果を挙げるためには』

世の中には、何をやっても成果を挙げる人とそうでない
人がいるものです。
はっきりしていることは、成果を挙げる人にはムダがなく、
そうでない人にはムダが多いことです。
ムダをなくすためには、気づく人になることです。できる 
だけ少し前に知ることによって、やること為すことムダが
なくなります。ムダがなくなると、自然に成果が挙がるよう
になります。

2011年3月17日 (木)

3月はダイエット月間だあ。目標5キロ減。

Img_3340
一応「3月はダイエット月間だあ。目標5キロ減。」ということで、朝食抜き、昼食は軽くソバかうどん、夜はビールは飲まないをほぼ、実行している。コンビニで、レジを待っていると、私の前の二十歳くらいの男性が、釣り銭を全部、「東日本大地震募金」に寄付していたのを見て、感動した。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月17日)

『状況に合わせた掃除』

その日の状況に合わせた掃除ができるようになったとき、
初めて進歩したことになります。
たとえば、風のない日は、ちり取りは、四人に一つが理想です。
反対に、風の強い日はちり取りを使う回数も多くなりますので、
一人に一つが基本です。
風のある日も風のない日も、同じ数のちり取りを使い、同じ
方法で掃除をしているようでは工夫が足りません。

2011年3月16日 (水)

壮眞

Img_0413
15日は終日アイスを作っていたので、日記ネタはないので、可愛い壮眞の写真だけです。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月16日)

『飛躍の前の心構え』

人や会社が飛躍するためには、力を蓄える時期がどうしても
必要です。
ところが、この力を蓄える時期は、自分自身落ち込んでいる
ように思えたり、傍目には停滞しているように見えたりする 
ものです。
この停滞している時期を、「こんなことをしていても何もなら
ない」というような心構えで過ごす人は、

もうそれでおしまいです。

2011年3月15日 (火)

宮崎地鶏

Img_3363
宮崎地鶏の「まるまん」のもも焼きが大好きで良く通っていたが、3月19日で閉店することになった。最後に食べておこうと思って、鈴木さんを誘って行ってみたが、あいにく休みだった。本当に、目の前が真っ暗になるくらいにショックだった。

Img_3364

仕方ないので、近くの地鶏の店に行った。写真は、日向地鶏のもも焼きで確かに美味しいけど、まるまんとはまったく違う焼き方、味、歯ごたえだった。

-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月15日)

『益はなくとも・・・』

ほとんどの人の価値基準が、得をするか、儲けるか、つまり
「益がなければ意味がない」という考え方です。
はっきり言うと、この考え方こそが、いまの日本を駄目にして
きたもっとも大きな要因だと思います。
いまこそ、『晏子』の至言、「益はなくとも、意味はある」
という言葉に耳を傾けるときではないでしょうか。

2011年3月14日 (月)

臨時掃除に学ぶ会

Img_3348
臨時の掃除に学ぶ会は、二葉中学校でした。多くの生徒さんが参加してくれました。進行・司会は生徒会ですべてやってくれます。生徒さんも熱心に掃除に取り組んでくれて、リーダーの多くの方が褒めておられた。毎年10月には、生徒会主体で、一年生全員参加をして、東区役所で、掃除道具をお借りしてされている。
----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月14日)

『本当の大人』

「わがまま」の中には、許せる「わがまま」と許せない
「わがまま」があります。許せる「わがまま」は「自分
のわがまま」、許せない「わがまま」は「人のわがまま」
です。
「自分のわがまま」が自分で許せなくなったら、本当の
大人です。
「自分のわがまま」は平気で許せるけれども「人のわが
まま」は許せない、としたらまだ子供です。

2011年3月13日 (日)

iPadで、テレビ!

Img_3351
パソコンを使っている時は、テレビなど見ることはなかったが、東北大地震のことが気になるので、iPadで見ている。このワンセグチューナーを最近、買ったのだが、テレビを見るのに大いに役にたっている。
----------------------------------------------------

2011年3月12日 (土)

昼食はソバかうどん

Img_3340
「3月はダイエット月間だあ。目標5キロ減。」(11日現在ー2.5キロ)ということで、昼食は、本当は、ギトギトのラーメン&チャーハンを食べたいが、そばかうどんで我慢している。今日は、コンビニ野「山菜おろしソバ」だけにした。いつもの半分以下なので、すぐに空腹状態になるが、夜まで我慢している。


Img_3344

夕方、壮眞が「じいちゃん、イオンに行こう」と言ってきかないので、一緒に行った。ゲームコーナーで遊んで、アイスを食べて、うどんを食べるというお決まりのコースだ。最近、「じいちゃん、デーブ」と言い出してだんだん悪くなってきている。

----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月12日)

あとで・・・

2011年3月11日 (金)

電動○○し

Img_3311
電動○○しといっても変なものじゃないよ。電動歯ブラシよ。先日歯医者さんに行っていたら、「歯医者の勧める歯ブラシ」とあったのでつい買ってしまった。使っているが慣れないせいか、こそばくなってすぐにやめてしまい、手動?の歯ブラシを使っている。
--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月11日)

『一泊五日の出張』

高速道路もない時代、鹿児島から青森まで仕事で駆け回って
おりました。
五日間の出張で、宿に一泊もしないときがよくありました。
そんなとき、車で仮眠するか野宿しながらの営業でした。 
一年に約八万キロメートル、地球を二周するくらいの距離を
車で飛び回っておりました。身体が人並み外れて丈夫だから
こそできたことです。
とにかくよく働きました。

2011年3月10日 (木)

ワンセグチューナー

Img_3331
今まで、Macbook pro #17では、ワンセグチューナーを使っていたが、iPad用も出たというので買ってみた。簡単に設定できて、良く映るので、外出のちょっとした空き時間に、みようと思う。

------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月10日)

『自分の道を歩く』

たとえ、どんなに狭く細い道であっても、自分自身の努力と
工夫で切り開いていく生き方が大切です。
切り開いていくのは、大きな忍耐とエネルギーを要すること
ですが、くれぐれも、へこたれず諦めないことです。
自分の信じる道を歩き続けていますと、共感し集まってくる
人が必ず出てくるようになります。共感者が表れると自信が
湧いてきます。

2011年3月 9日 (水)

ウクレレ用の棚?

Dsc03884
ウクレレを置く場所がなくなってきたので、ホームセンターで、棚?を買って来た。あちこちにあったウクレレをまとめることが出来て少しは片付いた。
Dsc03882
左のギタレレは、ほとんど使っていない。色んな大きさのウクレレがあるが私はソプラノが一番好きだ。
-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月9日)
『分福』

幸田露伴の教えに、「分福」というのがあります。
つまり、自分に与えられた福を他人にも分けてあげなさい、
独り占めにしてはいけません、という意味です。
分けるというのは、自分も欲しいものを分けるということです。
自分に必要のない余ったものを分けたのでは、福を分けた
ことにはなりません。 
分けるのは物に限りません

2011年3月 8日 (火)

写真

Img_0587
ハワイ8日間の旅で、500枚以上の写真を撮ったけど、あとから良く見てみると3人全員で撮った写真はほんの2〜3枚しかなかった。貴重な写真を今日は載せることにしました。

Img_0607
テレビのCMで「この木なんの木」としている場所に行った。いつもは観光客で多いが、たまたまグッドタイミングで他の人がいない写真が撮れた。
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月8日)

『苦労した顔』

苦労したことをそのまま顔に出す。誰にでもできることです。
反対に、苦労したことのない人が、いつも明朗な顔でいる。

これも、 
そんなに難しいことではありません。
しかし、ざんざん苦労したにもかかわらず、まったく苦労の痕が
感じられない顔で人に接するのは、なかなかできないことです。
できれば苦労の痕を悟られずに人と接する。大事なことだと思います。

2011年3月 7日 (月)

孫の守り

Dsc03875
夕方から、湯来町の体育館で、愛子・優子たちのバスケットの試合があるというので、3人の孫の守りということで同行をした。ちょろちょろとして、大変だけどもとても楽しく、守りをさせてもらった。
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月7日)

『幼児性』

人間はいくつになっても、誰にでも幼児性が残っているものです。
この幼児性は、年齢に関係ありません。
特に、幼児性が顕著に表れるのは「甘え」です。そして、「

背伸び」
「わがまま」「うぬぼれ」等です。
こういう幼児性は、単なる自己顕示欲の表れであって、自己中心的
生き方にすぎません。

2011年3月 6日 (日)

3G会

Dsc03868
3G会(祇園地区でギャルとグルメの会)は、祇園から離れて、流川の火鍋に行きました。美味しかったけど・・・高すぎた・・・

Dsc03871
今回は、両手に花でしたあ。楽しかったなあ。

Img_3319
隣のおっさんの歌がうるさいので、耳にお菓子(バターシガー?)を突っ込んで聞こえなくしているキムタク。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月5日)

『おかげさまで』

人間、何が辛いといって、人に無視されたり、屈辱的な目に
遭わされるほど辛いことはありません。 
私もずいぶん長いあいだ、辛い思いをしてまいりました。
しかしいまとなっては、そういう辛い思いをしたからこそ
掃除を続けることができた、と実感しております。あの辛い
思いをするくらいなら、掃除を続けることなんか何でも
なかったんです。

2011年3月 5日 (土)

今日の昼食

Dsc03855
3月はダイエット月間だあ。目標5キロ減。5日目現在-2.2キロ。3月は出来るだけ外食やイベントに参加しないようにしているので、ブログネタがない。昼食は写真のようなうどん1杯(198円)だけですましている。いつも食べる量の1/3くらいである。夕食も和食中心で量もいつもの半分くらい、ビールは飲まないで焼酎を胡麻麦茶で割って飲んでいる。
----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月5日)

『「愚痴」と「未練」』

「愚痴」と「未練」で人生をよくした人は一人もおりません。
私もいままで、会社が危機に瀕したことや、とんでもない負債を
負わされて、その重圧に耐えかねて生死をさまよったことが
ありました。
そんなとき、いつまでも「愚痴」と「未練」の世界に閉じこもら
なかったのが、

こんにち生き残ってこられた大きな理由だと思います。

2011年3月 4日 (金)

ダイエット4日目

Img_3317
今回のダイエットは、iPhoneのアプリのこの「胡麻麦茶」を使っている。これを飲んでいると血圧が下がるそうだ。毎日、飲んだかどうか?聞いてくる。ホームでは、体重、血圧、摂取カロリー。消費カロリーを入力するようになっていて、それがグラフに表示できる。3月はダイエット月間だあ。目標5キロ減。で、5日目で、-2.2キロだあ。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月5日)

『無関心は愛の反対』

マザー・テレサは「無関心は愛の反対」と言っております。また、
ヘレン・ケラーは「人間の病気はどんな病気でも科学の力で治す
ことができるけれど、無関心という恐ろしい病気を治す薬はない」
と言っております。
無関心は鈍感ということです。鈍感な人は救いようがありません。
感受性を豊かにし、あらゆることに関心を示していくことが、

人生を
豊かにします。

2011年3月 3日 (木)

ダイエット3日目

Img_3308
3月はダイエット月間だあ。目標5キロ減。ということで、3日目を経過した。基本的には、「石原結實」式ダイエットで、朝はニンジンジュースとショウガ紅茶だけ。昼は軽くうどんかソバに、七味をたっぷりかけて、夜は原則として和食を普通の量だけ、アルコールも飲んでもよい。という方法だ。昼はいつもは、ラーメン・ライスとか、汁無し担々麺・ライスとかだが、今日もうどんにした。丸亀製麺のぶっかけうどんにキツネを追加して、七味をたっぷりかけた。3日で2キロ減だが、これからが痩せるのが厳しい。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月3日)

『プラス思考』

ないものを数えるよりも、

いまあるものを一つでも多く数えることです。
できない理由を考えるよりも、いま自分にできることを一つでも多く
考えることです。
換言すると「こうだったからこうなった」と考えるのではなく「こう
だったのにこうなれた」とか「こうだったからこそこうなれた」という
ように受け止める生き方が、プラス思考だと思います。

2011年3月 2日 (水)

ダイエット2日目

Img_3307
3月は、外食や出張が少ないので、一応「3月はダイエット月間だあ。目標5キロ減。」ということで、ま、頑張ってみようと思う。昼食は、ティアで1575円だったが、うどんと、コーヒーだけですました。結構割高になってしまったがこれもダイエットのためにやむを得ない。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月2日)

『丈夫な伸び方』

鉢巻締めてこぶしを振り上げ、

競争相手をなぎ倒していかなければ、
会社は社員は伸びないか。必ずしも、そういうものではありません。
直接、利益に結びつかなくても、人のやりたがらないことや見過ごして
いることをおろそかにしないだけで、会社や社員はけっこう伸びるもの
です。
そういう伸び方こそ、丈夫な伸び方だと思います。


2011年3月 1日 (火)

おもしろい壮眞

Img_3301
壮眞は暇をみつけては私を遊び相手にしている。このスポンジの大きなバットで後ろから私の頭を叩いては喜んでいる。また毎日、「なまなま、行こう」と言って私を仏壇まで引っ張っていって、一緒に「ひろばあちゃん(妻のこと)」に手を合わせる。とにかく孫は可愛い。

Img_3306
壮眞が作ったお雛様。こういうのを見ると心が癒される。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月1日)

『破綻の回避策』

政治家は、何かというと財政破綻、金融破綻を口にし、他人事の
ように空論を展開しております。
よく考えてみますと、これらの破綻は、政治家の「無責任」という
精神の破綻から生じたものにほかなりません。
これらの破綻を修復するには、

政治家が政治家としての責任を果たす
という精神の再生こそ、優先されるべきだと思います。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31