« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

記憶にない写真

Dsc05269
土曜日の夜は、北京科技大学の石学院長にご招待して頂いて、白酒の乾杯攻撃に合い後半は意識がなくなっていた。あとからカメラを見ると、みんなと抱き合ったりしてたらしい。この写真も全く記憶がない。確かに私の目は死んでいる。
---------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月30日)

『わが身に引き受ける』

 世の中をよくするための一つの具体的な方法は、各人が
 体験してきた辛い思いを、自分自身で消化できる人間になる
 ように努めることです。
 人に押されたら押し返すのではなく、押されっぱなしで自分の中に
 おさめていく。周囲にけっして伝播させない。
 そういうふうに一人ひとりがわが身に引き受けていけば、世の中は
 必ずよくなるはずです。

2011年5月30日 (月)

中国ギャルとグルメツアー7日目(北京)

■グルメ

1306703811387.jpg
北京郊外の避暑地のようなリゾートに、葉さんの家族に、他の3家族15人で行った。その地方の美味しい料理を沢山頂いた。


1306703823913.jpg
家族の前で、数曲歌を歌った。

1306703828206.jpg
夕食は私の希望で、串焼きの店に連れて行った貰った。


1306703833264.jpg
葉さん夫婦と鄭さん夫婦。北京ではいつも熱烈歓迎をしてくれる。

■ギャル

1306703837793.jpg
今日も茜ちゃんが終日一緒についてくれていた。


1306703842302.jpg
中日経済技術学院の趙さん、陳さんが来てくれた。


1306703847136.jpg
キャー素敵なキムタクサーーーんとむしゃぶりついてくるギャルたち。

長い楽しかったツアーも無事終えそうだ。私が日本での保証人になっていた元留学生たちが是非来て欲しいとのことで、来たが、みんな熱烈歓迎をしてくれて、感謝、感激でした。

2011年5月29日 (日)

中国ギャルとグルメツアー6日目(北京)

重慶から、北京に移動して葉さんの家で休息をした。


1306626267132.jpg
ギャル好きの私のために茜ちゃんを誘ってくれていた。


1306626278531.jpg
全員で写真を撮ったようだが酔ってしまい、全く記憶に無い。


1306626283190.jpg
私のためにギャルが沢山集まってくれた。

2011年5月28日 (土)

中国ギャルとグルメツアー5日目(重慶)

■観光
Img_4030

今日は重慶市内から車で3時間くらいのところにある武隆というところに行った。大草原があったり、仙女山という風光明媚なところに行った。

Img_4036
若いギャルとの旅は楽しいし、若いとなにをやっても可愛い。

■グルメ
Dsc05223
昼食はこの地方の山菜や川魚料理

Dsc05245
呉抄手という小吃の老舗で色んな料理を食べた。ここの餃子が有名とのこと。

■ギャル
Dsc05248
重慶の女その2 キャー素敵なキムタクさーーーん」とむしゃぶりついてくるギャルたち  右は今回お世話になった趙欣さん、日本の帰国から帰って事業を興して、昨年は73億円の企業まで成長させている。

Dsc05249
重慶の女その3 今回も重慶での3日間は、小小が、付きっ切りで同行をしてくれてとても楽しかった。ま、重慶には小小に会うのが一番の目的だけど

2011年5月27日 (金)

中国ギャルとグルメツアー4日目(広州→重慶))

Dsc05184
■グルメ  広州市内で、飲茶を食べる。どれもとても美味しかった。今日は街で買い物や、ウィンドショッピングをした。

Img_4001
広州4日間は、帳静さんに、付きっ切りでお世話をしてもらった。毎日、素晴らしい企画で、ギャルもグルメも大満足でした。

■グルメ
Img_4015_2
重慶と言えば火鍋。辛いけど美味しい。大好きなので、趙欣さんに、お願いして屋台の火鍋に連れていってもらった。

■ギャル

Img_4018_edited1

重慶の女その1 キャー素敵なキムタクさーーーん」とむしゃぶりついてくるギャルたち 

Dsc05200j

重慶でのギャルとグルメツアーの企画は、趙欣さんにしてもらいました。

2011年5月26日 (木)

中国ギャルとグルメツアー3日目(韶間→広州)

Dsc05088
韶関2日目は、午前中、丹霞山という有名な山登りです。
写真は、自然にできた岩です。ま、これ以上の説明は、控えさせて頂きます。

Dsc05141

昼食は、張静さんの家族と一緒にして、それから広州に戻ります。

■グルメ
Dsc05135
昼食は、韶間の地方料理で、川魚料理や、川のエビ、豆腐などどれもとても美味しかった。

Dsc05156
夕食は、お願いして屋台へ連れて行ってもらった。羊串や魚、肉、貝柱などこちらもとても美味しかった。それに、4人で食べて飲んで2000円くらいととても安い。

■ギャル
Img_3996
広州の女その3・「キャー素敵なキムタクさーーーん」とむしゃぶりついてくるギャルたち。決してやらせではありません。

2011年5月25日 (水)

中国ギャルとグルメツアー2日目(広州→韶関)

1306276723704.jpg
朝はホテルでゆっくりして、ブログ、mixi,twitter,Facebook
を巡回した。広州南駅から、韶関行きの高鉄(新幹線)に乗った。
40分ほどで着いた。
昼食は、これまた広東料理で、個室に案内されたら、張静さんのご両親とお姉さんが待っていてくれて、ご馳走になった。


1306276736666.jpg
張静さんの家族と。


1306276741142.jpg
張静さんの実家で、お母さん手作りの広東料理。最高のおもてなしに感謝、感激。

広州の女その1

1306276747273.jpg

■広州の女その2

1306276752173.jpg
「キャ〜キャ〜素敵なキムタクサーン」と広州でも群がってくるギャルたち。

2011年5月24日 (火)

中国ギャルとグルメツアー初日(広州)

Img_3917
「旅はどこへ行くかではなくて、誰と行くかだ」と、いうことで、好朋友の中島さんとの楽しい旅。私は遊び、中島さんは中国語ホームページ制作のための研究開発のため。(成田空港にて)

Img_3932
■グルメ
 広州の名物料理(どれも美味しい)
Img_3933
美味しい。美味しい。

■ギャル
Img_3925_2
広州でも、「キャー素敵なキムタクさーーーん」とむしゃぶりついてくるギャルたち」(アジア大会のメイン会場前で)
Dsc04968
食後は、珠江での夜景を見る遊覧船に。
------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(5月24日)

『「イエローハット」の由来』

 「交通安全の黄色い帽子」がイエローハットという店名の
 由来です。
 当時業界は、ほとんどが暴走族相手の商売でした。この
 実態を苦々しく思っていた私は、女性でも気軽に立ち寄れる
 ようなお店作りに努めました。具体的には、まずトイレを
 きれいにしました。イエローハットに来たら、「暴走なんか
 できない」という気持ちにさせるようなお店にしたかったから
 です。

2011年5月23日 (月)

掃除に学ぶ会&MGの化石発掘

Img_3875
午前中は、江波小学校での、広島掃除に学ぶ会

Img_3886
最後にみんなで、「今日の日はさよなら」と「故郷」の合唱。かずんさんに修復して頂いた45年愛用のカマカのパイナップルウクレレで。

■西研MG化石の発掘
Img_3893
東京の馬喰町に移動して、MG仲間と20年ぶりくらいにあって、どううしよる会を開いた。左から、中尾さん、下斗米さん、小西さん、末松さん、キムタク、宮川恵さん

Img_3892
その頃、雰囲気が似ているということで、「井辻3兄弟」と言われていた。私が長男、末松さん次男、小西さんが三男。

Img_3894
禿げ度チェック。私が一番禿げていた。

■「キャー素敵なキムタクさーーん」とむしゃぶりついてくるギャルたち
Img_3902
やはり、東京でも、モテモテ!

2011年5月22日 (日)

3G会

Dsc04899
「キャー、素敵なキムタクさーーーーん」と、むしゃぶりついてくるギャルたち。

今月の3G会は、焼肉でした。ギャルと二人と、写真係の背後霊でした。わいわいガヤガヤと、やはりギャルとの食事は楽しいなあ。

----------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(5月22日)

 『人の顰蹙を買わない』

 周囲の人の顰蹙を買うような生き方をしない。私が
 心がけてきた作法です。
 理由は、私自身、かつてひどい目に遭わされて、そのことが
 どれだけ辛いことかということを身をもって体験してきた
からです。
 無意識のうちに顰蹙を買うような生き方をしていることが
 あるかもしれませんが、少なくとも、気づいていてわざと
 やるということは絶対にしません。

2011年5月21日 (土)

5月の禿げ増す会

■禿げ増す会の目的 

禿げのコンプレックスにめげず、毛無し合いは、止めて、お互い禿げ増しあって明るく元気に生きていくため。 

Dsc04885
今月は、カナダカン祇園店で、禿げ6人、準会員(入会したいけど、まだ禿げ方が足りないので、体験入会)1名、美人ギャル6名で楽しくしました。

Dsc04661
時節柄、コメントは控えさせて頂きます。

Dsc04665
時節柄、コメントは控えさせて頂きます。

Dsc04711
ま、こんな感じです。

------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(5月21日)

 『人の顰蹙を買わない』

 周囲の人の顰蹙を買うような生き方をしない。私が
 心がけてきた作法です。
 理由は、私自身、かつてひどい目に遭わされて、そのことが
 どれだけ辛いことかということを身をもって体験してきた
からです。
 無意識のうちに顰蹙を買うような生き方をしていることが
 あるかもしれませんが、少なくとも、気づいていてわざと
 やるということは絶対にしません。

2011年5月20日 (金)

月命日

Img_3857
妻の月命日には、妻と仲良しだった長束駅の近くにある平松花店に花を買いにいく。もう一年以上にもなるが、そこの奥さんが最初のうちは「奥さんへ」と、花をサービスすてくれていて、それがずっと今でも続いている。最近では、そっと黙ってサービスをしてくれている。今日は、ひまわりを頂いた。いつも感謝の気持ちで一杯です。

Img_3860
同じ三滝寺にある徳永康起先生の碑にもいつも花を添えている。

Img_3863
三篠にあるホワイト餃子を昼食に食べた。1人前は、8個だが、私はいつも倍の16個を食べる。とても美味しい。

Img_3865
妻の姉も毎月命日は、妻が好きだったサンダーソニアを送ってきてくれている。

-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月20日)

『繁盛の基本』

 「来る人には楽しみを、帰る人には喜びを」。小売業を繁盛させる
 ための基本だと思います。そのためにはどうするか。

避けて通れない
 一つが、徹底した優しさの追求です。
 具体的には、人なつっこい応対、掃除が行き届いた明るい店内、
 目に優しい商品の展示、お店の中にいるだけでゆとりが感じられる
 気持ちいい雰囲気づくりなどです。

2011年5月19日 (木)

紺屋

Img_3856
この前、亡き妻(かあさん)が、お好み焼きが好きで、良く行ってた店のことを書いた。かあさんは、脂っこい料理が苦手で、特にラーメンは好きではなかった。しかし、中広?にある紺屋のラーメンだけは、好んで食べていた。

Img_3855
最後に妻と座ったカウンターの席を見ながら、油そばを食べた。無化調とのことで、かあさんにとっては食べやすかったのかもしれない。
-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月19日)

 『非凡』

トイレ掃除というような平凡なことであっても、継続して
 実行しておりますと、非常に大きな力になります。
 さらに徹底していきますと、平凡なことが非凡に変わって
 いきます。
 非凡になることは、何も特別なことをすることでは
 ありません。
 身の回りのありふれた平凡なことを、誰にもできないくらい
 徹底して継続することです。


2011年5月18日 (水)

復活!!

Photo
20才の学生の時から、45年間(年がばれる)愛用していたkamakaのパイナップル型ウクレレが、見るも無惨に壊れてしまった。あちこち、ヒビが入っていたが、それでも愛用していた。

Img_3854
mixiで、「オーマイゴッド!」と、上の写真を載せたら、マイミクのかずんさんが、「お手伝いしましょうか?」とのコメントがあった。mixiに写真に載せたときから、かずんさんなら修理できるんではないかと期待していて、コメントが入ってきてラッキーと思った。修理お願いをしていて、出来ましたよと、いうことで今日(17日)受け取った。キレイに修復されていて新品のようになっていた。

Dsc04638
感謝の気持ちを込めて、カナダカン祇園店で、ワインで完敗!かずんさん、ありがとうござました。いろいろお話を聞くと、家族5人なので、我が社の餃子の皮はいつも5袋使っているとか、カナダカン廿日市店にも昔良く行っていたとか、ひろしまランメン祇園大橋店には、独身時代毎日のよう行ってくれて常連だったとのこと。「お客様は神様」です。

-------------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月18日)

『心配するだけでは・・・』

 最近読んだ本の中で、次の一節が目に止まりました。「ただ
 一人の人に正しいことをするよりも、幾千の人たちのことを
 心配することの方が楽である」。
 たしかに、ただ心配するだけならば、たとえ相手が何百人
 いようと難しいことではありません。しかし、一人でも
 実際に救うとなると大変です。
 この大変なことをしなければ、世の中はよくなりません。


2011年5月17日 (火)

もりそば

Img_3843
昼食は、会社の近くのラーメン屋さんで、「もりそば」を食べた。関東風のつけ麺とのことで、麺が極太で、コシが会って美味しかった。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月17日)

 『繁盛店』

 店員が、暇そうに手持ち無沙汰でいる店と、こまめに
 立ち働いている店があったとします。そこで質問です。
 はたしてお客様は、どちらのお店に引き寄せられるでしょうか。
 答えは、こまめに身体を動かしているお店に引き寄せられる、
 が正解です。
 この答えは間違いのない事実です。繁盛店をめざすのであれば、
 とにかく自分自身の身体をこまめに動かすことです。

2011年5月16日 (月)

お好み焼き

Img_3842
亡き妻は、食べることはあまり興味なかったが、お好み焼きだけは好きだった。良く一緒に行ったはいからさんで、いつも座る場所に座って、いつも食べているモーちゃんというプリプリホルモン入りのお好み焼きを食べた。
そういえば、妻とは趣味、好みはすべて逆だった。映画にも良く行ったが、妻が見たくない映画でもずっと付き合ってくれていた。コンサートも、松山千春、森山良子、谷村新司、五輪真弓、高橋真梨子なども良く行ったが、妻はあまり好きではなかっと思うけど黙って付き合ってくれていた。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月16日)

 『リーダー不在』

 徳川幕府を打倒し、明治維新を樹立するための、原動力に
 なったのは下級武士でした。当時、時代の大きなうねりの
 中で、殿様や重臣たちは右往左往するだけで何もできません
でした。
 現代の日本もまったく同じような状況に陥っています。
 肩書だけのリーダーが「ああだ」「こうだ」と言っている
 だけで、具体的な行動は何も示されていません。

2011年5月15日 (日)

広島MG道場

Dsc04595
今月のMG道場は3卓14人でした。たなあさんのインストで、今日も楽しく勉強しました。

Dsc04594
賢そうな「打倒えひめチーム」・・・8月のえひめ・広島対抗MGに備えて、特訓に特訓を重ねています。なんとしてでも6連敗を阻止しないといけないということで、あの手この手を研究中です。

Dsc04596
プロ野球の内川さん(左端のソックリさん)の卓です。若い人が増えてきて、楽しい会に鳴りましたが・・・ギャルが少なすぎる・・・

Dsc04597
MGは、「勝ち負けの自己資本が大事、それより100期をめざす期数が大事、その期数より、交流がもっと大事」ということで、MG+交流会のセットが広島MGの特徴です。いつもカポドルが働いている「いた和り家」でしています。

Dsc04598
「キャー素敵なキムタクさーーーーん」むしゃぶりついてくるギャルです。
MGのGは「ギャルのG」です。やはり交流会もギャルが入るとみんなテンションあがって大いに盛り上がります。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月15日)

 『先祖のおかげ』

 人間はつい、自分だけの努力で人生を送っているように
 思いがちですが、そんなことはありません。
 ほとんどが両親、あるいはそのまた両親という先祖の
 恩恵を受けて生かされているわけです。
 幸い、私が道を踏み外すことなく生きてこられたのも、
 私の両親が人に迷惑をかけず、顰蹙を買うことのない
 生き方をしたおかげだと思っています。


2011年5月14日 (土)

送別会

Dsc04593
吉林省から日本に留学に来ていた王茗芳さんが、急に帰国することにまった。広島YMCAから、広島経済大学、大学院を卒業されて就職する予定だったが、大地震の影響で就職が厳しくなったのと、ご両親からも日本は今不安定だから、取りあえず帰ってきなさいということになった。王さんとは、身元保証人になっており、最近では奨学金の更新?のときに、印鑑がいるということでその時だけ、ちょっと話をするくらいだった。あまりゆっくり話をしたこともなかったので、送別会ということで、中華料理を食べながら色々話をした。日本のことを好きになってくれていて、旅が好きで多くの観光旅行もされたとのこと。私も旅が好きなので、いつの日か、吉林省の王さんを訪ねてみたいと思っている。
-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月14日)

後で・・

2011年5月13日 (金)

可愛い壮眞

Dsc04501
特に今日は話題も無いので、可愛い壮眞の写真を!

Dsc04503
やんちゃで、いつも私の頭を叩いてくるけど、やはり可愛い。

---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月13日)

『大変なこと』

 「仕事上、一番大変なことは何か」
 店回りをしたとき、社員によく質問します。その質問に対し、
 待ったましたとばかりに、ありとあらゆる「大変なこと」が
 出てきます。もうこれ以上出ないというとき、白板に書くのが
 「お客様が来ない」という言葉です。「もし、このこと以上に
 大変なことがあったら言ってほしい」と申しますと、皆、下を
 向いて黙ってしまいます。

2011年5月12日 (木)

壱岐MG2日目&ギャルとグルメの旅

Img_3818
MG二日目9卓で4・5期をしました。

Img_3819
昼食は、イチヤマさんのお弁当。ウニ飯と、壱岐牛のタタキ入り。

Dsc04573
最優秀経営者賞は、河合さん。

Img_3825
福岡に戻っての5.5期は、ギャル無しで、広島MGグルメ探求とリオで、ギョウザを食べた。
---------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月12日)

『努力は報われる』

 たとえば学校の勉強。一所懸命勉強してもしなくても、
 もしかしたら試験の結果が同じ点数のときがあるかも
 しれません。「だから、勉強しても、しなくても同じ」
 と考える子供がいたとするならば、それは間違いです。
 今日は同じであっても、努力の成果は必ず、明日から先に
大きな差となって現れてきます。ムダな努力はありません。
「努力は必ず報われる」。そう信じることです。

2011年5月11日 (水)

壱岐MG初日&交流会

Img_3810
MG初日はG卓から

Img_3808
広島のMG仲間に誕生日祝いに作ってもらった「マイ会社盤」の筆下ろし。

Dsc04549
交流会は、いっぱい刺身盛り、食べきれないくらいあった。

Dsc04565
待望の壱岐ウニ。ウニご飯は、ウニが2対ごはん1の割合。タッパーにどかっと入っていて、ウニ食べ放題だった。タップリ食べさせてもらって大満足。

Dsc04564
壱岐牛も食べ放題!美味しかったあ。

Dsc04567
グルメときたら、次はギャルじゃね。「キャー、素敵なキムタクさーーーん」とむしゃぶりついてくるギャルと・・・・西先生(^_^;)
------------------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(5月11日)

『尊重される生き方』

 いい人生を送るためには、人から尊重されるように
 なることです。
 尊重されるためには、「あてにされる」「頼りにされる」
 「好かれる」、そんな生き方を心がけることです。
 具体的には掃除をすることです。身の回りを掃除して、
環境を整えると人から尊重されるようになります。
 伊勢神宮が尊重されるのは、いつもきれいに掃き清められて
 いるからです。

2011年5月10日 (火)

壱岐MG&グルメとギャルの旅・前夜祭

Img_3790
まずは、鹿児島行きさくらで、たこ天で軽く1杯

Img_3791
博多駅で、一口餃子と豚骨ラーメンで軽き一杯

Img_3794_2

壱岐について、OA会場で軽く勉強

Img_3799_2

前夜祭で軽く壱岐牛のタタキ

Img_3802

軽くウニ飯

Dsc04548

やっぱりギャルがいると盛り上がる。左から二人目は10年ぶりのマイタイさん、その隣が20年ぶりの佐藤さん

----------------------------------------

鍵山秀三郎の一日一話(5月10日)

 『掃除をしながら・・・』

 「私がこのゴミを拾わなければ、一日中、ここを通る人の
 目に触れる。私がこのゴミを拾えば、通る人たちが汚いゴミ
を見ないですむ」
 毎朝、掃除をしながら、最近そう思うようになりました。
 特に、通学中の子供さんや通勤中の社員、来社されるお客様が
 ゴミを目にしなくてもいいように掃除をしております。
 きれいにしておけば、心の荒みもなくなるはずです。

2011年5月 9日 (月)

第301回広島掃除に学ぶ会

Img_3769
臨時掃除に学ぶ会として、東広島市の志和中学校で、5回目の会が開催された。生徒さんがとても素直で、熱心に取り組んでくれたとリーダーさんからのコメントが多かった。



Img_3771
体育館のトイレ担当の6班にみなさん。早く終ったので、玄関周りまでキレイにしてきれました。




Img_3774
掃除の後で、広島掃除に学ぶ会の「禿げ増しトリオ」で、カナダカン祇園でミニ禿げ増す会をしたが、ギャルがいないせいかまったく盛り上がらなくてお通夜みたいだった。話題は、どうしたら「禿げ増す会の定例会にギャルが多く参加してくれるかとあとは、毛無しあいばかり。

--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月9日)

『繁盛しない原因』

 「お店が古く汚くなってきた」「立地が悪い」「商品が
 ライバルに負けている」「値段が他店より高い」・・・。
 繁盛しない原因としてあげられるもっともらしい言い訳です。
 しかし、お客様が求めている本当のサービスは、そんなこと
 ではありません。
 お客様はそれ以上に、店員の無関心な態度に不満を持ち、
 愛想をつかして来店されないことを知るべきです。

2011年5月 8日 (日)

AKG22

Dsc04539
AKG22(ギャルとグルメの会)・・時節柄、コメントは控えさせて頂きます。



Img_3763
薬研掘通りの、長谷川のネギラーメン(ネギの大盛り)・・1000円
このラーメン、大好きです。美味しいよお。



----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一語(5月8日)

 『変わった人』

 「あの人は、いくつになっても変わらない」と言われるような
 生き方だったら考えものです。

己の怠慢を反省する必要があります。
 願わくば、「あの人は、このごろすっかり変わった」と言われる
 ような生き方ができれば、何よりです。気づきが身についた
 証です。
 もっとも、私のように「変わった人だ」と言われるようでは
 問題です。

2011年5月 7日 (土)

だいすきなおかあさん

Dsc04536
壮眞が幼稚園で、おかあさんの似顔絵を書いてきた。「えーー、なに?この絵は?」と思ったけど、「壮眞、上手ねえ、お母さんそっくりじゃね。」と、言ったら、「おかあさん、髪を結んどるのに、書くのを忘れた」と、言ったけど、「そんん問題じゃあないじゃろが・・・」と、思ったけど、「そうよねえ」と、言ってあげた。「壮眞、お母さんが、大好きなんよねえ」、「うん」、「じゃあ、じいちゃんは?」と聞いたら、「デブ」と返ってきた。

2011年5月 6日 (金)

子供の日・壮眞とフラワーフェスティバル

Dsc04509
歩いて行く途中にすぐに、ソーセージを食べて、しばらく河辺で時間をつぶす。


Img_3747
しばらく歩くと、アイスが欲しいと、だだをこねて、しばらくここでも時間をつぶす。



Img_3750
3歩以上は、抱っこかおんぶで、全く歩かない壮眞!



Img_3751
笑顔で記念写真



Img_3753
2時間くらいかかって、やっと目的の、「ハワイアンフェスティバル」の会場へ!2時間くらい見ようと思ったけど、壮眞が帰ろう、帰ろうというので、10分で、後ろ髪(無いけど)を引かれる思いで会場をでる。

このあと、壮眞は、ポテトとむすびを食べた。



Dsc04532
帰りに、三原から来ている愛子家族に遭遇して、記念写真。



Img_3756
やれやれ、子供の日が終わったと思ったら、「公園で遊ぶ」と言い出して、ここで、ブランコに乗ったり、サッカーや鬼ごっこをして、おじいちゃん、もうクタクタに疲れたあ。

◎かずんさんと、ウクレレ談義

Img_3758
夕方は、mixiのマイミクのかずんさんに、バリバリに壊れたカマカのウクレレを修理依頼のために、カナダカン祇園店で会う。アロハな雰囲気で、しばらく、「ウクレレ談義」

16384068_1114448329_31large
かずんさんの工房?の人間ドックならぬ「ウクレレドック」入り。

----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月6日)

『私の尊敬する人物』

 詩人の坂村真民先生、教育者の故森信三先生、書家の
 故相田みつを先生。
 この三人を、私は心から尊敬しています。
 このお三方は、どなたも言葉だけではなく、実際に行動
 してこられた方々です。そのご苦労と人生体験が言葉や
 文字になって表れています。
 言葉と行動が一致しておられるので尊敬しています。

2011年5月 5日 (木)

フラワーフェスティバル

Img_3695
午前中は会社にいて、昼から一人でフラワーフェスティバルに行った。ついてすぐにいい臭いがしてきたので、宮崎地鶏で軽く生ビールを・・・・



Dsc04473
ウクレレ教室の横光先生が出演されているすみれステージへ



Dsc04470
うーーーん、ハワイアンとフラは、ええのお。




Dsc04477
やっぱり、フラは若い女性に限る!!!!



Img_3709
中休みに、ホルモン焼きと焼きそばで、軽く生ビール・・・・・・



Dsc04490
会場を移動して、さつきステージのハワイアン演奏へ!



Dsc04499
うーーん、やっぱりハワイアンとフラは、ええのお。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月5日)

『不合理を合理的に』

 仕事も人生も、合理的なことばかりがあるわけではありません。
 むしろ、現実は不合理なことのほうが圧倒的に多いのでは
 ないでしょうか。
 だからといって、不合理なことを不合理なままにしておくので
 あれば、そこに努力も工夫も必要ないことになります。
 不合理なことを何とかして合理的にしようとしたときに、人間は
 努力もし、工夫もするものです。

2011年5月 4日 (水)

壮眞と遊ぶ

Dsc04430
朝から、「じーちゃん、イオン行こう!」と何度もせかされるので、一緒に遊びにいった。まず、ゲームを5つくらいして・・・・


Dsc04433
アンパンマンに乗って・・・・・



Img_3684
わざと、ふざかた顔をして・・・ご満悦!



Dsc04427
ポテトとうどんを食べて・・・・・・



Dsc04462
最後にアイスを食べて、フルコースが終わる。その間の移動は、まったくあるかないので、このカートに乗って移動する。壮眞の特徴は、3歩以上は、「だっこ」か、このカートを乗る。
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月3日)

 『小悪を為さず』

社会情勢を憂えて、声高に問題点を指摘する人は数多くいます。
 しかし、いくら言葉で立派なことを唱えても、何の問題解決
 にもなりません。
 たとてそれがどんなに小さな取るに足らないことであっても、
 具体的に実行していく。この実践力がなければすべて空論に
 終わってしまいます。
 大切なのは、みずからが「小善を為し、小悪を為さず」という
 精神です。

2011年5月 3日 (火)

戦略社長塾

Img_3669
6時から9時まで、ランチェスター戦略(地域戦略)の勉強をして、そのあと恒例の飲み会(柳生さんと、直子は飲み会は欠席)・・・やはりグルメと交流が一番じゃね。(今回ギャルは欠席でした。)
--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月3日)

 『伸びている会社』

 現在、衰退している会社の共通点は、過去の栄光とか実績・伝統に
 しがみついてきたことです。
 反対に、伸びている会社は、いま自分たちにできることは何か、
 お客様に満足してもらうためにはどうしたらいいかということを、
 日々真剣に考えて実践しています。
 そういう会社は、過去の実績や伝統がなくても、どんどん伸びて
 います。

2011年5月 2日 (月)

息子夫婦からも誕生日プレゼント!

Img_3659
娘たちからは、誕生日プレゼントが来たけど、長野に出張に行っている息子から来ていないので、twitterで、「プレゼントまだあ?」と、請求したらカッコいいシャツのプレゼントをしてもらった。なんでも、言ってみるもんだなあ。



Img_3658
芸術作品のようなバースデーケーキで、食べるのがもったいないくらいでしたが、皆さんのお気持ちでしたので、「共食い」?という人もいたけど美味しく食べました。



Img_3655
おまけは、壮眞のウルトラマン!
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月2日)
『人間の温もり』

 人間はだれでも、大なり小なり心の傷を持っているものです。
 その傷を癒してくれるのは、人間の温もり以外にありません。
 温もりによって癒されていくのだと思います。
 私はその温もりを自分自身で身につける方法として、徹底した
 掃除を永年続けてまいりました。
 そして、できるだけ人を喜ばせることを心がけてきました。

2011年5月 1日 (日)

1Day戦略社長塾&サプライズ!!!!!!!!

Img_3643
朝10時から18時までの、いつもの戦略社長塾、遅刻者も何人かいたが午後からはその8席が満席になり、あと二人も遅れてくるとのことで、「いやーー、珍しいね。全員集合なんて・・・」と、なんとなく呟いた。



Img_3644
井上会計事務所のすぐそばに、「ばばじ」という知る人ぞ知るという隠れた名店がある。勉強中トイレに行くと「カレーの臭い」がかなり強烈にして、「早くおいで」と誘っているようだ。私はばばじカレーの大盛り800円を食べた。さすがに美味しい。



1Day戦略塾は、8時間ビッシリで疲れるし、このメンバーとは、月に4回も勉強会をしているので、4回とも飲み会だと、奥さんに怒られるかもしれないので、この会だけは「終わったあとの飲み会」無しということで、いつもは終了後に解散することになっている。しかし、連休前だし、福ちゃんから「飲み会しませんか?」とfacebookで誘いがあったので、二つ返事で、「参加」表明をした。


数日前から、「いつもお世話になっている井辻さんに感謝する内緒の会」というfacebookのグループを立ち上げて、私に分からないように、「サプライズ・誕生日会」をするという話題で、盛り上がっていたようだった。


(1)一つ目のサプライズは、
Dsc04413
ギャル好きの私のために、いつもは男ばっかりでお通夜のような飲み会だけど、今回は、両手に華、前にも華とギャルを3人も調達してくれていたこと。ギャルがいると私はイッキにテンションがあがるクセがあり、もう笑顔が崩れなかった。しかも戦略社長塾のメンバーが全員参加していてくれたこと。



(2)二つ目のサプライズは、
Img
全員がアイデアを出してくれて、完成した私専用の「MG会社盤」。色んなところに私らしさ?がちりばめていて、これにはビックリしたと同時にとても嬉しかった。私の「宝物」にしようと思うし、MGの時は、必ずこれを使おうと思っている。



(3)3つ目のサプライズは、
Dsc04411
このバースデーケーキ!これにもとてもビックリした。可愛くて、髪が濃いのがとても嬉しかった。



(4)ついでのサブライズは、
Dsc04414
石原プロ(ここだけの話・・アダルトビデオのプロだから、みんなからは「プロ」と呼ばれている。)が大学院を卒業して、これからだ!と、張り切って居たときに、思わぬことがあり、挫折して、かなり落ち込んでいた。私の誕生日が、29日で、プロが28日なので、メンバーのみんなが「ついでにプロの誕生日祝いをして励まそう」ということで、それぞれが、人生の門出に相応しい本とか、自分が感動した本を1冊持参してプロに送った。余談ながら、この飲み会で、プロが「オカマ」らしいということで、石原直子と今日から呼ぶことにした。(いつも、「井辻さん愛してます」と、言って私の体を触ってきていたので・・・なるほどと思った)、思わぬ出来事に、直子は、感動で一冊一冊ながめながら、「この本、読みたかったんですよ」とか、「凄い凄い」を連発して今にも、泣き出しそうなくらいだった。


本当に良いメンバーに恵まれて、至福の時を過ごさせてもらった。それにしても、facebookって、凄いなと改めて感じた。私に秘密だった「いつもお世話になっている井辻さんに感謝する内緒の会」のグループに入れてもらって、最初からのやりとりをじっくり見させてもらったが、みんなが私に気づかれないように苦心しているところとか、私がどうしたら喜ぶかなど、色んなやりとりがあって、後から読ませてもらってもとても楽しかった。みんな、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(5月1日)

『有利なことは控え目に』

 自分にとって有利(得意)なことはできるだけ控え目に。
 反対に、自分にとって不利(不得意)なことはできるだけ
 多めに。
 この考え方で生きてきました。
 有利(得意)なことを、無神経に実行していますと、人の
 反感を買います。
 不利(不得意)なことを、前向きに行っておりますと、
 人からの理解が得られるようになります。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30