« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

第50期井辻食産株式会社経営計画発表会

Img_4368
永年勤続表彰

Img_4370
社長による、経営計画の発表

Img_4371
戦略社長塾のみなさんにもきて頂きました。


Img_4374
第2部は、ティアにて、懇親会。写真は、チーム対抗早食い大会。

Img_4381
壮眞と、はるかちゃん(^_^;)

------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月30日)


 『お店を育てる』

 お店をよくする方法は、「育てる」という考え方を
 持つことです。
 普通、お店を一つの施設とかモノとして商売に「使う」
 という考え方をします。そんな考え方では、せっかくの
 お店が日に日に劣化していきます。
 そうではなく、お店は活かしていくものです。育てる
 ものです。こういう考え方が血肉になっていけば、社員も
 一緒に育つようになります。


2011年6月29日 (水)

今日は一日

Img_4342_3

今日は、午前中は、社長の代理で、全店に給料配りに行き、午後からは、NHK広島放送センターの2階ギャラリーでの、写真展の受付(留守番?)で、夜は、G&G(ギャルとグルメの会)と、久々に充実した一日だった。


Img_4349
グルメの会は、タウン誌に載っていた新店舗に行ってみたが・・・コメントは控えさせて頂きます。いずれにしても、ギャルとの食事は楽しいものです。写真教室に通っている割には、顔が切れたりしていますが・・・・がははははは!

--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月29日)

『掃除の不思議な力』

 掃除をすると、社風が変わります。
 たとえ厳しい状況にあったとしても、社員の表情が明るく
 生き生きとしてきます。人によっては、見違えるほどよい
 人相になります。当然、家族や周囲の方々に対して気遣う
 ようになり、性格が穏やかになります。不思議です。
 掃除には、ただ単に周囲をきれいにするだけではなく、
人間を根底から変える力があるようです。


2011年6月28日 (火)

写真展の準備

Img_4331
通っている「デジタル一眼レフ教室」主催の写真展があるので、その準備の手伝いに行った。NHK広島放送センター2階で、28日から7月3日まで、開催されます。近所を通られるかたは、お気軽に!


Img_4334
私の作品は、壮眞ネタです。ハワイで、外人に英語で話しかけられて、固まってしまっているところです。

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月28日)

『上京時の私』

 仕事のため上京したのが二十歳のときでした。
 東京駅に着いたときの私は、無一文で惨憺たる
 社会人としてのスタートでした。しかし、いまでは
 それがよかったと確信しています。
 帰りたくても帰るお金がなかったからこそ、その後の
 さまざまな苦難を乗り越えることができたと感謝を
 しているのです。


2011年6月27日 (月)

第304回広島掃除に学ぶ会

Img_4318
10年ぶりくらいの八幡東小学校でした。地区での活動が活発で、多くの父兄が参加して下さっていた。


Img_4322
山口市から初参加の市川さん。この笑顔がいいですね。

-----------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月27日)

『日本は不況か』

 いまの日本はホントに不況か。率直に言って、不況では
 ありません。
 ではどうして不況と感じるのか。われわれ日本人の望んで
 いることが、現状よりいつも大きいからだと思います。
 たえず、努力した以上のものを求めているからだと思います。
 われわれは、その差を不況と感じるのであって、昔と比べて
 いまの日本はけっして不況ではありません。

2011年6月26日 (日)

フェンダーFender

Img_4291
学生時代に、Fenderのスチールギターとアンプは、高嶺の花で、あこがれのブランドだった。


Img_4297
ギターメーカーのフェンダーが、最近、ウクレレを売りに出した。意外と安い値段で、前から欲しい欲しいと思っていたが、ついに買ってしまった。

Img_4293
これが、あこがれのFenderのマーク。


------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月26日)

『社長交代』

 後任社長を任命したとき、固辞されました。理由は、
 「いままで掃除をやってこなかったし、これからも
 できないから私に社長は務まりません」ということでした。
 そこで「私と同じことをやるんだったら、あなたに
 頼みませんよ」と説得して引き受けていただきました。
 社長交代にあたり、私と同じことをする後継者では意味が
 ないと思います。違っていていいんです。

2011年6月25日 (土)

禿げ増す会

Dsc05357
今月は、ティアで、禿げ6人、美人ギャル5人での、禿げとギャルとのグルメの会でした。


Dsc05337
恒例のゲームで、罰は、卵食べです。

---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月25日)

『カッコよいこと』

 「カッコのよさは破滅につながる」
 三浦綾子記念文学館で目にしたこの言葉が、強く印象に
 残っております。
 たしかに、自分でカッコよいと思っていることはことごとく、
 他人から見たらカッコ悪いことばかりです。滅びへの道だと
 思います。一方、掃除は見た目に不格好です。自分自身を
 飾りようがありません。だからこそ、周囲の方々から好感を
 持たれるのかもしれません。

2011年6月24日 (金)

apple全員集合

Dsc05322
apple製品の全員集合です。つい、appleの製品はカッコいいので買ってしまいます。

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月24日)

あとで。


2011年6月23日 (木)

新マシン

Img_4258
今まで、使っていたアイスクリームマシンは、中古で譲り受けて、相当使っているので、良く故障をしていた。販売店に「中古でいいの無い?」と、聞いていたら、ショールームに飾ってあったもので、旧型があります。とのことで、早速購入した。新品だと390万円もするそうだ。新古品だとびっくりするくらい安く入手出来た。これからも美味しい「栄ちゃんアイス」を作っていこうと思う。

---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月23日)

『譲る世界』

 できるだけ譲る。私が心がけてきた信条の一つです。
 できるだけ譲るようにして生きてはきましたが、ある一線を
 越えたら一歩も譲らないようにしております。
 一歩も譲らないのは、私個人の利害からではありません。
 これを譲ったら、社員が幸せにならない。相手にもよくならない。
 この二つが、譲らないときの私の判断基準です。


2011年6月22日 (水)

ギャルとグルメも再開

Img_4248
2週間、休んでいたG&G(ギャルとグルメ)も、再開した。焼肉だったが、うーーーーん、コメントは控えさせて頂きます。

----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月22日)

『複写はがき』

 複写はがきを書くとき、心がけていることを三つだけ
 紹介します。
 一つ、たとえ下手な字であってもつづけ字にせず、一字一字
 丁寧に楷書で書く。
 二つ、表書の住所・氏名は筆字で書く。
 三つ、郵便番号はボールペンで書く。
 複写はがきは掃除と同じように続けてきました。

2011年6月21日 (火)

Google apps勉強会

Dsc05316
戦略社長塾の時間を利用して、福山さんに、「google apps入門」の勉強をして頂いた。色んな質問や、勉強会の進め方などのアドバイスもあり、とても充実した会になりました。

---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月21日)

『唾面自乾』

 やくざに監禁されたうえ、日本刀を突きつけられて、脅された
 こともありました。顔に唾を浴びせられて、ののしられたこと
 もあります。
 そんなとき、自分自身に言い聞かせた言葉が「唾面自乾」という
 中国の言葉です。たとえ顔に唾を吐きかけられても拭かずに、
 自然に乾くまで耐えよという教えです。私は、この言葉によって
 ずいぶん救われました。

2011年6月20日 (月)

ひろしまランメンで昼食

Img_4237_2
壮眞に昼食何が食べたいかと聞いたら「餃子」というので、ひろしまランメンに行った。昨日からアルコールが解禁になったので、つい昼からビールを飲んでしまった。昼からのビールは格別に美味しい。

--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月20日)

『日本の評価』

 かつて、右肩上がりに経済が伸びていたころ、日本に
 対する世界の評価はどういうものであったか。
 「ただ金持ちになっただけのエコノミックアニマル」と
 批判されていました。
 再びそのような批判を浴びないためには、この厳しい時期を
 しっかり受け止め、本当の力を蓄えていくことだと思います。
 そうすれば、再評価されるときが必ずきます。


2011年6月19日 (日)

6月の広島MG道場

Img_4226
今月は、神戸から、橋本さん、福本さん、名古屋から、鵜飼さんが来られて、3卓18名と多くの方に来て頂きました。


Img_4235
自宅に帰ると、プレゼントがありました。

---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月19日)

『苦境時の心構え』

 人も企業も、一直線上で伸びるということはまずありません。
 必ず停滞するときがあります。ときには落ち込むことも
 あります。
 そんなとき、どういう心構えでその時期を過ごすかが大切な
 ポイントです。
 基本は「工夫次第」「自分次第」という考え方です。
 心構え次第で、人生も企業もよくなったり悪くなったり
 します。


2011年6月18日 (土)

今日(土曜日)解禁

先週の火曜日から、苦節12日間、ダイエット?のために、「禁酒、禁肉魚、禁ギャル」の禁欲生活を行ってきた。土曜日は、広島MG道場の交流会があるので、酒を解禁にする。食事も出来るだけ、野菜中心にしようと思う。ダイエット10キロするまでは、頑張ろうと思う。今夜のビールが今から楽しみじゃあ。


Img_4199
壮眞に、「写真撮るよ。こっち向いて」というと、寝たふりをされた。

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月18日)

『人が動くとき』

 人に利用され尽くしたら、人が動いてくれるようになりました。
 自分を守ろうとすればするほど、人は動いてくれないものです。
 自分を投げ出したとき、初めて人が動いてくれるようになりました。
 「私が私を捨てれば、そこにあなたがいる。あなたがあなたを
 捨てれば、そこに私がいる」(山本紹之介)
 けだし名言だと思います。


2011年6月17日 (金)

一眼レフ教室

Dsc05285a
毎週木曜日は、一眼レフ教室。今日は、photoahopを使って、撮った写真の修整をした。


Dsc05285
i色んな編集機能を使って、キレイな写真に。

------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月17日)

『自然農法』

 掃除をすると、不思議と会社の雰囲気が変わってきます。
 社員の意識が変わってきます。日常の不平不満が感謝に
 変わってきます。
 掃除をすると、自然農法で育てられた農作物みたいに
 なるんだと思います。自然農法か化学農法か、作物を
 見ただけではわかりません。しかし、たしかに味が
 違う。もちが違ってくるのです。掃除もそんな力が
 秘められております。

2011年6月16日 (木)

ipad勉強会

Img_4223
広島で、中嶋さんのセミナーがあったので、行ってみた。かなり使いこなしているという自負はあったが、知らないこともあり、とても勉強になった。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月16日)

『問題解決の極意』

 汚いものを見て「汚いなあ」と言うだけでは何の解決にも
 なりません。そのときどうするか。手にゴム手袋をつけて
やるか。柄の長いものを使用するか。手で触るか。
 手で触るのが一番です。手で触ると、汚れの程度がよく
 わかります。きれいにしたときの喜びと実感も湧いて
 きます。問題に近づくことが、問題解決のもっとも
 早い具体的な方法です。


2011年6月15日 (水)

壮眞ネタ

Img_4200
先週の火曜日から、禁酒(ビールも)、禁肉魚、禁ギャルの3禁をしている。大好きなことを休んでいるので、この写真日記のネタが無い。今日は、壮眞を散髪に連れて行った。いやがるのを、「いい子してたら、イオンに連れて行ってあげる」と、釣って連れて行った。


Img_4213
イオンのゲームセンターが大好きで、時間を忘れて遊ぶ。孫が喜んでいる姿が、おじいちゃんとしては、この上なく嬉しい。

--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月15日)

 『人間的魅力』

 「数字を背景にして、傲慢になるな」。
 社員にたえず戒めていることです。
 おかげさまで当社も、思いもかけない売上を上げるように
 なりました。数字が大きくなると、よそ様が自然に頭を
 下げてくださるようになります。
 そのことと、自分自身の人間的魅力とは関係ないことです。
 どこまでも自分自身の人間的魅力で、仕事に従事して
 ほしいと思います。

2011年6月14日 (火)

命名「心美」

Img_4181
新入社員の米崎さんに、「命名」を書いて頂いた。部屋の壁に貼っている。


Img_4196
書いてくれた米崎さん、書道8段とのこと。


Img_4191
ついでに、壮眞。イオンに行くといつも「抱っこ、抱っこ」というので、このように乗せて移動している、

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月14日)

『品性の欠如』

 「管子」の言葉に「衣食足りて、礼節をしる」と
 あります。
 まことに残念なことに、いまの日本は「衣食足りて、礼節を知らず」
 という状況です。平気で食べ物をムダにする人が多くなっています。
 似合わないのに高級な服で着飾っています。
 品性の欠如が原因です。衣食の豊富さに見合う品性の向上を
 急がねば、国が滅びます。

2011年6月13日 (月)

ガランとした元本社

Img_4171
別棟に本社が移転して、ガランとした本社

Img_4175
移転拒否?した「快調室」だけが、ひっそりと奥にたたずんでいる。静かで、いいけど、ちょっと寂しい・・・・・・(>_<)ゞ

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月13日)

『合理的な論理』

 不利なことは切り捨てる。一般企業のもっともらしい
 合理的な論理です。
 しかし、そういう考え方では会社はよくなりません。
 できるだけ不利なことを引き受ける。こういう考え方で
 経営に臨みますと、本当の知恵と才覚が生まれるように
 なります。
 不利なことを切り捨てるだけだったら、冷酷な気持ち
 だけで十分。悔いを残すだけです。


2011年6月12日 (日)

いい気持ち

Img_4169
壮眞は、私の背中を運動場のように思っているらしい。いつも足の裏からお尻そして肩まで走ってきて、前へジャンプしたりする。テレビを見るときは、私を座椅子のようにして寄りかかってくる。股の間に、仰向けになってテレビを見ていたが、静かになったので、振り返ってみると、眠っていた。いずれにしても可愛い。

2011年6月11日 (土)

4人の孫

1
4人の孫を並べてみました。みんな、ユニークな名前を付けていますねえ。
ま、どの子も同じくらい可愛いねえ。
----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(月日)

『エクセレントカンパニー』

 ただ大きいだけで、傍若無人に振る舞っている会社を
 エクセレントカンパニーとは呼びません。
 たとえ、資本が小さかろうが、たえず赤字・黒字の線上を
 漂っている会社であろうが、関係ありません。
 働いている社員一人ひとりが、思いやりがあり、他人に
 迷惑をかけないように心がけている。そういう会社を
 エクセレントカンパニーと呼ぶべきです。

2011年6月10日 (金)

壮眞

Img_4146
特に、ブログネタが無いので、壮眞ネタで。昼間暑いせいか、壮眞は良く裸になる。裸で、iPadで遊んでいるところ。
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月10日)

『流されてない生き方』

 どんなに立派な生き方をしていても、予期せぬ災難とか
 苦難に遭遇するのが人生です。
 そんなとき、普通の人は「私は誰にも迷惑をかけたこと
 がないのに、どうして私だけがこんな目に遭うのだろう。
 不公平だ」と考えるものです。
 こういうときこそ、自分を見失うことなく、周囲に
 流されない生き方を通すことがもっとも大切です。

2011年6月 9日 (木)

小さい本社

Img_4139
今までは、本社・営業部と、食品工場の事務所が2つの棟に分かれていた。何かとコミュケーションが良くないということで、食品工場側に、昨日の休日を利用して移動した。50坪の本社(写真)が、ガラガラになった。殆どの椅子・机・備品を捨てて、20坪ほどの小さい本社になった。「老いては子に従え」で、改革・改革で、若い人の発想は凄いと感心している。

■おじいちゃん
Img_4133
壮眞が「おじちゃんを書いたよ」と、幼稚園から帰ってこの絵を見せてくれた。おじいちゃんは、髪の毛もないし、ヒゲも無いけど、「凄いね。壮眞上手ね」と褒めたらとても喜んでいた。

■ココちゃん(心美ちゃん)が退院!
Img_4131
黄疸があって退院が一日遅れたが、無事、退院して実家に帰ってきた。明日からは、裕子さんの実家に一ヶ月帰るので、しばらく会えなくなるので寂しくなる。
---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月9日)

『いまやるべきことをやる』

 「この秋は雨か嵐か知らねども 今日の勤めに田の草
  を取る」
 疎開先での少年時代、私は農業に携わり、この歌に詠まれた
 ような生活に耐えてきました。
 丹精込めて育てた作物が、収穫寸前に災害に見舞われて、
 努力が報われないこともしばしばでした。しかし、
 諦めずに努力し続けてきたからこそいまの私がいます。

2011年6月 8日 (水)

加奈陀館

Img_4078
現在、Canadakanという生パスタの店が、廿日市、祇園、呉にある。よく「何故、イタリア料理なのに、カナダカンって言うの?」と、いう質問が良くある。30数年前に、「珈琲専門店」のブームがあった。それまでの喫茶店のコーヒーといえば、ブレンドくらいしかなかった。この珈琲専門店は、バルーマウンテンとか、キリマンジャロとか、モカとか、産地別のコーヒーをサイフォンで1杯ずつ立てていた。

我が社もそのブームに乗ろうということで、色々研究していたが、上記のようなカナダから輸入した「カナディアン・シーダーハウス」という珍しい建物があり、目立つので人の気を引くということで、この建物で、コーヒー専門店をすることにした。あと店名だが、やはりその頃の専門店の流行で、伊多利館とかいうように英語を漢字の当て字の店名が多かった。それで我が社もカナダの建物だから、「加奈陀館」とした。
その後、珈琲専門店ブームが去っていったので、少しずつパスタ・ピザを増やしていって、店名をCnadakanに変えたということです。

Img_3004b
現在のCanadakan廿日市店です。
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月8日)

『良知』

 「慮らずして知る、これ良知なり」
 これが正しくないかということを、いちいち考えてみたり、
 人に聞いてみたりしなくても、常識でわかる。これが「良知」
 だという言葉です。
 昔の人は、学問はなくても、みんな「良知」を持っていました。
 ところが高学歴社会が進むにしたがって「良知」、つまり
 常識がなくなり、世の中が乱れるようになったと思います。

2011年6月 7日 (火)

ひろしまランメン

Img_4120
久しぶりに、広島ランメンに昼食に行った。

Img_4121
「どすこいセット」を担々麺で注文した。普通の人は、これで腹一杯になるらしいが、私の場合は、腹八分くらいの量である。

Img_4128
可愛い壮眞
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月7日)

『不都合をバネに』

 好きな物ばかり食べておりますと、人間の身体も
 不健康になります。好き嫌いせずに、バランスの取れた
 食事を摂るからこそ、健康を維持することができます。
 企業も同じです。好き勝手に経営していては会社は
 よくなりません。不都合なことも受け入れて、工夫改善
 するところに新しい細胞が生まれてくるものです。
 不都合が会社を強くします。

2011年6月 6日 (月)

第303回広島掃除に学ぶ会

Img_4115
楠那中学校、楠那小学校のトイレをお借りしての掃除に学ぶ会。小学生、中学生と父兄の方が参加してくれて、とてもなごやかな会になりました。

Img_4117
いつもこのトラックに、一杯の掃除道具を積んできます。

Img_4101
やっぱり、孫は何人おってもええのお。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月6日)

『そのうち一気にまとめて』

 きれいに洗った車で出かけても、すぐ汚れることも
 あります。それでも洗って出かけるようにしております。
 人間というのは「今日はもうじき雨が降りそうだ」「明日
 は降りそうだ」「近いうちに降りそうだ」などと理由を
 つけて、「今日はまあいいか」となりがちです。
 そうなると、「そのうち一気にまとめてやろう」などと
 言って結局やらないものです。

2011年6月 5日 (日)

至福の時

1307246571266.jpg
久しぶりに、てきに行った。ここの串焼きが大好きで、定期的に行っている。


1307246578862.jpg
キャベツがお代わり自由で、とても美味しくて、いつも沢山食べる。


1307246581108.jpg
そのあとは、横川商店街にある一白というラーメン屋で、醤油ラーメンの、爆弾二個入りを食べた。
好きなものを食べれることほど、至福なことは無い。

2011年6月 4日 (土)

全裸

Img_4096
久々、壮眞情報です。壮眞は、全裸で、ウクレレを弾くまねをして、チンチンをビンビン、揺すっておどけるのが最近のクセです。

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月4日)

『苦しみの対処法』

 「苦しみは、人に打ち明けることによって半分になり、
 喜びは人に話すことによって倍になる」
 喜びはともかく、苦しみは人に打ち明ければ、苦しむ人が
 二人になるだけのことだと思います。
 苦しみはできるだけ自分一人で背負い込み、周囲の人まで
 巻き込まない。
 そんな生き方が、見失ってはならない大切な作法だと思います。


2011年6月 3日 (金)

4人目の孫が誕生!!

Img_4091
赤ちゃんとは良く言ったもので、本当に赤い。予定より早く息子(自称天才くん)の長女が生まれた。すぐに病院に行ったが、良く泣いていてとても元気だった。初めての内孫になるので、これからがとても楽しみだ。
------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月3日)

『開放的な社会』

 閉鎖的な組織は、雰囲気も暗くなり、世間の常識から外れた
 自分たちだけのルールで動く傾向があります。反対に、開放的な
 組織は、他者を受け入れ、皆が明る立ち振る舞っています。
 社会の閉塞感を打ち破るには、人も組織も明るく開放的に
 することが先決です。
 そのためには、

自分だけよければいいという考えを捨てることです。
 他者を受け入れる広い心を持つことです。

2011年6月 2日 (木)

今日の昼食

Img_4072

カナダカン祇園店で、今週のおすすめパスタを食べた。

Img_4074
真っ黒イカスミのパスタ。

--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月2日)

『立場の弱い人』

 仕事上、軽視されがちな立場の弱い人に対して、傲慢な
 態度を取る社員がいたら、私はこっぴどく叱ります。
 私もこれまで散々、他人から屈辱的な目に遭わされて
 きました。それだけに、仕入先、郵便配達人、出前の
 配達人等、会社に出入りされる人に接すると、昔の私と
 ダブって目に映ります。
 社員がもし、傲慢な態度で接するようなことがあったら、
 私は許しません。

2011年6月 1日 (水)

私のバイブル

Img_4064_2
中国に行く時には、「新個人旅行 中国」という2センチくらいのガイド本を持って行く。今回行く場所の予習をしたり、次回行きたい場所を探したりする。行ったところに、赤丸を付けている。ざっと数えたら、50箇所くらい行っていた。中国が大好きで、すべてを制覇したいと思っている。あと行きたいところは、海南島、新彊ウイグル地方、チベット、シャングリラなどである。


Img_4066
今回は、香港の近くの広州、韶関、重慶、北京に行った。行く先々で、元留学生いて、熱烈歓迎をしてくれた。

--------------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月1日)

『枠を使い尽くさない』

 与えられた枠は、使い尽くさないように気をつけています。
 たとえば、約束の時間十分前に行く。借りたお金は約束日
 前日に返す。いただいた面談時間五分前に用件をすませ、
 退席する。一千万円の借入枠があったら、八百万円に
 とどめる。
 いつもこのようなことを心がけていますと、ますます自分に
 与えられる枠が広がってくるようになります。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30