« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

東京G&G(ギャル&グルメ)

Dsc06056
飯田橋の寿司屋さんで、可愛い丹丹とトトちゃんと中島さんとで、G&Gでした。寿司も刺身も美味しかった。
-----------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(9月30日)


『宝の山』

 創業時に学んだ教訓の一つに、「いま売れている商品だけが
 ヒット商品ではない」ということがあります。
 つまり、人が見捨てたり、見逃したりしている商品の中にも、
 宝の山があり得るということです。
 逆に、自分が見捨てたり、見逃したりしている商品の中にも、
 宝の山があり得るということを忘れてはならないでしょう。

2011年9月29日 (木)

今日は、一日

Dsc06036_2
南葉山の墓園で、兄の一周忌の法要でした。月日の経つのは、早いものです。


Dsc06040
去年同様、横須賀に住んでいる宮川惠さん宅で、関矢さんの美味しいお酒を頂く。


Dsc06053
夜は、品川のステーキレストランで、北京から出張できている叶さん、張さん、それに千葉に住んでいる劉雲さんと、中島さんとで会食(日中友好)をしました。

----------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(9月29日)

『真の力』

 「満身総身に、縦横無尽に受けた人生の切り創を通して
 つかまれた真理でなければ、真の力とはなり難い」
 森信三先生の言葉にあります。
 私のひと言が、もし他人様に通じるとしたら、私が満身総身、
 創だらけであるがゆえに伝わるのかと思います。
 私は、人に言えないようなさまざまな目に遭いました。
 いまではそれらのことがすべて肥やしになっております。


2011年9月28日 (水)

お好み焼き

1317167254947.jpg
東京に行く前に、広島駅で、久しぶりにお好み焼きを食べました。

2011年9月27日 (火)

長浜ラーメン

Img_5272
昼食は、長浜ラーメンで、「こってり」と餃子、それに替え玉を食べました。横を見ると、ラーメン単品だけの人がおられて、良くその量で足りるなと感心しています。

------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月27日)

『空き缶処理』

 ジュースやコーヒーの空き缶は、水ですすぎ小さくつぶして
 業者に出すようにしています。
 つぶす方法は、テコを利用した足踏み式の缶プレスを使用します。
 つぶすときのコツは、空き缶の底の部分をテコの一番力のかかる
 ところに置くことです。単純なようですが、こういうことに
 気づかないようでは向上心がありません。


2011年9月26日 (月)

第310回広島掃除に学ぶ会

Img_5268
東原中学校での会は、今回で8回目です。多くの生徒さんが参加して下さいました。


Img_5265
運営、進行は生徒会のみなさんがされるので、その事前の打ち合わせをしました。

----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月26日)


 『楽しみはあとに』

 ゆとりは、将来に楽しみがあることから生まれます。
 現代人が昔の人に比べゆとりがないのは、楽しみを
 次から次へと先取りしているからです。
 楽しみを先取りすると、残るのは苦しみだけです。
 イライラして、普通だったら我慢できることが我慢
 できなくなるのです。
 ゆとりのない人は我慢ができません。

2011年9月25日 (日)

戦略社長塾

Dsc06034
朝10時から18時まで、みっちり7名で勉強しました。

-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月25日)


『活路を見出す』

 創業時は希望通りの商品を仕入れることができず、大変苦労
 しました。
 苦心した私は、メーカーの倉庫に積んであった売れ残りの商品を
 分けていただき、私なりの売り方で商売を始めました。同じ
 商品でも売り方を工夫することによって、ずいぶん反響が
 変わってくるものです。
 大事なことは、与えられた条件の中で、工夫して活路を見出す
 ことです。


2011年9月24日 (土)

掃除&3G会

Img_5250
臨時の掃除に学ぶ会が観音中学校で行われました。掃除に学ぶ会からは、37名の参加、学校側からは、370名もの参加がありました。トイレ掃除のみならず、下駄箱や廊下、そして運動場の側溝の掃除までしました。生徒さんが、とても熱心で暑い中を、頑張ってくれてとても清々しい会でした。


Dsc06030
夜は、3G会(祇園界隈で、ギャルとグルメの会)でした。祇園界隈ではなくて、「餃子家龍」のGでした。私は、餃子家龍は3日連続でした。やっぱ、ギャルとグルメは、よかですのお。

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月24日)

『風流な営業』

掃いても掃いてもキリがないのが落ち葉です。
 それでも一度は掃く。この姿勢が大事です。
 同じ落ち葉でも、昨日から落ちていた落ち葉は品がなく
 汚らしいものです。
 一方、いま掃いたあとに落ちた落ち葉は上品で風流なものです。
 自分が掃いたあと、落ちた落ち葉を見て「きれいだなあ」と
 思えるようでなければ、いい人生は送れません。

2011年9月23日 (金)

9月の禿げ増す会

Dsc06026
今月の禿げ増す会は、餃子家龍でした。ギャル3人、禿げ7人でしたが、小じんまりとして、とても楽しい会になりました。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月23日)

 『丁寧な生き方』

 丁寧な生き方をする人を、消極的で弱い人だと勘違い
 している人がおります。
 大きな誤解です。
 丁寧な生き方こそ、積極的で強い意志がなければでき
得ないことです。
 事実、丁寧にやろうとすればするほど、時間も手間も
 必要とします。
 そのうえ、忍耐と工夫がなければできることではありません。
 丁寧な生き方は強固な精神力を育みます。


2011年9月22日 (木)

福ちゃん

Dsc05998
井辻食産は、環境整備定着プログラムを実施することになり、株式会社武蔵野から指導に来て頂いた。メイン講師の、矢島福太郎専務の話を3時間きかせて頂いた。夜は、餃子家龍で会食をし、旧交を温めた。

----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月22日)

 『国会中継』

 国会中継で感じることがあります。
 たいがいの場合、野党議員が攻撃をします。
 しかし、攻撃するだけで、代案が示されないことが
 ほとんどです。
 批判するだけでは何の解決にもなりません。批判や非難
 ばかりをしていると、あたかも自分はできているかのように
 錯覚するのではないかと思います。
 実はこのことが怖いのです。


2011年9月21日 (水)

食べないと飲まナイトのイベントに参加

Img_5218
タイトルのイベントに、戦略社長塾の勉強会を早めに切り上げて、5人で参加した。
「3500円で、5店舗食べ歩き、飲んで食べて一軒700円」という企画で、1000円以上の値打ちのものがデルとことです。人気の店はどこも多くて、満席で入れなくて、空いてる店5軒を食べ飲み歩いた。

-----------------------------------------------------------

鍵山秀三郎一日一話(9月21日)

『恩師の言葉』

 人生のあらゆる場面で勇気づけられたのが「過去相も現在相も
 決定相ではない。過程相にすぎない」という言葉です。この
 言葉は、高校時代の恩師、佐光先生に教わったものです。
 いま逆境でも悲観することはない。逆に、いま順調でも
 有頂天になってはいけない。あくまで一時期の姿にすぎない。
 いまでも、私が座右の銘にしている大切な言葉です。


2011年9月20日 (火)

初めてのマツダスタジアム

Dsc05974
壮眞と初めて、マツダスタジアムで、阪神戦を見に行きました。カープが大勝でした。


Dsc05976
ラグジュアリーフロアーで、50人くらい入れる個室になっていてソファーもあってゆったりした部屋からの観戦で、ビールや食事が付いていました。


Img_5176
壮眞も大喜びでした。エダマメを食べたり、かき氷を食べたりしていました。

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月20日)

 『利益とは何か』

 売上高を心配する前に、お客様に喜んでいただける商品や
 サービスを提供できたかどうかを心配するほうが先では
 ないでしょうか。お客様に喜んでいただける商品をリーズナブル
 な価格で提供する。
 この基本さえ守れば、きっとお客様に必要とされる会社に
 なります。
 労せずして得た利益では、人も会社もよくなりません。
 利益はお客様の喜びの陰にあるのです。

2011年9月19日 (月)

ウクレレコンサート

Img_5158
横光ウクレレクラブの発表会


Img_5160
ウクレレドリーマーズのみんなで頑張りました。


Dsc05934
ハワイアン演奏とフラダンスがありました。


Dsc05954
懇親会では、AKB?があり、


Dsc05959
どじょうすくいがあり、


Dsc05961
仮装をしての踊りがあったり、私のウクレレ漫談があったりで、とても盛り上がりました。

------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月19日)

『心の荒み』

 仕事そのもので、人の心が荒むようなことはありません。
 荒みはほとんど、人と人との人間関係から生ずるものです。
 心を荒ませないためには、人に対して親切にすることです。
 そして、身の回りをきれいにすることです。
 人を喜ばせることに心を砕き汚いところをきれいにすれば、
 不思議と心が落ち着き、心の荒みを消えていくものです。


2011年9月18日 (日)

変顔

Photo
壮眞の変顔です。


1_2
壮眞の変顔です。


変顔

Photo
壮眞の変顔です。


1_2
壮眞の変顔です。


2011年9月17日 (土)

フォトセミナー

Img_5130
facebookで、知り合った石田貴大さんのフォトセミナーに参加した。FB-cafe広島というお店で行われた。一眼レフカメラ教室には個人レッスンで一年間通っているが、今回のセミナーでは知らないことも多くあってとても勉強になった。

Img_5132
勉強のあとは、軽く一杯ということで、世界の山ちゃん広島2号店に行ってみた。週末のせいかとても繁盛していた。あの有名な「幻の手羽先」を食べた。ピリ辛でビールに良く合い、とても美味しかった。


-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月17日)

 『自分たちの手で』

 学級崩壊した学校に、文部科学大臣が出向いて行って
 立て直したちう話をいままで聞いたことがありません。
 文部科学大省の職員や官僚は、すべて現場の先生方に
 責任を委ねて、ただ傍観しているだけではないですか。
 つまり、学校をよくしようと思ったら、大臣や官僚に
 期待しても無理なのです。現場の先生や親が先頭に立って
 改善する以外にありません。

2011年9月16日 (金)

今日も昼食はラーメンを

Img_5126
会社の近くにあるらーめんふじもとに久しぶりに行った。あさり出汁の塩ラーメンといくら・しゃけご飯を食べた。濃厚なスープでとても美味しかった。店舗の隣を見ると「釣り堀」とあった。今度、孫と来てみようと思っている。

----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月16日)

 『本当の幸せ』

 トルストイの翻訳家として名高い北御門二郎先生に教わった
 「本当の幸せ」です。
 一、いくら受けても受けても飽きない、飽和しないものであること。
 二、いくら人に与えてもなくならない、尽きないものであること。
 三、いかなる場合においても色褪せない。たとえ自分の人生が
   終末を迎えたときでさえ、色褪せないものであること。

2011年9月15日 (木)

濃厚つけ麺

331672_230682140314563_100001183352
昼食は、つけ麺を食べました。濃厚スープで、麺が極太でした。

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月15日)

『匿名の電話』

「人の家のゴミをいじるな」「プライバシーの侵害だ」
 「家の前を掃くな」
 外回りの掃除を始めたころ、このような匿名の電話が
 たびたびありました。
 そのたびに、「社長、これはやめたほうがいいですよ」と
 社員は敏感に反応していました。
 そのとき、社員に同調し私が掃除を断念していたら、現在の
 ような掃除は社内に定着しなかったと思います。

2011年9月14日 (水)

twitterとfacebookってどうやって使い分けるのセミナー

Img_5114
山下ミカ講師によるセミナーでした。体験談を親切丁寧に説明してくれてとても分かりやすかった。山下さんのセミナーは2回目だったが。美人で話し方がとても上手で声が耳に心地よい。


Img_5115
勉強のあとは、餃子家龍で、餃子とビールで乾杯だあ。


Img_5118
最後の締めは、マーラー担担麺だあ。


-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月14日)

『世の中に雑用はない』

 掃除を雑用と片づけてしまわないことです。
 もともと、世の中に雑用というものはありません。
 雑な心でするから、雑用になるだけのことです。
 もし、掃除を雑用というのであれば、毎日の仕事の
 九割以上が雑用で占められています。
 雑用処理能力こそ、仕事に必要な能力であると
 受け止めるべきです。

2011年9月13日 (火)

可愛い壮眞

Img_5111
壮眞が「じいちゃん、DVDを借りに行こう」というので、車に乗ったら、乗った瞬間に寝てしまった。DVD屋の駐車場で、じっと起きるのを待つこと1時間40分。やっと起きて借りる時間を5分とかからない。
---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月13日)

 『不景気の判断』

 不景気というのは、あくまで相対的な表現であって、
 絶対的なものではありません。十数年前のバブル期と
 比べれば、たしかにいまは不景気といわれるかも
 しれません。
 しかし、三十年前と比べれば、こんな好景気はありません。
 むしろ十数年前のほうが異常で、その異常な時期と
 比べて不景気だと判断することは間違っています。

2011年9月12日 (月)

最近の4人の孫

9
日々、成長している4任の孫。子どもが大きくなるのはとても早いです。日々の成長がとても楽しみです。

----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月12日)

『不景気の判断』

 不景気というのは、あくまで相対的な表現であって、
 絶対的なものではありません。十数年前のバブル期と
 比べれば、たしかにいまは不景気といわれるかも
 しれません。
 しかし、三十年前と比べれば、こんな好景気はありません。
 むしろ十数年前のほうが異常で、その異常な時期と
 比べて不景気だと判断することは間違っています。


2011年9月11日 (日)

9月の広島MG道場

Dsc05900


Dsc05901


Dsc05902
今月は3卓で、女性も増えてきて、とても楽しいMGでした。

Dsc05919

久々の「きゃー素敵なキムタクさーーーーんと、むしゃぶりついてくるギャルたち」(決してヤラせではありません。)

--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月11日)

 『ムダをなくす』

 掃除をしていると、ものごとにムダがあることに
 気づきます。
 とくに会社は、実にムダの多いところです。私は掃除を通して
 気づいたムダなことを、一つひとつ排除するように努力して
 きました。
 そうしましたら、それだけで会社の収益性が大幅に改善され
 ました。
 掃除には、計算では解決できない不思議な力が秘められて
 おります。


2011年9月10日 (土)

トイレの花

Img_5070
会社のトイレ掃除は20年くらい続けているが、ここ数年は、花を生けるようにしている。社員の一人でもこの花で癒されることができればと思っている。
------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月10日)

 『平凡なことが大きな力に』

 会社創業以来、平凡なことをコツコツ実行してきた
 結果、思いもかけない大きな力を授けられました。
 新規開拓に奔走しなくても、お客様から声をかけられる
 ようになりました。
 見積書なしでも、多額の商品を買ってくださるまでの
 信用を得ました。
 おかげさまで、会社を大きく発展させようとりきむことなく、
 自然に事業が大きくなってきました。


2011年9月 9日 (金)

デジカメ教室

Dsc05882
餃子家龍のメニューを10品撮って、先生にいろいろと指導をして頂いた。もっともっとキレイな写真を撮れるようになりたいと思っています。(写真は、マーラー担担麺)

--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月9日)


 『平凡なことが大きな力に』

 会社創業以来、平凡なことをコツコツ実行してきた
 結果、思いもかけない大きな力を授けられました。
 新規開拓に奔走しなくても、お客様から声をかけられる
 ようになりました。
 見積書なしでも、多額の商品を買ってくださるまでの
 信用を得ました。
 おかげさまで、会社を大きく発展させようとりきむことなく、
 自然に事業が大きくなってきました。

2011年9月 8日 (木)

「本気のウェブサイト見直しセミナー」

Img_5064

◎第一部 
 「ホームページなら小が大に勝てる!儲かる会社ランチェスター戦略」 
   ・第一部
    株式会社ドリームエナジーコンサルティング代表取締役
    ランチェスター戦略のウェブ活用・地域活性化コンサルタント
    水上 浩一氏

 ◎第二部 
 「最小の経費で最大の集客を実現!利益創出のためのSEM戦略的活用法」 
   ・第二部
    株式会社ドリームエナジーコンサルティング
    検索エンジンマーティングコンサルタント
    熱海 隆史氏
----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月8日)

 『正しい生き方』

 我を張って何がしかの物を手に入れたり、自分の義務を
 怠って難を逃れたとしても、長い目で見るとけっして
 よいことはありません。
 できることならそのような生き方はしないほうがいいと
 思います。
 いつも上手に立ち回り、いいとこ取りだけが身につきますと、
 貧相な人間になります。
 人から顰蹙を買うだけです。


2011年9月 7日 (水)

facebook中級セミナー

A336612_227142100668108_10000116960
中級セミナーで、イベント、グループ、ページのことなどを学んだ。交流会は、餃子家龍をご利用して頂きました。ありがとう餃子います。

-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月7日)

 『動中の工夫』

 論理的に理解し、十分納得してからでなければ行動に移せない
 人は、一生かかっても何もできません。また、行動する前から
 「わかった、わかった」という人の理解も非常に浅いものです。
 行動しながら考えるからこそ活きた知恵も湧いてきます。
 白隠禅師の次の言葉が、そのことをよく言い表しています。
 「動中の工夫は静中の工夫に勝ること幾百千億倍」

Facebook中級セミナー

1315364297914.jpg
井上さん、福ちゃんの講師によるセミナーでした。交流会は、餃子家龍をご利用頂きました。ありがとう餃子います。

2011年9月 6日 (火)

戦略社長塾

Dsc05894
この会は、適正人員が10人以内なので、この定員を守ってきていたが、どうしても参加したいという方がおられて、2名の準会員が増えました。色んな業種の方に入って頂いて、情報交換できるのがいつも楽しみです。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月6日)

 『卑屈にならなかった理由』

どん底の生活をしておりますと、とかく人間は卑屈になりがちです。
 私もかつて、いやというほどどん底生活を味わいました。
 その日の食事にも事欠き、食うや食わずの生活をしたこともあります。
 そんな私が、卑屈にならずにすんだのは、志のおかげでした。
 つまり「理想の会社を創る」という使命感が、私を支えてくれました。


2011年9月 5日 (月)

可愛いココちゃん

Img_5050
ココちゃんが日に日に、大きくなっていて、日々の成長がとても楽しみです。

----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月5日)

 『官庁街のゴミ』

 霞ヶ関の官庁街を通るとき、よく目にすることです。
 植込みには、投げ込まれた空き缶など雑多なゴミが
 放置されております。
 このような状態を、毎日登庁するお役人の皆さんが、
 何も感じないのが問題です。われわれが職域をきれいに
 するように、お役人さんも自分たちの職域である官庁街を
 きれいにすることから始めたらどうでしょう。

2011年9月 4日 (日)

バスケットマン

Img_5031
息子は、自分のことを自分で「天才、秀才、バスケットマン」と言っていたが、孫の壮眞もドリブルはうまいしなかなか素質があるんではないかと、親ごころじゃなくて、ジジこころで、思っているところです。


---------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月4日)

 『感動こそ人生』

平凡なことを継続して実行していると、平凡の中から生まれる
 非凡というものに必ず出会います。
 この非凡には大きな力が秘められており、人を心底感動させる
 力があります。
 生きることも、仕事をすることも、人に感動を与えなければ
 意味がありません。
 感動こそ生きている証です。
 感動こそ人生です。


2011年9月 2日 (金)

入院

1-3日まで、入院します。
1314925887831.jpg
病院の朝食です。

2011年9月 1日 (木)

ウクレレ教室

Img_5021
9月17日に、ウクレレ教室のコンサートがあるので、自主練習をした。私はウクレレソロと、コードの2つの教室に通っている。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(9月1日)

 『鄙事多能』

 「鄙事」とは、取るに足らない些細なこと。「多能」とは、
 器用の意。
 子供のころ貧しく、どんな仕事でもこなさなければならなかった
 孔子が遺した言葉です。
 人生は、難しいことばかりを学ぶことではありません。
 身辺の雑事といわれるようなことを、きちんと処理できることが
 何より大事です。


twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31