« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

あけぼのホテル

1322612843870.jpg
FBのお陰で、10数年ぶりに、入江さんと、石村さんに再会しました。石村さんのあけぼのホテル1Fのイタリア食堂 良'sにて。

1322612849714.jpg
息子さんの良登さんは、我が社のカナダカンで数年修行されました。頑張っておられる姿を見れて嬉しく思いました。

1322612851291.jpg
防府市でも、ギャルが、キャーキャー素敵なキムタクさーんと、むしゃぶりついてきました。

2011年11月29日 (火)

はいからさん

376257_263687363680707_100001183352
時々、亡き妻と一緒に行っていたお好み焼きの「はいからさん」に行く。いつもと同じ席に座り、私は、もーちゃんという名のホルモン入りのお好み焼きを食べる(写真)。妻は、野菜のイカ天入りを食べていた。
-----------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月29日)

【わがまま】

私の書く文字は、人様にお見せするような代物ではありません。
まったく自信がありません。
もし私が、そのことを立派な理由にして、「私は字を書くのが
下手ですから」とか「筆不精ですから」と言って、手紙を
書かないとするならば、それは、単なるわがままにすぎません。
わがままは、幼児性の最たるもので始末に困るものです。


2011年11月28日 (月)

今日の昼食

Img_5827
今日の昼食は、カナダカン祇園店て、イカスミのスパゲッティを食べました。舌や口の周りが、真っ黒になりますが、美味しいのでつい注文してしまいます。

------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月28日)

【手抜きをしない】

手抜きをすると、心が荒むようになります。
たとえば、机上で立てた過酷な目標を、
社員に無理強いしたとします。
命令された社員は、尋常なやり方では間に合わなくなり、
ごまかしたりだましたりするようになります。
挙げ句のはては、犯罪まで犯して目標達成に
血眼になります。過程を無視し、手抜きをしたことが原因です。

2011年11月27日 (日)

交流会

382285_200520813360206_100002068657
終日ランチェスターの勉強会で、その後の交流会は、さつま料理の店でした。10時から18時までビッチリ勉強をした後の交流会が、とても楽しい。でも、ギャルがいないのでイマイチ盛り上がりがありませんでした。

---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月27日)

【心の力】

人間の力の中で、心の力ほど大切なものはありません。
心の力がないと、困難に立ち向かう勇気が湧いてきません。
生きる元気さえ失います。
この心の力は、ある日突然できたり、人から一方的に
与えられるものではありません。
毎日毎日、小さなことを守っていく中から培われるものです。


2011年11月26日 (土)

イルミネーション

Dsc06507
夕食は、壮眞たちと餃子家龍で食べて・・・

Dsc06517
平和大通りのイルミネーションを見に行きました。


Dsc06511
とてもキレイで壮眞も大喜び。
-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月26日)

【自分の気持ち次第】

商品は、扱う自分の気持ち次第でいかようにでも
なります。
そのことを無視して、もっと売れるものはないか、
もっと儲かるものはないかと、つい目移りばかり
するものです。
でも、そんな商品がそうあるものではありません。
それよりも、人が見捨てたり見過ごしたりしている
商品に目を向け、自分の気持ちを込めてみることです。


2011年11月25日 (金)

神戸

Img_5801
神戸、asominセミナー。主催者の市成さんの挨拶です。

Img_5804
asomin開発者の久世さんの講義です。

Img_5806
西研MG化石の部の、岐阜の岩田さんも参加されました。また、近くで仕事で来られていた京都の竹ノ内さんも合流してくれて、化石5人集合です。来年3月くらいに、西研MG化石の部の同窓会をしようという話になりました。


Img_5808
交流会が終わり三ノ宮駅前を歩いていたら、出張で着ていた息子(天才くん)たちに偶然会いました。この広い日本で・・・あまりにも偶然で、本当にビックリしました。

--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月25日)

【意味のない統計資料】

多くの時間と費用を費やして作成された
文部科学省の統計資料には、何も訴えるものを
感じません。たぶん、当事者が他人事のように
取り組み、責任の所在をはっきりさせないからだと
思います。
それに比して、一学校一学級、身体を張って守って
おられる現場の先生方が作成された学校通信や
学級通信は、はるかに迫力を持って私に訴えてくるものが
あります。


2011年11月24日 (木)

2冊の著書

28
株式会社武蔵野の小山社長から2冊の新刊を贈られてきた。いつも新刊が出るたびに、寄贈して下さり感謝の気持ちで一杯です。
-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月24日)

【孤独にならない法】

人間が孤独を感じるときは、二つの場合が
考えられます。
一つは、大勢の中で無視されたとき。
あと一つは、大勢の方々にお世話になっていながら、
そのことに恩を感じていないときです。
孤独にならないためには、多くの方々にお世話になり、
生かされている自分に気づくこと。
そして「ありがとう」という感謝の念を持つことです。


2011年11月23日 (水)

壮眞とココちゃん

Img_5788
壮眞が、ココちゃんにいたずらをして、帽子をかぶせたところです。ココちゃんは、私の顔を見るといつも大泣きをします。なんでだろ。なんでだろ。
------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月23日)

【掃除をすると・・・】
一,心が磨かれる。
二,謙虚な人になれる。
三,気づく人になれる。
四,感動の心が育まれる。
五,感謝の心が芽生える。


2011年11月22日 (火)

牛肉麺

Img_5694
特に話題もないので・・・先日食べた「老北京」の牛肉麺です。これもまた美味しいよ。
----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月11日)

【心の大きい人、小さい人】
心の小さい人というのは、自分のことしか
考えられない人のことです。せいぜい考えても、
自分の家族と自分の事業だけ。それに比して、
心の大きい人というのは、自分のことだけでなく、
いつも他人を思いやることのできる人のことです。
さらに、自分を取り巻く地域社会、国家、地球、宇宙の
ことまで考慮して生活する人のこと


2011年11月21日 (月)

昼食

Img_5773
昼食は、会社の近くにある餃子の「黄龍」に行きました。たまにここの餃子を食べに来ます。大きくて具も沢山入っていて、とても美味しいです。30分で10人前食べたら無料とのことで、いつかちゃれんじしてみたいと思っています。

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月21日)

【価格破壊】
人間社会は人間の生み出す付加価値で
成り立っています。
価格崩壊は、この付加価値の否定につながります。
人間がお互いに感謝しながら生活していくためには、
付加価値を認め合うことです。
付加価値を無視した社会は、砂を嚙むような
世の中となり、人間から生きていく勇気を奪い取って
しまいます。


2011年11月20日 (日)

禿げ増す会in下関

Img_5749
今月の禿げ増す会は、下関・ふくツワーでした。ギャルが両手に満面の笑顔のキムタクです。

Img_5760
おばさん(うに姫)とのツーショットは、顔が歪んでしまいます。

Img_5762
ギャルとツーショットは、条件反射で満面の笑顔です。(ふくの里の池田さんと)


Img_5751
メインのふく刺しです。この皿を二人で食べました。多すぎました。ふくの唐揚げ、ふく鍋、ふく雑炊と大満足でした。


Img_5756
下関のドン・松村社長に大変お世話になりました。ひれ酒も美味しかったです。


Dsc06475
いつもの記念撮影です。
-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月20日)

【心温かきは万能なり】
温かい心には、万能の力が秘められております。
温かい心は、人の心を癒やすことができます。
世の中がよくなります。そのことによって
自分自身を成長させることができます。
薬にたとえれば、まさに万能薬です。
万能薬には副作用がありません。いいことばかりです。
まさに「心温かきは万能なり」です。

2011年11月19日 (土)

ジャージャー麺

Img_5695
特に話題もないので、この前、老北京で、食べたジャージャー麺を載せます。人参が入って鮮やかな色ですね。割とあっさりとしていてとても美味しかったです。500円は、お値打ちです。

---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月19日)

【心の幅は無限大】
いくら大きい人でも、人の三倍も五倍も身長のある人は
おりません。また、いくら体重のある人でも、人の五倍も
十倍もある人はおりません。
その点、人間の持っている「心の幅」は、三倍や十倍の
差どころではありません。人によっては、千倍も一万倍も
百万倍も差があります。「心の幅」を鍛えるためには、
できるだけ自分以外の人のことを気遣うことです。鍵山秀三郎


2011年11月18日 (金)

老北京&餃子家 龍

375215_258073204242123_100001183352
昼食は、王徳新の店「老北京」で、担担麺を食べた。これが500円だからお値打ちで、老北京の売り物は、担担麺とジャージャー麺。

27
夕食は、大阪から、友人の志村さんが訪ねてきてくれたので、餃子家龍で食べた。志村さんは、餃子が「美味しい美味しい」と言ってくれて、何度も追加注文をしてくれた。
---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月18日)

【「社訓」と「経営理念」】

会社には「社訓」も「経営理念」も特に掲げていません。
実体の伴わない高邁な「社訓」とか「経営理念」を掲げても、
しらけるだけだからです。
それよりも「どう生きてほしいか」「どういう生活態度を
とってほしいか」を社員に常日頃、話すように心がけています。
その際、留意していることは、できるだけ具体的でわかりやすい
実例を話すことです。 鍵山秀三郎

2011年11月17日 (木)

石蕗の花

26
特に話題もないので、先日撮っておいたツワブキの花にした。この花を見ると、亡き妻と 初デートで津和野に行った時のことを思い出す。
-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月17日)

【「割れた窓」理論】

「割れた窓」理論というのがあります。
割れたまま修復されない窓ガラスを放置していると
荒れた状態が次々に伝染し、犯罪の呼び水になるという
理論です。
車も、ぶつけて傷ついたまま放っておくと、いつの間にか
あっちこっちに傷が増え、でこぼこになります。
何事も、小さなときに億劫がらずに処理していくことが
大事です。 鍵山秀三郎

2011年11月16日 (水)

ノベッロ

23
イタリアのボジョレ・ヌーボーのVINO NOVELLOを飲みました。今年のボジョレは、天候が良かったので良い出来とのことで、このノベッロもとても美味しかったです。
------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月16日)

「深める」

人が行き詰まるのは、いつも同じことを同じやり方で
しているからです。
人と同じことをするのは何も考える必要がないぶん、
楽だけれども必ず行き詰まります。
行き詰まらないためには、広げるのではなく、深めることです。
深めると、自然に広がるようになります。
いい物と接し、いい人と深く交わる。
心すべき生き方だと思います。鍵山秀三郎

2011年11月15日 (火)

最近の4人の孫

22
壮眞は、ずいぶんお兄ちゃんになりました。私を友達だと思っているようで、頭を叩いたり、お腹を蹴ったりしてきます。嶺登もずいぶんしっかりしてきました。虹紗は良く歩くようになり、とても可愛くなりました。ココちゃんは、私の顔みたら必ず大泣きをします。

--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月15日)

「攀念智」

「攀念智」とは、人を恨む、憎むという想念を持つことです。
人を恨んだり、憎んだりしますと、そのことばかりが心に引っかかり、
眠れなくなり、精神まで蝕まれます。
その結果、自分のエネルギーをすべて消耗することにもなります。
つまるところ、「攀念智」を持つ人は不幸になるばかりです。
「攀念智」を持たない。人生の極意だと思います。鍵山秀三郎

2011年11月14日 (月)

第312回広島掃除に学ぶ会

Img_5715
今月の掃除に学ぶ会は、廿日市中学校でした。100余名の生徒さんが参加して下さいました。写真は開会式。


Img_5723
掃除が終わって、各班から1名の体験発表。

-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月14日)

「店作り」

創業以来、「きれいな店作り」を基本に経営してきました。
「あまりきれいにするとお客が来なくなる」とか
「お客が入りにくくなる」というような意見が真顔で
議論されるような時期もありました。
そういう意識を、一つひとつ変えていくだけでも大変なことでした。
どれ一つとっても、簡単に変わったことはありません。 鍵山秀三郎

2011年11月13日 (日)

広島MG道場

Dsc06455
4卓26人の参加で大盛況でした。
-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月13日)

「感謝」
人間が生きていくうえで、感謝の心を持つことはとても
大切なことです。
人間、感謝の心がないと、幸せにはなれません。
感謝の心を持つから幸せになれるのであって、幸せになってから
感謝しようというのでは、一生幸せになることはありません。
その点、トイレ掃除をしていると、小さなことにも感謝できる
感受性豊かな人間になれます。 鍵山秀三郎


2011年11月12日 (土)

2011.11.11.11:11老北京新装開店

Dsc06427
念願だった王徳新の店が、1が並んだ目出度い日にオープンしました。私は、その一番のお客でした。


Dsc06435
王徳新の家族、奥さんの蒋さん、娘さんの千尋ちゃん、千晴ちゃん。


Dsc06436a
調理長の時さん、一流ホテルのコック長なみの腕前です。


Dsc06448
夜は、老北京で、「3G会(祇園界隈でギャルとグルメの会)」でした。

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月12日)

「感謝」
人間が生きていくうえで、感謝の心を持つことはとても
大切なことです。
人間、感謝の心がないと、幸せにはなれません。
感謝の心を持つから幸せになれるのであって、幸せになってから
感謝しようというのでは、一生幸せになることはありません。
その点、トイレ掃除をしていると、小さなことにも感謝できる
感受性豊かな人間になれます。 鍵山秀三郎


2011年11月11日 (金)

廿日市店で昼食

376217_254596184589825_100001183352
何ヶ月ぶりかに、カナダカン廿日市店で昼食をしました。今週の週替わりランチパスタ「広島もち豚肉ときのこの和風トマトソース」を食べた。まいうーーー!

------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月11日)

「因果一如」

 原因と結果は一緒という意味です。
 原因をつくったときには、結果も同時に生まれるということです。
 結果をよくするためには、気づく人になることです。たとえば、
 人間関係において、自分勝手なことをしていないか、というような
 ことを基本にして、気づく人になることです。気づきがいい結果を
 もたらしてくれます。


2011年11月10日 (木)

壮眞とイオンへ

21
久しぶりに壮眞とイオンへ遊びに行った。3歩以上、歩かないので、駐車場のカート置き場近くに車を止めて、そこから買い物カートに乗って店内に入ります。いつもパターンは、決まっていて、DVD/CD売り場を「見るだけ」で、じっくり見て回って、それから本屋で、本を買って、ゲームセンターで乗り物を5つくらい乗って、アイスクリームを食べて、帰るというパターンです。

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月10日)

『工夫しながら掃除をする』

 いつまでも、同じ範囲を同じ時間を費やして掃除して
 いるようでは、工夫が足りません。
 同じ範囲の掃除をするのであれば、効率を上げて時間を
 短縮する。
 また、同じ時間をかけて掃除をするのであれば、範囲を
 広げる。
 少しでも工夫改善をしなければ、進歩がありません。
 進歩しなければ続きません。

2011年11月 9日 (水)

福岡日帰り

Img_5647
セミナー受講のため福岡日帰りをしました。昼の楽しみは、とんこつラーメンです。博多駅にラーメンストリートがあって、色んな麺類の店があります。やはり、福岡はなんといってもトンコツですね。


Img_5651
福岡で、モツ鍋を食べたいと言ったら、facebookで、友人が博多駅前の楽天地がいいよと教えてくれたのでそこで食べた。


Img_5652
モツ鍋の締めは、ちゃんぽんですたい。

-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月9日)

『売り方』

 「値段が高い」「品揃えが悪い」「立地がよくない」。
 売れなくなると、ついこういう考え方になりがちです。
 しかし、いくらいい商品を仕入れてきても、従来と同じ
 考えで同じ売り方をしている以上、そう簡単に売れるもの
 ではありません。
 大切なことは、その商品にふさわしい売り方、扱い方を
 工夫することです。
 活路は無限にあります。


2011年11月 8日 (火)

戦略社長塾

20a
今日は、珍しく全員参加で、会議室がいっぱいになりました。充実した楽しい会にしたいと思います。

-------------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月8日)

『孔子と子路の問答』

 孔子とその弟子・子路の問答を紹介します。
 子路曰「聖人といえども窮するか」(あなたは人から
 聖人と言われているが、聖人といえどもそんなに困るん
 ですか)
 孔子曰「君子、固より窮す」。ただし「小人、窮すれば
 斯に濫る」。(聖人君子だってもちろん窮するさ。しかし、
 普通の人はちょっと困ったりするとすぐパニックになったり
 して乱れるが、聖人は乱れない。これが聖人と小人の違いだ)

2011年11月 7日 (月)

リーダー研修

Img_5635
日本を美しくする会中国ブロックリーダー研修が福山市の鳳中学校で行われました。写真は、田中快調のご挨拶です。

298010_252882921427818_100001183352
夜は、2011年11月11日11時に開店する王徳新のお店「老北京」の試食会に行きました。私の大好きな、羊の串焼きを作ってくれました。本保の味でとても美味しかったです。

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月7日)

『人間の喜び』

 人間の喜びで最たるものは、人に頼りにされ、あてにされる
 ことです。
 どれだけ財産を持とうが、社会的な地位を得ようが、この
 喜びに勝る喜びはありません。
 人に頼りにされず、あてにされない生き方は、生きがいを
 なくすばかりでなく、活力を失い、老化の原因にもなります。
 結果において、惨めな一生を送ることになります。

2011年11月 6日 (日)

日本を美しくする 会

Img_5621
中国ブロックのリーダー 研修が 福山で行われました。

Dsc06419
交流会での、呉掃除に学ぶ会の出し物。

---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月6日)


 『感謝は素直に』

 現代人は、感謝の気持ちを素直に率直に表現しなく
 なりました。
 原因は、素直とか率直とかは、次元が低いことのように
 勘違いをしているからだと思います。人間の感情を素直に
 表すことは、教養がないと格好をつけているからだと思います。
 感謝の気持ちを素直に率直に表さなければ、人間関係は
 スムーズにいきません。感謝の気持ちは相手に伝わってこそ
 本物です。

2011年11月 5日 (土)

仙台→福山

Img_5608
仙台空港で、牛タンカレーを食べました。


Img_5609
広島空港に着いて、福山に入りました。中学校からの親友の安原君と飲みました。私の妻が亡くなって、10ヶ月後に安原君の奥さんも亡くなり、「良き妻を語る会?」のような飲み会になりました。

-------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(11月5日)

『共存共栄』

メーカーには商品の開発と品質の向上以外心配をかけない。
 問屋業が心すべき使命だと思います。
 問屋業である当社は、まず一括仕入れを可能にするため、
 物流機能の拡充整備に努めました。
 また、支払いは約束手形による精算が常識化していた業界に
 おいて、いち早く現金支払いに変えました。
 いずれも共存共栄の考え方です。


2011年11月 4日 (金)

仙台

Img_5574
仙台といえば、牛タン!


Dsc06398_2
日本を美しくする会・本部世話人会。いつもは東京で行っているが、今回は仙台にて。東北ブロックの代表世話人が、現状報告。テレビなどの報道がしていない生々しい話を聞き、胸が痛みました。


Img_5579
日本を美しくする会から多くの支援を頂いたと村井県知事がお礼にこられていた。

------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(11月4日)

『惜福』

 幸田露伴の教えに、「惜福」というのがあります。
 たとえば、有給休暇が二十日間あった場合、その有給休暇を
 「権利だから」といって全部使いきってしまうのではなく、
 控え目にして少し残しておきなさい、という意味です。
 つまり、自分に与えられた好条件、都合のいいことを
 使い尽くさないで、少しは遠慮しなさいという教えです。

2011年11月 3日 (木)

ASUNARO

Img_5562
お掃除仲間の大脇さんのパン屋に行きました。


Img_5550
大きな石窯でパンを焼きます。

----------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(11月3日)

『絶対肯定』

 「絶対肯定」「絶対安心」「絶対感謝」できる人間関係を
 確立することが、幸せな人生を送るためにもっとも大事だと
 思います。
 人間関係の始まりは、「絶対肯定」できるお互いの信頼です。
 お互いを信頼できるようになれば、「絶対安心」の関係になり、
 何事にも感謝できるようになります。まず、信頼できるお互いに
 なることです。


2011年11月 1日 (火)

11月1日11時

Img_5519
お掃除仲間の大脇さんのパン屋さんが今日オープンします。「広島掃除に学ぶ会」「禿げ増す会」からの開店お祝いを持っていきました。パン屋さんの場所は、東広島市西条土与丸3−1−15です。

------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月1日)

『百の努力』

 百の努力に対して、得られるものが一でしかなくても、
 その一を甘んじて受け入れる。このことが大変大事な
 考え方ではないかと思います。
 しかし、ただ受け入れてばかりいたのでは商売として
 成り立ちませんから、その一をどうしたら改善できるかを
 たえず工夫することです。
 そういう積み重ねが、必ずよい結果につながります。

11月1日11時

Img_5519
お掃除仲間の大脇さんのパン屋さんが今日オープンします。「広島掃除に学ぶ会」「禿げ増す会」からの開店お祝いを持っていきました。パン屋さんの場所は、東広島市西条土与丸3−1−15です。

------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(11月1日)

『百の努力』

 百の努力に対して、得られるものが一でしかなくても、
 その一を甘んじて受け入れる。このことが大変大事な
 考え方ではないかと思います。
 しかし、ただ受け入れてばかりいたのでは商売として
 成り立ちませんから、その一をどうしたら改善できるかを
 たえず工夫することです。
 そういう積み重ねが、必ずよい結果につながります。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30