« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

仲良しココちゃん

Img_6515
今まで、私の顔を見たらすぐに泣いていましたが、もう、大丈夫です。いくら一緒でも泣きません。今までは、手を握ったらすぐに放して逃げていたんですが、今は、逆に握り返してくるようになりました。こんな些細なことが私の一大ニュースです。
----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月29日)

『段ボールの処理』

不要な段ボールは自社製の木の枠に入れて、
同じ大きさに整然と縛るようにしています。
とくに持ち運びの際、荷崩れしないように、
縛る両端を少し厚めにし、紐が抜けて外れないように
注意して縛るようにしています。
こうしておくと、倉庫もかさばらず、回収業者も
大変気持ちよく、喜んで持っていってくださいます。

2012年2月28日 (火)

壮眞とイオンへ

425748_317221888327254_100001183352
久しぶりに壮眞とイオンへ遊びに行きました。ゲームコーナーで、遊んで、DVDやCDを見て本を買ったりして帰ります。壮眞は全く歩かないので、移動は殆ど私が、買い物カートに乗せての移動で、「あっちへ、行け、こっちへ行け」と、私は奴隷扱いです。

2012年2月27日 (月)

ココちゃんが笑った

Img_6507
わーい。ココちゃんが、8ヶ月にして初めて、私の顔を見て笑いました。それまで、私の顔を見た瞬間泣いていましたが、今日は、私の顔をじーとみても泣かないし、あやしたら、笑顔さえも見せました。もう、ここちゃんは大丈夫です。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月27日)

『なぜ不幸なのか』

 「一切の不幸せは、貧しさや不足から生ずるのではない。あり余る
  ところから生ずるのだ」
 ロシアの文豪、トルストイの名著『戦争と平和』の一節です。
 現在の日本は、不景気でも何でもありません。三十~四十年前に比べれば
 ずいぶん豊かになりました。にもかかわらず不幸なのは、あり余る豊かさ
 に感謝の念が足りないからです。

2012年2月26日 (日)

終日勉強会

Img_6495
10時〜18時まで、戦略社長塾で、昼食は、ばばじで、カレーピラフカレーを食べました。

Img_6498
その後、18時半からは、楊さんによる「中国語会話教室」で、その後は、その御礼に私から楊さんへ「ウクレレ教室」でした。充実した一日でした。
--------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月26日)

『幸運の原因』

 今日まで、ずいぶん多くの災難に遭ってきました。一方、その災難を
 上回る幸運にも恵まれてきました。
 災難ばかりでしたら、たぶん、いままで生きてこられなかったと思います。
 幸運が与えられたのは、けっして、私に才能や能力があったからでは
 ありません。私の日々の生き方や考えに、周囲の人が目を止めてくださり、
 信頼してくださったからです。


2012年2月25日 (土)

禿げ増す会

Dsc06949
2月の禿げ増す会は、餃子家龍でした。楽しくて、お腹が痛くなるくらい笑いました。

-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月25日)

『広める』

 どんなによいことでも「人がわかってくれてあたりまえ」という
 考え方を持っているあいだは広まりません。
 特に、正しいことであればあるほど、地道な運動をすることです。
 寝ても覚めても、その正しさを人に知ってもらうという気持ちを
 持ち続けることです。安易に人の力だけに頼って、楽してよい
 方法はないかと考えているあいだは、広まりません。


2012年2月24日 (金)

神戸asominセミナー

423202_314960715220038_100001183352
市成さんと、講師の久世さん。参加者が、東京、岐阜、岡崎と半数が県外組だった。

476640_283561965043807_100001700171
交流会は、近くの24階のレストランで・・・このパノラマ写真凄いですね。
---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月24日)

『実践の力』

 たとえば、うなぎを食べたことのない人に、いくらうなぎの匂い
 について話して聞かせたり、文章を読ませたとしても理解して
 もらえるものではありません。
 そんなことをするより、うなぎを実際に食べさせ、匂いを嗅がせる
 ほうがずっと早道です。
 どんなに知識を身につけても、実践の力には遠く及ばないという
 いい例ではないでしょうか。

2012年2月23日 (木)

今日の麺食い

428047_314303741952402_100001183352
会社近くのラーメンふじもとで昼食をしました。一人で行ってもスタッフがこちらへどうぞという感じで、席を指定してくれる。今日は「さんま・塩味」にしました。替え玉が100円で、器を温めて来てくれるので、そちらのほうへ、残ってるスープを入れて食べます。心憎いサービスです。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月23日)


『「整理」について』

 要るものと要らないものを分別することです。
 要らないものは捨てる。要るものは活かして使うことです。
 処分するかしないか迷うものは、「要らないもの」であることが
 ほとんどです。
 分別するコツは、その場にあるものをすべて取り出して、必要と
 思われるものだけを元に戻すことです。

2012年2月22日 (水)

沢山の花

Dsc06943
花好きだった妻の三回忌には多くの方から花が贈られてきました。
K岡さんという看護学校時代の友人からキレイな胡蝶蘭が贈られてきた。その理由が妻の友人から愛子に送られてきたメールで分かりました。そのメールを家族全員に転送してもらって、みんなそれぞれ号泣したそうです。同じ病院に入院をしていたことがあって、「自分の病状のほうが大変なのに、そんな素振りを見せないで、K岡さんに優しい心配りをしていた」とのことです。

◎女房の親友から愛子へのメール

「早いものですね。丸2年が過ぎ三回忌迎え、親族の方達が沢山集まってくださり、きっと甥や姪にあたる方達がそれぞれに子供たちをつれてのお参り、あらためて裕美さんの人柄が積めあげてきた たまものと。

近所のお友達も沢山来られて・・・温かい雰囲気の法事でした。看学時代の加登岡さんからも立派な胡蝶蘭が届いていましたね。夜 電話を入れたところ、大学病院で同じ病室に入院、手術。たった2週間くらいでしたが、その当時 自分はいっぱいいっぱいで他人のことは考えられなかった・・・

そんな時に裕美さんは食堂で 食べれれない彼女に「食べなさい」ともひとことも言わず ずーっと傍にいて待っていてくれた。と。自分よりも裕美さんの方が大変な状態だったに違いなかった。と。そんな感謝の気持ちでさせてもらったと。今でもそのころを思い出すと、泣けてくると・・・皆さんそれぞれに胸の思い出が生きています。

自分のことはさておき、他人に。まさに彼女そのものです。   茂子さんは 昨日は一口も食べられなかったのですよ。でも食事中お話に付き合ってくれました。
今日は大島ですね。お母さんの育った島です。私も好きな島です。おばあちゃんにいろんなことお参りしてきてください。
-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月22日)

『日本をよくする法』

 たとえ政府が百兆円投下しても、いまの日本はよくなりません。
 後世に借金を残すだけだと思います。
 日本をよくするには、国民一人ひとりがちょっとした思いやりや
 人を喜ばせようという気持ちを持つことです。
 そうすれば、たちまちこの国はよくなると確信をしています。
 国民一人ひとりの生き方に、この国の将来はかかっています。


2012年2月21日 (火)

全員集合

Dsc06941
19日が妻の三回忌で、20日は、山口県大島の東和町で、妻の母の四十九日の法要でした。一台の車に大人6人、孫4人が乗って往復4時間の運転は私がしました。四十九日、納骨、また自宅での読経ととても長い法要でした。妻の生家の近くに水仙の花が沢山咲いていたので、摘んできて仏壇に供えました。自宅に帰って全員集合して、「はい、変顔してえ」と言ったらこんな顔をしました。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月21日)

【ゴミの仕分け】

 集めたゴミの仕分けにも方法があります。
 広げたゴミの山から一つずつ選り分けるような仕分けをしております
 と、際限がありません。
 コツは、ゴミを手前に引き寄せながら選り分け、片づけて仕分けを
 することです。
 そうしますと、確実に作業がはかどりムダがありません。

2012年2月20日 (月)

三回忌

407072_312471638802279_100001183352
妻の三回忌で、家族が全員集合しました。夜は、カナダカンで食事をしました。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(2月20日)

【挨拶】

 挨拶で心がけていることは、その人の名前を必ずつけることです。
 たとえば、「鈴木さん。おはようございます」というように。
 ただ挨拶だけをするより、相手の名前を呼んで挨拶しますと、
 それだけで喜ばれます。親近感を覚えます。
 不思議なもので、自分の名前には敏感に反応するのが人間です。
 名前をつけるだけで挨拶に血が通います。

2012年2月19日 (日)

中国語教室

406424_311893045526805_100001183352
しばらく休んでいた中国語を再開しました。留学生の美人の楊さんに、日常会話とか、単語とかを教えてもらいました。1時間勉強のあとは、二人で夕食です。楽しすぎます。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月19日)

【「5S」の意味】

 「整理」・・・分別すること。
 「整頓」・・・明示すること。
 「清掃」・・・行動すること。清掃即行動。
 「清潔」・・・前記三つを維持すること。
 「躾」・・・・習慣にすること。
 以上が、「5S」の本当の意味です。「整理」「整頓」をすると、
 仕事の能率・効率が向上します。「清掃」「清潔」を徹底すると、
 仕事の質が向上します。アライ・リステム㈱の方々に教えられました。

2012年2月18日 (土)

東京3日目

426823_311251775590932_100001183352
以前から、風呂田さんに、東京に行ったら一緒に飲みましょうと言っていて、やっと時間調整が出来て新宿でお会いした。ゴールデン街の串揚げ屋さんで、ビールやホッピーを飲んだりした。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(2月18日)

【小さなことの大切さ】

 ともすると人間は、難しくて大きなことをしなければ、成果が
 挙がらないように思いがちです。そういう気持ちでいると、いつも
 難しくて大きなことばかり考えて、失敗したり続かなかったりして
 基へ戻ってしまうことが多いものです。
 できそうにない大きなことばかり追いかけるよりも、小さなことを
 少しずつでも積み重ねていけば、とてつもなく大きな力になります。


2012年2月17日 (金)

東京2日目

395781_310579788991464_1000011833_2
コンピュータリブで、facebook用の写真撮影会がありました。キレイなお姉さんに、生まれて初めて、メーキャップをしてもらってドキドキしました。


Dsc06928_2
夜は、阿木さんも合流して、銀座の李竜徹さんが店長をされているコリアンキッチンはるはるで、楽しい交流会をしました。


Img_6434
東京でも、「キャー素敵なキムタクさーーーん」とむしゃぶりついてくるギャルでした。

2012年2月16日 (木)

世話人会

323550_309903245725785_1000011833_5
日本を美しくする会の世話人会が、東京でありました。
------------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(2月16日)

後で

2012年2月15日 (水)

今日も虹紗ちゃん。

愛子から、写メ送ってきました。
1329256075512.jpg

2012年2月14日 (火)

虹紗ちゃん

Img_6384
1才の虹紗ちゃん、今が一番可愛い盛りです。

--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月14日)

【二十九年ぶりの体育祭開催】

広島市にある中学校を会場にして、「掃除の会」を
開催したことがあります。
その中学校はそれまで、校風が荒れていて体育祭どころでは
なかったそうです。ところが、連続して三回、徹底した掃除を
行ったことがきっかけになって、なんと二十九年ぶりに
体育祭が開催されるまでになりました。
環境がきれいになって、校内の雰囲気が穏やかになったからだと
思います。

2012年2月13日 (月)

第315回広島掃除に学ぶ会

Dsc06926
今月は、安芸高田市の加計中学校でした。去年は雪のため中止になりましたが、今年は、雪もなく順調に開催されました。


407480_178204125616378_100002803749
今回は、バイオリンの宇土さんが、おやすみでしたが、フルートの中矢さんと、「ふるさと」「今日の日は、さよなら」の伴奏をしました。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月13日)

【愚痴】

私の両親は、貧しい中から努力して築き上げた財産を、
生涯において三度、すべて失いました。
しかし、両親の愚痴を一度も聞いたことがありません。
自分の親ながら実に立派な生き様だったと感心をしています。
両親ほどにはなれなくても、私もせめて、自分自身の毎日の
生き方と努力の積み重ねで、できるだけ愚痴を言わず、
生きていきたいと心に決めています。


2012年2月12日 (日)

2月の広島MG道場

Dsc06911

2月は3卓でしたが、ギャル(G率)率5割でした。女性6人のうち、なんと、4人が「ひろみ」さんでした。ちなみに、私の亡き妻も、ひろみでした。

キャーッ、キャーッ、素敵なキムタクさーーんと、ギャル達がむしゃぶりついてきました。
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月12日)

【会社はウサギ小屋】

創業時の会社は、ウサギ小屋みたいなものでした。
「人から見られていると思うと、会社に出入りするのがいやだ」
と社員からよく言われたものです。
そんなとき、「できないものはしょうがないじゃないか」とは
考えませんでした。いつかは、社員にそのような惨めな思いを
させなくてもよい会社にしよう、とただひたすら念じ続けて
会社経営に取り組んでまいりました。


2012年2月11日 (土)

今日の麺食い

430020_306717536044356_100001183352
久しぶりに、大芝の八戒に行きました。濃厚スープで、チャーシューもとても美味しいです。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月11日)

【ホテルの備品】

ホテル代の中には石鹸やシャンプーやカミソリ等の
代金が含まれています。だからといって全部使わなければ損だ、
という考え方が人間を卑しくします。
むしろ、使わずに全部残しておいたほうが心が豊かになるものです。
部屋の掃除に来た人も、そのぶん、楽ができて喜ぶことでしょう。
こういう考え方を持つ人が多くなると、世の中はどんどんよくなります。


2012年2月10日 (金)

3G会

Dsc06909
今月の3G会(祇園で、ギャルとグルメの会)は、食べないと飲まナイトのイベントでした。5軒の店を食べ飲みしました。餃子家龍から、沖縄料理、串屋さん、和食の店、最後はお好み焼きでした。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月10日)

【プールに水一滴】

この四十年間、プールに水一滴垂らすような努力を
してきました。プールに水一滴垂らしても、見た目には
増えたかどうかわかりません。
しかし、少なくとも減ってはいません。
間違いなく水一滴分だけは増えている。そんなはかない
努力をやり続けてきました。
特別な能力を持たない私には、そういう道しか選択の
余地が残されていなかったからです。

2012年2月 9日 (木)

ココちゃん(心美ちゃん)

419551_305281922854584_100001183352
ココちゃんは、相変わらず、私の顔を見た瞬間泣きます。いつになったら笑ってくれるのかなあ?
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月9日)

『迷惑を嫌った両親』

 両親の教えで、記憶に残っているのがデパートのことです。
私たち子供が、ガラスケースに身を乗り出して手で触ったりしますと、
よく叱られました。

 せっかくきれいにしてあるガラスを、手で汚してはいけないというわけです
。一事が万事、この調子で、人様には迷惑をかけることを極端に嫌う両親でした。
おかげで、私も迷惑をかけない生き方を最優先するようになりました。


(PHP研究所:鍵山秀三郎「一日一話」より引用)


2012年2月 8日 (水)

羽生店長地区大会優勝!

425934_293701364017084_100001316676
S-1グランプリ中国地区大会で、井辻食産のカナダカン廿日市店の羽生店長が優勝しました。次は、仙台で行われる全国大会です。

-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月8日)

【ホテルのシーツ】

同じ部屋を二日、三日と利用するときは、「この部屋は
今日も使いますのでシーツは取り替えなくても結構です」と
書いて出かけるようにしております。
自宅で、毎日シーツを取り替える人はいないはずです。
ところがホテルに泊まると、お金を払ったぶん、シーツを
替えてもらわなければ損だと考える人がほとんどです。
卑しい考えだと思います。


2012年2月 7日 (火)

今日の麺食い

412843_303957662987010_100001183352
昼食は我社のひろしまランメンで食べました。季節限定の海鮮五目ラーメンがあったので食べてみました。野菜と魚介がたっぷりでとても美味しかったですよ。
------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月7日)

【習慣が人格を形成する】

自分の人生を急によくしようとしても、よくなるものでは
ありません。
一つひとつ、よい習慣を身につける以外に方法がないと思います。
よい習慣に裏打ちされたその人の行動が、全人格として表れます。
商売をしている人は、お店の雰囲気に表れます。物を作っている人は、
物作りに表れます。
習慣が、人生を形成します。


2012年2月 6日 (月)

雪景色

41
いつも比和町では、渡辺さんの梁山泊でお世話になります。美味しい朝食を頂いて、しばらく前の道路で子供たちは雪遊びをしていました。私たちはこの雪景色を楽しみました。
-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月6日)

【社員からの批判】

掃除を始めたころのことです。
「うちの社長は掃除しかできない」
社員からの批判を、外部の人を通してしばしば
耳にしておりまsちあ。
そういう声を耳にするたびに、何度やめようと迷ったかしれません。
迷っては戻り、迷っては戻りして今日までやってまいりました。
しかし、どう考えてみても、掃除以外、私にできるいい方法が
見つからなかったのです。


2012年2月 5日 (日)

しし鍋宴会

Img_6335
久しぶりに庄原市比和町の梁山泊で、しし鍋宴会をしました。庄原3人組と一緒に飲むのこの上なく楽しいんです。その上、ギャルがいるので、またまた楽しくて18時から朝の1時過ぎまで飲んでいました。


Img_6333
最初は、しし肉や比婆牛の炭火焼きで、次にキムチ入のしし鍋(ぼたん鍋)でした。


Img_6336
庄原でも、「キャーッ、キャーッ、素敵なキムタクさーーーん」と、ギャルがむしゃぶりついて来ました。ヤラセじゃないよ。
---------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月5日)

【ホテルの利用法】

宿泊するホテルには何でも揃っておりますが、
私はほとんど使いません。
なぜか。理由は、一回使っただけでゴミになったり、
そのたびに洗濯をしなければならないからです。
資源がムダになり、ゴミが増えるだけだからです。
私はできるだけ、持参した自分の物を使うように心がけております。
備えてある物で使うのは、せいぜいタオル一枚とバスマットくらいで
すませます。

2012年2月 4日 (土)

餃子家龍で会食

Dsc06897
今日は、自称背後霊という人と餃子家龍で会食をしました。餃子家龍は、いつもグループでコース料理ですので、今回は日頃食べていない料理を中心に食べました。新メニューなどもあって良かったです。
------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月4日)

【いい縁の作り方】

いい縁ほど放っておけば遠のき、忘れ去られていきます。
逆に、悪い縁は放っておくとますます近づき、強くなります。
いい縁をつなぎ止めておくためには、つなぎ止めようという強い
意志を持ち続けることです。そのうえで、人間としてひたむきな
姿で人に接することです。ひたむきな姿が人の心をとらえ、
いい縁につながります。


2012年2月 3日 (金)

今日も麺食い

414178_301356049913838_100001183352
この前、祇園大橋の近くを通っていたら、横川にあったラーメン 一白が、あったので昼食に行きました。醤油ラーメンに爆弾といって(写真左の梅干のようなもの)、唐辛子の玉がある。今日はこれを1個入れました。次回は3個くらいでも大丈夫かなと思っています。
------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月3日)

【日下の灯】

百万本のお経を読もうが、いくら勉強しようが、実践しなければ
何の役にも立ちません。
知識は使い方を知らないと意味がありません。
そのことを実によく言い表しているのが次の言葉です。
「百萬典経、日下の灯」。
「日下の灯」とは、太陽の下の蝋燭の火、という意味。
つまり、太陽の下で蝋燭に火をつけても何の役にも立たないということです。

2012年2月 2日 (木)

今日の麺食い

328344_300713379978105_1422366209_o
今日の昼食は、カナダカン祇園店でした。
今週のおすすめパスタランチ、長州地鶏の和風ソース、柚子風味
麺は、スパゲティーで大盛りにしました。
-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月2日)

【見返り】

いままで、かなり努力したつもりでも、報われないことのほうが
ほとんどでした。しかし、それでいいんだと思います。
それが自然の姿だと思います。
一人でも多くの人が、見返りばかりを求めず、努力そのものに
意義を見出せるようになれば、世の中はもっと穏やかになると思います。
現代人が豊かさの中で、幸せを実感できないのは、努力以上の見返りを求めるからです。


2012年2月 1日 (水)

2月

39
2月に入りましたね。今月も、鍵山秀三郎の「日めくりカレンダー・凡事徹底」を毎日、投稿しようと思います。

------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月1日)

【今日よりも明日】

道路の歩道と車道の境目には、砂や土がたまりやすいものです。
この砂や土をなめるようにきれいにしておくと、次回からの
掃除がやりやすくなり、掃く時間が大幅に短縮されます。
ところが、この砂や土を放っておいて、上っ面のゴミだけを
掃いていると、いつまでも掃除に手間取ります。
何事も問題の原因を億劫がらずに、根底から改善することです。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30