« 全員集合 | トップページ | 今日の麺食い »

2012年2月22日 (水)

沢山の花

Dsc06943
花好きだった妻の三回忌には多くの方から花が贈られてきました。
K岡さんという看護学校時代の友人からキレイな胡蝶蘭が贈られてきた。その理由が妻の友人から愛子に送られてきたメールで分かりました。そのメールを家族全員に転送してもらって、みんなそれぞれ号泣したそうです。同じ病院に入院をしていたことがあって、「自分の病状のほうが大変なのに、そんな素振りを見せないで、K岡さんに優しい心配りをしていた」とのことです。

◎女房の親友から愛子へのメール

「早いものですね。丸2年が過ぎ三回忌迎え、親族の方達が沢山集まってくださり、きっと甥や姪にあたる方達がそれぞれに子供たちをつれてのお参り、あらためて裕美さんの人柄が積めあげてきた たまものと。

近所のお友達も沢山来られて・・・温かい雰囲気の法事でした。看学時代の加登岡さんからも立派な胡蝶蘭が届いていましたね。夜 電話を入れたところ、大学病院で同じ病室に入院、手術。たった2週間くらいでしたが、その当時 自分はいっぱいいっぱいで他人のことは考えられなかった・・・

そんな時に裕美さんは食堂で 食べれれない彼女に「食べなさい」ともひとことも言わず ずーっと傍にいて待っていてくれた。と。自分よりも裕美さんの方が大変な状態だったに違いなかった。と。そんな感謝の気持ちでさせてもらったと。今でもそのころを思い出すと、泣けてくると・・・皆さんそれぞれに胸の思い出が生きています。

自分のことはさておき、他人に。まさに彼女そのものです。   茂子さんは 昨日は一口も食べられなかったのですよ。でも食事中お話に付き合ってくれました。
今日は大島ですね。お母さんの育った島です。私も好きな島です。おばあちゃんにいろんなことお参りしてきてください。
-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(2月22日)

『日本をよくする法』

 たとえ政府が百兆円投下しても、いまの日本はよくなりません。
 後世に借金を残すだけだと思います。
 日本をよくするには、国民一人ひとりがちょっとした思いやりや
 人を喜ばせようという気持ちを持つことです。
 そうすれば、たちまちこの国はよくなると確信をしています。
 国民一人ひとりの生き方に、この国の将来はかかっています。


« 全員集合 | トップページ | 今日の麺食い »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121110/54046027

この記事へのトラックバック一覧です: 沢山の花:

« 全員集合 | トップページ | 今日の麺食い »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30