« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

今日の麺食い

552270_335460023170107_100001183352
今日も昼はラーメンでした。チャーシューが炙っていて香ばしくて美味しかったです。
-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月31日)

『組織』

 組織は、必ずしも、同質でなければならないということは
 ありません。むしろ、異質な集団でよいと思います。
 同質の人ばかりだと、かえって組織は悪くなるものです。
 危険なことでもあります。意外と異質の集団のほうが壊れにくい
 ものです。
 会社の中で思うようにならない社員がいて成り立っているから
 こそ、組織は強くなります。

2012年3月30日 (金)

今日の麺食い

Dsc_0001
イオン祇園のフードコートにあるラーメン屋さんで、チャーシュー麺の大盛りを食べました。かなり量が多かったです。とても美味しかったです。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月30日)

『力を出しきる』

 資格や能力だけに安住し、力を出し惜しみしている人は、
 いい人生を送っていません。
 たぶん達成感がなく、自分の人生に満足感が得られないから
 だと思います。
 一方、資格や能力がなくても、自分の力を出しきっている
 人は、日々、満足感を味わいイキイキしています。
 いい人生を送るコツは、持てる自分の力を出し惜しみ
 しないことです。

2012年3月29日 (木)

予約録音

48
フェイスブックで、亀井さんが、予約録音の出きるラジオが便利と書いておられました。数年前から中国語講座を黒いラジオで、聞いていましたが、予約が出来ないので、聞けないときは諦めてしました。予約録音できると便利なので、買ってみました。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月29日)


『ゴミの処理』

 住民の捨てたゴミはいったんどかしてから、掃いて、
 きれいに整理をします。
 だらしないゴミは余裕のある袋に詰め替えて、回収車の
 作業員が持っていきやすいようにしておきます。
 もちろん、瓶、缶、ペットボトル、新聞、雑誌、段ボール等
 資源になりそうなものは回収したあとすべて選別します。
 普通の日で車二台分、多い日は六~七台分集まることも
 あります。

2012年3月28日 (水)

壮眞が新型iPad

464992_333916669991109_100001183352
壮眞がiPadが黒から新型の白に変わっているのを、すぐに気がついて、私から取り上げて、you tubeのドリフを見て、声をあげて大きな声で笑っていました。
------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月28日)

『会社経営の意味』

 世間に迷惑をかけなければ成り立っていかないような会社で
 あれば、その会社は存在すべきではありません。
 また、世間から顰蹙を買うような会社だとするならば、
 会社経営をしている意味がありません。
 できれば、世間から喜ばれ、社員が誇りを持てるような会社
 にしたい。
 会社経営に対する私の一貫した姿勢です。

2012年3月27日 (火)

facebook中級セミナー

539007_287588624651304_100002005065
今回は、福山さんにより、facebookページの話がメインでした。


554660_287690861307747_100002005065
交流会は、餃子家龍をご利用して頂きました。いつもありがとう餃子います。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月27日)

『本物人間』

 その人が「本物人間」であるかどうかを見分ける判断基準と
 して、二つあると私は思います。
 一つは、その人の言っていることとやっていることがどれ
 だけ一致しているかです。あと一つは、自分自身の利益に
 直接結びつかないことに対して、どれだけ無心に打ち込んで
 いるかどうかです。
 いずれも重要な判断基準だと思います。

2012年3月26日 (月)

広島掃除に学ぶ会

546379_274174949330508_100002140147
今月の定例会は、山陽高校でした。掃除に学ぶ会から、久しぶりに50名を超える参加者がありました。宇土さんのバイオリンとウクレレとで、最後にふるさと、今日の日はさようならをの伴奏をしました。
-----------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月26日)

『微差僅差の追求』

 絶対差を追求するためには、何よりも過程を大事にする
 ことです。
 過程の中でも、微差僅差の追求がもっとも重要なことです。
 いままでは大きいこと、多いこと、特別なことが注目を
 浴びてきました。
 これからの時代はそういうわけにはいきません。わずかな
 差や小さなことの中に含まれている価値が、評価される
 時代です。

2012年3月25日 (日)

GGT&U

555944_332208930161883_100001183352
ギャルとグルメと中国語会話&ウクレレ教室の日でした。夕食は、餃子家龍で王徳新の家族と一緒にしました。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月25日)

『掃除で残業なし』

 掃除をするようになって、定時退社できるようになったという
 会社があります。岐阜県にある中山理研という会社です。
 掃除をする前までは、毎晩十時十一時まで残業せざるを得ない
 状況でした。
 ところが、掃除をするようになってから、仕事の能率が上がり、
 定時に退社できるようになりました。不良率も激減しました。

2012年3月24日 (土)

M栄さんのMTセミナー

540375_296738590396843_100001821139
大阪で、勉強会でした。その後、交流会に参加して、広島には、10時半くらい帰りました。
--------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月24日)

『心のムダ遣い』

 生きていくうえで、さまざまなムダ遣いがたくさん
 あります。
 時間、お金、物のムダ遣い。
 それより、もっと大きなムダ遣いが心のムダ遣いです。
 たとえば、よからぬことばかりを考えたり、安易なこと
 ばかりを考える。
 心のムダ遣いの最たるものです。
 心のムダ遣いが人間の品性を落とし、人相を悪くします。

2012年3月23日 (金)

神戸asominセミナー

375120_281933161882746_100001981920
神戸でポカーンと口を開けて真面目に勉強しています。中央の人が、久世先生です。
------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月23日)

『弱者や高齢者に優しく』

 弱者や高齢者を排除すれば、日本はよくなるか。けっしてよくは
 なりません。
 同様に、三人いる子供のうち一人、重度身障者が生まれた。その
 子供が早く死んでしまえば家族が幸せになれるか。けっして
 幸せにはなれません。
 ほんとうの幸せは、弱者や高齢者を受け入れて、励まし、助け合い、
 守り抜いていったとき、初めて実感できるものです。

2012年3月22日 (木)

3月の禿げ増す会

Dsc07110
禿げ6人、美人ギャル10名(2名ほど、ギャルでない人もいるけど・・)で、ティアで楽しい会をしました。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月22日)

【社員への思い】

縁あって私と仕事を共にしてくれる社員を、
どうすれば幸せにすることができるか。創業以来、
そのことばかりを思い続けてまいりました。
他の会社のほうが給料がよいかもしれない。
労働条件もよいかもしれない。
にもかかわらず、私のところで仕事をしていてくれる。
この社員を何とかして幸せにしたい。この思いは、
今でも変わらない私の信念です。

2012年3月21日 (水)

3人の孫の守り

306669_329854723730637_100001183352
双子の娘のバスケットの試合のため、その間、3人の孫の守りをしていました。体育館にキッズコーナーがあってそこで、3人ともいい子をして遊んでくれました。

318162_329881510394625_100001183352
守りを無事終えてホッとしました。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月21日)

『世の中を変えるには』

 この日本をよくするのは、財務大臣でもなければ、総理大臣
 でもありません。国民一人ひとりの、ほんのちょっとした
 生き方にかかっています。
 不景気も、外国から一方的に持ち込まれたわけではありません。
 みんな、私たちの毎日の行動が、こういう世の中を作りだした
 のです。世の中を変えるためには、一人ひとりの行動を変える
 以外に方法がありません。


2012年3月20日 (火)

交流会

462909_329400093776100_100001183352
今日の戦略社長塾は、「地域戦略」でした。あとの交流会がいつも、色んな話が聞けて楽しいです。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月20日)

『売上減をバネに』

 景気が悪く、売上が三割減ったという理由で、倒産した会社
 があります。
 一方では、売上が四割減ったために会社の結束力が高まり、
 社内の雰囲気がよくなった、という会社もあります。
 この差は、売上が減ったことを「大変だ」と捉えてパニックに
 なるか、「これを機会に会社の体質そのものをよくしていこう」
と捉えるかの違いではないかと思います。


2012年3月19日 (月)

第317回広島掃除に学ぶ会

479384_328584057191037_100001183352
二葉中学校での掃除に学ぶ会でした。今回で12回目で、学校もとてもキレイになっています。


420987_328689540513822_100001183352
生徒会の主導で、司会進行などが行われました。
-------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月19日)

『掃除を始める極意』

 掃除を始めるコツは、まず道具をきちんと揃えることです。
 道具にはキチンとした吊りひもをつけます。次に、道具の
 置き場所を決定することが大切になります。普通、掃除道具は
目に入らないところに隠してある会社が多いのですが、当社は、
 誰からも見える場所に置いてあります。
 そうすると、掃除をする社風が定着しやすくなります。


2012年3月18日 (日)

GGT&U

423434_328233097226133_100001183352
GGT&U(ギャルとグルメと中国語会話&ウクレレ教室)の日でした。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月18日)

『成果を挙げるためには』

 世の中には、何をやっても成果を挙げる人とそうでない
 人がいるものです。
 はっきりしていることは、成果を挙げる人にはムダがなく、
 そうでない人にはムダが多いことです。
 ムダをなくすためには、気づく人になることです。できる
だけ少し前に知ることによって、やること為すことムダが
 なくなります。ムダがなくなると、自然に成果が挙がるよう
 になります。

2012年3月17日 (土)

交替

462396_327561130626663_100001183352
7年間、ペアとして栄ちゃんアイスを作ってくれていた娘の優子が4月から出来なくなるので、代わりの人に来てもらいます。今日は引継ぎの日でした。
-----------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月17日)

『状況に合わせた掃除』

 その日の状況に合わせた掃除ができるようになったとき、
 初めて進歩したことになります。
 たとえば、風のない日は、ちり取りは、四人に一つが理想です。
 反対に、風の強い日はちり取りを使う回数も多くなりますので、
 一人に一つが基本です。
 風のある日も風のない日も、同じ数のちり取りを使い、同じ
 方法で掃除をしているようでは工夫が足りません。

2012年3月16日 (金)

ホームページ講座

477669_327059010676875_100001183352
社内でホームページ作成講座をしました。今までは、会社のホームページは私一人で、作っていましたが、これからは、現場で担当者が生の新しい情報を更新できるようにということで、勉強会をしました。
------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月16日)

『飛躍の前の心構え』

 人や会社が飛躍するためには、力を蓄える時期がどうしても
 必要です。
 ところが、この力を蓄える時期は、自分自身落ち込んでいる
 ように思えたり、傍目には停滞しているように見えたりする
ものです。
 この停滞している時期を、「こんなことをしていても何もなら
 ない」というような心構えで過ごす人は、もうそれでおしまいです。


2012年3月15日 (木)

AKG42

427684_305680949496973_100001652128
AKG42(A=ギャルの名前、K=キムタク(勿論私のこと)、G=グルメの会、42=年の差
餃子家龍で、密会をしていたら、息子に盗撮されてしまいました。思わず、「母さんに内緒よ」と、言ってしまったが、母さんは天国でした。昔は、良く息子に口止め料を払っていました。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月15日)

『益はなくとも・・・』

 ほとんどの人の価値基準が、得をするか、儲けるか、つまり
 「益がなければ意味がない」という考え方です。
 はっきり言うと、この考え方こそが、いまの日本を駄目にして
 きたもっとも大きな要因だと思います。
 いまこそ、『晏子』の至言、「益はなくとも、意味はある」
 という言葉に耳を傾けるときではないでしょうか。


2012年3月14日 (水)

LINE

2
スマホのアプリで、「LINE」というのがあって、メールで、画像や絵文字などが送れてとても便利です。同報メールのようなことが出来て、我が家の家族全員が同時に見れて、返信できるようになっていて、時々、連絡をとりあって、家族の絆?を深めています。あと、ギャルとか、キャパクラの子に連絡するのもとても便利です。
------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月14日)

『本当の大人』

 「わがまま」の中には、許せる「わがまま」と許せない
 「わがまま」があります。許せる「わがまま」は「自分
  のわがまま」、許せない「わがまま」は「人のわがまま」
  です。
 「自分のわがまま」が自分で許せなくなったら、本当の
  大人です。
 「自分のわがまま」は平気で許せるけれども「人のわが
  まま」は許せない、としたらまだ子供です。

2012年3月13日 (火)

ココいち

Img_6488
カレーが食べたくなったらココ一番に行きます。食べるのも決まっていて、牛ホルモンカレーのビーフかつ入り・3辛・400グラムです。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月13日)

『「清潔」について』

 「清潔」というのは、「整理」「整頓」「清掃」がきちんとできた
 状態を維持していくことです。
 もともと、清掃は、きれいなところをきれいにすることです。
 今日掃除をしたから、次は汚れてから清掃しようという考えでは
 なく、毎日清掃する。
 そのうえで、乱雑にならず、汚れないような仕組みを作ることです。
 さらに、後始末をきちんとすることです。


2012年3月12日 (月)

4人の孫

42
最近の私のビッグニュースは、ココちゃんが、私になついて、笑ってくれるようになったことです。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月12日)

『目的と姿勢の一致』

 国政の場で、問題が解決されず先送りされる原因の一つは、
 議論の目的と議論をする人の姿勢が一致していないからだと
 思います。
 たとえば、発展途上国の貧困や環境問題を討議するのに、
 きらびやかで立派な会議室を使用する。高級な衣類や装身具を
 身につけて出席する。尊大な態度でふんぞり返っている。居眠り
 をする。いずれも論外です。

2012年3月11日 (日)

3月広島MG道場

Dsc07004
3月は3卓18人満杯でした。MGは、楽しいです。


Dsc07012
裕香ちゃんも参加してくれました。
------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月11日)

『一泊五日の出張』

 高速道路もない時代、鹿児島から青森まで仕事で駆け回って
 おりました。
 五日間の出張で、宿に一泊もしないときがよくありました。
 そんなとき、車で仮眠するか野宿しながらの営業でした。
一年に約八万キロメートル、地球を二周するくらいの距離を
 車で飛び回っておりました。身体が人並み外れて丈夫だから
 こそできたことです。
 とにかくよく働きました。

2012年3月10日 (土)

GGT

460321_323710137678429_100001183352
GGT(ギャルとグルメと中国語会話)です。毎週1回、老北京で、楊さんに中国語会話を教えてもらっています。そのあと私がウクレレを教えて、それから楽しい食事です。食事をしながらところどころ中国語で話します。やはり、美人との食事は楽しいなあ。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月10日)

『自分の道を歩く』

 たとえ、どんなに狭く細い道であっても、自分自身の努力と
 工夫で切り開いていく生き方が大切です。
 切り開いていくのは、大きな忍耐とエネルギーを要すること
 ですが、くれぐれも、へこたれず諦めないことです。
 自分の信じる道を歩き続けていますと、共感し集まってくる
 人が必ず出てくるようになります。共感者が表れると自信が
 湧いてきます。

2012年3月 9日 (金)

餃子家龍で会食

432091_329514823768107_100001287769
ギャルではありませんが、餃子家龍で女性と二人で食事をしました。二人ともかなり飲みました。
ギャルの場合は、満面の笑顔ですが・・・・ちょっと顔がゆがんでしまいました。

464262_323170621065714_100001183352
餃子くんをかぶって可愛いスタッフとツーショット!
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月9日)

『分福』

幸田露伴の教えに、「分福」というのがあります。
 つまり、自分に与えられた福を他人にも分けてあげなさい、
 独り占めにしてはいけません、という意味です。
 分けるというのは、自分も欲しいものを分けるということです。
 自分に必要のない余ったものを分けたのでは、福を分けた
 ことにはなりません。
分けるのは物に限りません。

2012年3月 8日 (木)

散髪

Img_6587
壮眞と一緒に散髪に行きました。以前は、母さんにダッコしてもらっていましたが、今は、一人で座って、じっとしていれるようになりました。
---------------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月8日)

『苦労した顔』

 苦労したことをそのまま顔に出す。誰にでもできることです。
 反対に、苦労したことのない人が、いつも明朗な顔でいる。これも、
そんなに難しいことではありません。
 しかし、ざんざん苦労したにもかかわらず、まったく苦労の痕が
 感じられない顔で人に接するのは、なかなかできないことです。
 できれば苦労の痕を悟られずに人と接する。大事なことだと思います。

2012年3月 7日 (水)

プロに撮ってもらった写真

Img_2460_pp
facebookのプロフィールを写真を撮りませんかの企画があったので撮ってもらいました。生まれて初めてのメーキャップをしてもらっての写真撮影です。どんなかなあ?


Itsuji_1
名刺用の写真も撮ってもらいました。どんなかなあ?
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月7日)

『幼児性』

 人間はいくつになっても、誰にでも幼児性が残っているものです。
 この幼児性は、年齢に関係ありません。
 特に、幼児性が顕著に表れるのは「甘え」です。そして、「背伸び」
 「わがまま」「うぬぼれ」等です。
 こういう幼児性は、単なる自己顕示欲の表れであって、自己中心的
 生き方にすぎません。

2012年3月 6日 (火)

ひとり飲み

470290_321387474577362_100001183352
21時まで、勉強会で、その後一人で餃子家龍で軽く一人飲みをした。POPを見ると、新メニューに、ニラ玉オーブン焼きというのがあったので、食べてみた。とての美味しかった。たまには、一人でのんびりと飲むのもいいものだ。
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月6日)

『おかげさまで』

 人間、何が辛いといって、人に無視されたり、屈辱的な目に
 遭わされるほど辛いことはありません。
私もずいぶん長いあいだ、辛い思いをしてまいりました。
 しかしいまとなっては、そういう辛い思いをしたからこそ
 掃除を続けることができた、と実感しております。あの辛い
 思いをするくらいなら、掃除を続けることなんか何でも
 なかったんです。

2012年3月 5日 (月)

神戸・カネテツMG2日目

Dsc06999
2日目は、千葉均さんの講演と、4期・5期でした。最優秀経営者賞は、なんと広島のたなあさんでした。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月5日)

『「愚痴」と「未練」』

 「愚痴」と「未練」で人生をよくした人は一人もおりません。
 私もいままで、会社が危機に瀕したことや、とんでもない負債を
 負わされて、その重圧に耐えかねて生死をさまよったことが
 ありました。
 そんなとき、いつまでも「愚痴」と「未練」の世界に閉じこもら
 なかったのが、こんにち生き残ってこられた大きな理由だと思います。

2012年3月 4日 (日)

神戸・カネテツMG初日

Img_6557
カネテツ本社での、MG初日です。8卓48人の大人数です。のんびりと楽しみたいと思います。
---------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(3月4日)

 『無関心は愛の反対』

マザー・テレサは「無関心は愛の反対」と言っております。また、
 ヘレン・ケラーは「人間の病気はどんな病気でも科学の力で治す
 ことができるけれど、無関心という恐ろしい病気を治す薬はない」
 と言っております。
 無関心は鈍感ということです。鈍感な人は救いようがありません。
 感受性を豊かにし、あらゆることに関心を示していくことが、人生を
 豊かにします。

2012年3月 3日 (土)

西研MG化石のオフ会

Dsc06987
facebookで、再会した、MG仲間が、「西研MG化石の会・どうしょーる会」のグループで交流しています。今回オフ会をしようということで、我らの恩師西順一郎先生をお招きして市成さんのお世話で神戸で開催した。10名参加したが、みなさん、「西先生のお陰で今がある」と感謝の言葉を述べられていました。楽しい会であっという間に時間が過ぎていました。
-----------------------------------------------

鍵山秀三郎の一日一話(3月3日)

『プラス思考』

 ないものを数えるよりも、いまあるものを一つでも多く数えることです。
 できない理由を考えるよりも、いま自分にできることを一つでも多く
 考えることです。
 換言すると「こうだったからこうなった」と考えるのではなく「こう
 だったのにこうなれた」とか「こうだったからこそこうなれた」という
 ように受け止める生き方が、プラス思考だと思います。

2012年3月 2日 (金)

アホ壮眞

422164_319014921481284_100001183352
壮眞が、庭から木の実を取ってきて、鼻にいれて「じいちゃん、見て見て」とおどけていました。facebookにこの写真を載せたら多くの方から、取れなくなって病院に行ったことがあると、コメントを頂きました。今回の壮眞は無事でした。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月2日)

『丈夫な伸び方』

 鉢巻締めてこぶしを振り上げ、競争相手をなぎ倒していかなければ、
 会社は社員は伸びないか。必ずしも、そういうものではありません。
 直接、利益に結びつかなくても、人のやりたがらないことや見過ごして
 いることをおろそかにしないだけで、会社や社員はけっこう伸びるもの
 です。
 そういう伸び方こそ、丈夫な伸び方だと思います。

2012年3月 1日 (木)

ホワイト餃子

419416_318355338213909_100001183352
久しぶりにに、三篠のホワイト餃子に行きました。10個入り定食(ライス・味噌汁・キムチ月)+6個を注文して、1008円と、本当にお値打ちだと思います。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(3月1日)

『破綻の回避策』

 政治家は、何かというと財政破綻、金融破綻を口にし、他人事の
 ように空論を展開しております。
 よく考えてみますと、これらの破綻は、政治家の「無責任」という
 精神の破綻から生じたものにほかなりません。
 これらの破綻を修復するには、政治家が政治家としての責任を果たす
 という精神の再生こそ、優先されるべきだと思います。


twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30