« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

広島餃子に学ぶ会

194845_389782251071217_887406399_o
餃子好きの老若男女が集まって、餃子を食べながら、ワイワイガヤガヤやろうという会です。一応、発会式ということで、第1回目を開催しました。決して、禿げ増す会ではありません。

Dsc07886
餃子娘ならぬ、餃子おっさんで、むさくるしくてすいません。

319343_333046763443326_562997088_n
今夜も、「キャー、キャー、素敵なキムタクさーーん」とギャル?がむしゃぶりついてきました。決してヤラせではありません。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月30日)

『お店を育てる』

 お店をよくする方法は、「育てる」という考え方を
 持つことです。
 普通、お店を一つの施設とかモノとして商売に「使う」
 という考え方をします。そんな考え方では、せっかくの
 お店が日に日に劣化していきます。
 そうではなく、お店は活かしていくものです。育てる
 ものです。こういう考え方が血肉になっていけば、社員も
 一緒に育つようになります。

2012年6月29日 (金)

給料配り

178530_389250384457737_1145126905_o
今日は、社長が海外出張のため、社長の代理で、給料配りをしました。今は、給料は振込みになっているので、厳密には、給料袋配りですが・・・・こうして、毎月1回は、社長が全部書を巡回して、写真と顔を合わせることに意義があると思います。途中の餃子家龍で、昼食をしました。

2012年6月28日 (木)

G&G

250945_388803737835735_1727949391_n
AKG42でした。「キャー、キャー、素敵なキムタクさーーーん」と、今日もギャルがむしゃぶりついてきました。決して、ヤラせではありません。

411938_388819001167542_1920888274_o
締めは、長谷川のネギラーメンでした。
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月28日)

『上京時の私』

 仕事のため上京したのが二十歳のときでした。
 東京駅に着いたときの私は、無一文で惨憺たる
 社会人としてのスタートでした。しかし、いまでは
 それがよかったと確信しています。
 帰りたくても帰るお金がなかったからこそ、その後の
 さまざまな苦難を乗り越えることができたと感謝を
 しているのです。

2012年6月27日 (水)

昔の女に戻りました。

63

浮気は止めて、昔の古風な女に戻りました。

妻亡きあとは、形見ととして、妻の古風な携帯(写真左)を2年間くらい使っていました。

でも、どうも機能が悪いので、スマホに変えようと思って、携帯に詳しい神戸の、I成さんに、聞いたら、Galaxy tab 7インチ(真ん中の写真)を勧めてくれました。「これ1台あると、便利すぎて、iPhoneもiPadもいらなくなります。」と、言われて、ちょっと浮気して買ってみて、色々試してみましたが、結論は、大きすぎて電話としては、ダメということになりました。

それで、また浮気をして、docomoのスマホに変えました。(写真右)しばらく使っていて、電池の持ちが悪いなとつくづく思っていました。このスマホもアプリをいろいろ使ってみましたが、結局、電話とメールしか使わなくなりました。そのメールが、このスマホは、バグが多くて、しょっちゅう、強制終了したり、待機したりで、使い物にならなくなりました。

ということで、半年ぶりに、妻の形見のガラ携に、もどってしまいました。電話とメールがサクサクで、電池の持ちがいいのが最高です。

ということで、昔の古風な、携帯に戻りました。
----------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月27日)

『日本は不況か』

 いまの日本はホントに不況か。率直に言って、不況では
 ありません。
 ではどうして不況と感じるのか。われわれ日本人の望んで
 いることが、現状よりいつも大きいからだと思います。
 たえず、努力した以上のものを求めているからだと思います。
 われわれは、その差を不況と感じるのであって、昔と比べて
 いまの日本はけっして不況ではありません。

2012年6月26日 (火)

日中友好

194797_387730297943079_784351598_o
蒋さんのご両親が、中国から来られているので、歓迎会を、餃子家龍でやりました。そのあと、久しぶりに、カラオケに行きました。とても楽しかったあ。
-------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月26日)

『社長交代』

 後任社長を任命したとき、固辞されました。理由は、
 「いままで掃除をやってこなかったし、これからも
 できないから私に社長は務まりません」ということでした。
 そこで「私と同じことをやるんだったら、あなたに
 頼みませんよ」と説得して引き受けていただきました。
 社長交代にあたり、私と同じことをする後継者では意味が
 ないと思います。違っていていいんです。

2012年6月25日 (月)

今日は一日

Img_7927s
今日の掃除に学ぶ会は、石内小学校でした。この学校は、映画監督の新藤兼人さんの出身校でした。

Img_7929
夜は恒例の中国語とグルメの会です。今日も、美人の楊先生と楽しく勉強をしました。

Img_7931
老北京での、メイン料理は、水煮魚でした。四川料理ですので、かなり辛いです。でもとても美味しかったです。
------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月26日)

 『カッコよいこと』

 「カッコのよさは破滅につながる」
 三浦綾子記念文学館で目にしたこの言葉が、強く印象に
 残っております。
 たしかに、自分でカッコよいと思っていることはことごとく、
 他人から見たらカッコ悪いことばかりです。滅びへの道だと
 思います。一方、掃除は見た目に不格好です。自分自身を
 飾りようがありません。だからこそ、周囲の方々から好感を
 持たれるのかもしれません。

2012年6月24日 (日)

3G会

Dsc07846
3G会(祇園・ギャル・グルメの会)でした。市内のカポドルが勤めている「あんべえ」というお店でやりました。料理がとっても美味しくて、感動でした。
「キャー、キャー、素敵なキムタクさーーーん」とギャル二人がむしゃぶりついてきました。決してヤラせではありません。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月24日)

『よい人間関係』

 知識や技能さえ身につければ、一生安泰に暮らせると
 勘違いしている人がおります。
 知識や技能だけに偏りますと、人間としての感性が
 薄れてきます。感性が薄れると、人間関係に支障を
 きたします。したがって、幸せな人生は送れません。
 よい人間関係を作るための基本は、自分の手と足と
 体を使って、人とのご縁を深めることです。

2012年6月23日 (土)

6月の禿げ増す会

Dsc07837
6月はなんと、禿げ6人に、ぎゃる11人と、盛り上がりすぎでした。

Dsc07842
二次会は、老北京に行って、羊肉の串焼きと、辣子鶏を食べました。

Dsc07839
6月の禿げ増す会でも、「キャー、キャー、素敵なキムタクさーーーんと、私一人にギャルが束になって、むしゃぶりついてきました。決してヤラせではありません。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月23日)『譲る世界』

 できるだけ譲る。私が心がけてきた信条の一つです。
 できるだけ譲るようにして生きてはきましたが、ある一線を
 越えたら一歩も譲らないようにしております。
 一歩も譲らないのは、私個人の利害からではありません。
 これを譲ったら、社員が幸せにならない。相手にもよくならない。
 この二つが、譲らないときの私の判断基準です。

2012年6月22日 (金)

カナダカン廿日市店

600857_385690988147010_417589815_n

廿日市店で、食事をしました。開店時間の11時少し過ぎて入ったのですが、お客様が、次から次へと入ってこられて、いつのまにか満席になっていました。この地区の老舗として、定着している気がしました。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月22日)

『複写はがき』

 複写はがきを書くとき、心がけていることを三つだけ
 紹介します。
 一つ、たとえ下手な字であってもつづけ字にせず、一字一字
 丁寧に楷書で書く。
 二つ、表書の住所・氏名は筆字で書く。
 三つ、郵便番号はボールペンで書く。
 複写はがきは掃除と同じように続けてきました。


2012年6月21日 (木)

レディース・サポートMG

277360_385232878192821_1735847672_o
先日のMG道場で、3期しかできなかったので、残りの2期をしようということで、井上会計事務所で、レディース・サポートMGと称してやりました。やはり、女性が多いと華やかで楽しいですね。


600205_308507499241504_415554755_n

交流会は、女性が多いので、おしゃれでおいしい店がいいということで、三星フランス屋台に行きました。久しぶりにワインを飲んだら、かなり酔ってしまいました。


411917_385298658186243_756489219_o
今日も、「キャー、キャー、素敵なキムタクさーーーーん」と、ギャルがむしゃぶりついてきました。決してヤラせではありません。
---------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月21日)

『唾面自乾』

 やくざに監禁されたうえ、日本刀を突きつけられて、脅された
 こともありました。顔に唾を浴びせられて、ののしられたこと
 もあります。
 そんなとき、自分自身に言い聞かせた言葉が「唾面自乾」という
 中国の言葉です。たとえ顔に唾を吐きかけられても拭かずに、
 自然に乾くまで耐えよという教えです。私は、この言葉によって
 ずいぶん救われました。


2012年6月20日 (水)

6月10日

Dsc07757
そういえば、6月10日に、家族で、銀河ランチクルーズに行った時の写真を載せるのを忘れていました。宮島で、降りて孫たちは、水族館に行きました。

-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月20日)

『日本の評価』

 かつて、右肩上がりに経済が伸びていたころ、日本に
 対する世界の評価はどういうものであったか。
 「ただ金持ちになっただけのエコノミックアニマル」と
 批判されていました。
 再びそのような批判を浴びないためには、この厳しい時期を
 しっかり受け止め、本当の力を蓄えていくことだと思います。
 そうすれば、再評価されるときが必ずきます。

2012年6月19日 (火)

戦略社長塾

458096_384267784955997_1981116240_o
最近、女性が増えてきて、やる気まんまんで、楽しい会になっています。
---------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月19日)

『苦境時の心構え』

 人も企業も、一直線上で伸びるということはまずありません。
 必ず停滞するときがあります。ときには落ち込むことも
 あります。
 そんなとき、どういう心構えでその時期を過ごすかが大切な
 ポイントです。
 基本は「工夫次第」「自分次第」という考え方です。
 心構え次第で、人生も企業もよくなったり悪くなったり
 します。

2012年6月18日 (月)

松江&広島

457581_383610038355105_11150140_o
午前中は、松江市の乃木小学校で、掃除に学ぶ会でした。
帰りに、広島禿げ増す会の3人と鈴木さんとで、美味しいと評判のそば屋さんに行きました。


469839_383698831679559_1412996019_o
夜は、GGT&Uでした。美人の楊さんから、毎週中国語を教えてもらって、とても楽しいです。
-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月18日)

『人が動くとき』

 人に利用され尽くしたら、人が動いてくれるようになりました。
 自分を守ろうとすればするほど、人は動いてくれないものです。
 自分を投げ出したとき、初めて人が動いてくれるようになりました。
 「私が私を捨てれば、そこにあなたがいる。あなたがあなたを
 捨てれば、そこに私がいる」(山本紹之介)
 けだし名言だと思います。

2012年6月17日 (日)

中国ブロック会議

60
日本を美しくする会の中国ブロック会議が、松江でありました。

470384_383126461736796_308518970_o
途中で、一福という蕎麦屋さんで、舞茸の割子蕎麦を食べました。
-------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月17日)

『自然農法』

 掃除をすると、不思議と会社の雰囲気が変わってきます。
 社員の意識が変わってきます。日常の不平不満が感謝に
 変わってきます。
 掃除をすると、自然農法で育てられた農作物みたいに
 なるんだと思います。自然農法か化学農法か、作物を
 見ただけではわかりません。しかし、たしかに味が
 違う。もちが違ってくるのです。掃除もそんな力が
 秘められております。

2012年6月16日 (土)

二人で外食

178558_382705111778931_823682168_o
壮眞がくるくる寿司に行きたいというので、二人で行きました。注文するものは、枝豆、唐揚げ、ポテト、ラーメン、ウィンナーの寿司・・・などで、何も寿司屋でなくてもいいものばかりでした。
--------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月16日)

 『問題解決の極意』

 汚いものを見て「汚いなあ」と言うだけでは何の解決にも
 なりません。そのときどうするか。手にゴム手袋をつけて
やるか。柄の長いものを使用するか。手で触るか。
 手で触るのが一番です。手で触ると、汚れの程度がよく
 わかります。きれいにしたときの喜びと実感も湧いて
 きます。問題に近づくことが、問題解決のもっとも
 早い具体的な方法です。

2012年6月15日 (金)

45年ぶりの再会

59

昨日45年ぶりに再会した大学の先輩は、ハワイアン音楽部の先輩なので、その頃使っていたウクレレを持参しました。先輩と久しぶりにウクレレ談義、ハワイアン談義が出きると楽しみにしていましたが、先輩は、卒業後一切、ウクレレを触ったことがなくて、ハワイアン談義はできませんでした。

色んな肩書きの着いた名刺を3枚もらいましたが、すぐに私に会いたいという目的が分かりました。
一方的に自慢話ばかりされていましたが、先輩ですので、じっと我慢してお聴きさせて頂きました。
----------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月15日)

 『人間的魅力』

 「数字を背景にして、傲慢になるな」。
 社員にたえず戒めていることです。
 おかげさまで当社も、思いもかけない売上を上げるように
 なりました。数字が大きくなると、よそ様が自然に頭を
 下げてくださるようになります。
 そのことと、自分自身の人間的魅力とは関係ないことです。
 どこまでも自分自身の人間的魅力で、仕事に従事して
 ほしいと思います。


2012年6月14日 (木)

壱岐MG2日目

58
壱岐MG2日目でした。なんとか、自己資本300を超えました
57
最優秀経営者賞は、博多のドン、河合さんでした。

551787_381660851883357_1072764084_n
博多駅で、長浜ラーメンを食べて帰りました。
------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月14日)

『品性の欠如』

 「管子」の言葉に「衣食足りて、礼節をしる」と
 あります。
 まことに残念なことに、いまの日本は「衣食足りて、礼節を知らず」
 という状況です。平気で食べ物をムダにする人が多くなっています。
 似合わないのに高級な服で着飾っています。
 品性の欠如が原因です。衣食の豊富さに見合う品性の向上を
 急がねば、国が滅びます。

2012年6月13日 (水)

壱岐MG初日

6
壱岐MGが始まりました。

5
赤ウニ、黒ウニ、タップリ食べさせて頂きました。ウニ飯は、ご飯1に対して、ウニが3の割合です。これを2杯食べました。

Img_5897
壱岐牛も食べきれないくらいでした。柔らかくてとても美味しかったです。
---------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(6月13日)


『合理的な論理』

 不利なことは切り捨てる。一般企業のもっともらしい
 合理的な論理です。
 しかし、そういう考え方では会社はよくなりません。
 できるだけ不利なことを引き受ける。こういう考え方で
 経営に臨みますと、本当の知恵と才覚が生まれるように
 なります。

2012年6月12日 (火)

壱岐MG前夜祭

600108_380602871989155_125156262_n
壱岐MGの前夜祭に参加しました。海の幸、壱岐牛、うに飯を美味しく頂きました。佐世保のマイタイさんにも、久しぶりにお会いしました。
----------------------------------------------------
鍵山秀三郎の一日一話(6月12日)

『社員旅行の心得』

 宿泊する旅館では、履いたスリッパをきちんと揃えます。
 宴会の時間が夜九時までと決められているときは、
 八時四十五分までにお開きとします。
 さらに、食器は従業員の方々が後片づけしやすいように
 一カ所にまとめておきます。使用した蒲団は自分たちで
 押し入れにしまい、シーツや浴衣はきちんとたたんで
 入口に出しておきます。


2012年6月11日 (月)

GGT&U(ギャルとグルメと中国語&ウクレレ教室)

178716_380092218706887_1874938017_o
グルメは、蒋さんのご両親が手作りの餃子を作ってくれました。

56
いつものようにウクレレ教室です。千尋ちゃん、ずいぶん上手になりました。

470503_380113848704724_990811147_o
美人の楊先生と楽しく中国語の勉強をしました。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月11日)

『エクセレントカンパニー』

 ただ大きいだけで、傍若無人に振る舞っている会社を
 エクセレントカンパニーとは呼びません。
 たとえ、資本が小さかろうが、たえず赤字・黒字の線上を
 漂っている会社であろうが、関係ありません。
 働いている社員一人ひとりが、思いやりがあり、他人に
 迷惑をかけないように心がけている。そういう会社を
 エクセレントカンパニーと呼ぶべきです。

2012年6月10日 (日)

今日は一日

547654_322745067806829_642944054_n
午前中は、広島掃除に学ぶ会で、観音中学校のトイレ掃除でした。

575750_322902811124388_346771605_n
午後から第33回広島ハガキまつり。写真は坂田道信先生。

465528_379620958754013_1343155163_o
懇親会でも、「キャー、キャー、素敵なキムタクさーーーーんと、ギャルがむしゃぶりついてきました。決してヤラせではありません。
---------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月10日)

『流されない生き方』

 どんなに立派な生き方をしていても、予期せぬ災難とか
 苦難に遭遇するのが人生です。
 そんなとき、普通の人は「私は誰にも迷惑をかけたこと
 がないのに、どうして私だけがこんな目に遭うのだろう。
 不公平だ」と考えるものです。
 こういうときこそ、自分を見失うことなく、周囲に
 流されない生き方を通すことがもっとも大切です。

2012年6月 9日 (土)

カナダカン廿日市店

460882_379023612147081_743409612_o
久しぶりに、廿日市店に行きました。だんだん、グレードアップしており、接客が万全で、とてもいい雰囲気の店になっていました。
--------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月9日)

『いまやるべきことをやる』

 「この秋は雨か嵐か知らねども 今日の勤めに田の草
  を取る」
 疎開先での少年時代、私は農業に携わり、この歌に詠まれた
 ような生活に耐えてきました。
 丹精込めて育てた作物が、収穫寸前に災害に見舞われて、
 努力が報われないこともしばしばでした。しかし、
 諦めずに努力し続けてきたからこそいまの私がいます。

2012年6月 8日 (金)

餃子家龍で会食

Img_1072
餃子家龍で夕食でした。
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月8日)

『良知』

 「慮らずして知る、これ良知なり」
 これが正しくないかということを、いちいち考えてみたり、
 人に聞いてみたりしなくても、常識でわかる。これが「良知」
 だという言葉です。
 昔の人は、学問はなくても、みんな「良知」を持っていました。
 ところが高学歴社会が進むにしたがって「良知」、つまり
 常識がなくなり、世の中が乱れるようになったと思います。

2012年6月 7日 (木)

壮眞が骨折

416206_378093808906728_905869642_o
日曜日に壮眞が指を骨折して、その後、本調子ではありません。指が痒いとか痛いとか言って良くグズグズいうようになりました。代われるものなら代わってあげたい気持ちです。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月7日)


『不都合をバネに』

 好きな物ばかり食べておりますと、人間の身体も
 不健康になります。好き嫌いせずに、バランスの取れた
 食事を摂るからこそ、健康を維持することができます。
 企業も同じです。好き勝手に経営していては会社は
 よくなりません。不都合なことも受け入れて、工夫改善
 するところに新しい細胞が生まれてくるものです。
 不都合が会社を強くします。

壮眞が骨折

416206_378093808906728_905869642_o
日曜日に壮眞が指を骨折して、その後、本調子ではありません。指が痒いとか痛いとか言って良くグズグズいうようになりました。代われるものなら代わってあげたい気持ちです。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月7日)


『不都合をバネに』

 好きな物ばかり食べておりますと、人間の身体も
 不健康になります。好き嫌いせずに、バランスの取れた
 食事を摂るからこそ、健康を維持することができます。
 企業も同じです。好き勝手に経営していては会社は
 よくなりません。不都合なことも受け入れて、工夫改善
 するところに新しい細胞が生まれてくるものです。
 不都合が会社を強くします。

壮眞が骨折

416206_378093808906728_905869642_o
日曜日に壮眞が指を骨折して、その後、本調子ではありません。指が痒いとか痛いとか言って良くグズグズいうようになりました。代われるものなら代わってあげたい気持ちです。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月7日)


『不都合をバネに』

 好きな物ばかり食べておりますと、人間の身体も
 不健康になります。好き嫌いせずに、バランスの取れた
 食事を摂るからこそ、健康を維持することができます。
 企業も同じです。好き勝手に経営していては会社は
 よくなりません。不都合なことも受け入れて、工夫改善
 するところに新しい細胞が生まれてくるものです。
 不都合が会社を強くします。

2012年6月 5日 (火)

交流会

466836_377054642343978_100001183352
戦略社長塾があり、その後、交流会がありました。やはり女性が入ると楽しいし、盛り上がりますね。
-----------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月5日)

『掃除のコツ』

 掃除のコツは、範囲を限定して徹底することです。
 たとえば、Pタイルを一日一枚だけとか、あるいは廊下を
 一メートルずつというように一部分ずつ区切ってやること
 です。そうしますと、汚いところときれいなところが
 はっきりするので、後がやりやすくなります。一遍に
 やろうとしてもできるものではありません。やっても
 すぐ元に戻ってしまうだけです。

2012年6月 4日 (月)

日中友好

Dsc07741
午前中は、広島掃除に学ぶ会で、神崎小学校のトイレ掃除で、夜は、中国の大同市から、蒋さんのご両親が広島に来られたので、老北京で一緒に夕食をしました。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月4日)


『苦しみの対処法』

 「苦しみは、人に打ち明けることによって半分になり、
 喜びは人に話すことによって倍になる」
 喜びはともかく、苦しみは人に打ち明ければ、苦しむ人が
 二人になるだけのことだと思います。
 苦しみはできるだけ自分一人で背負い込み、周囲の人まで
 巻き込まない。
 そんな生き方が、見失ってはならない大切な作法だと思います。

2012年6月 3日 (日)

6月の広島MG道場

Img_7628

Img_7629
6月のMGでも、「キャー、キャー、素敵なキムタクさーーーーん」とギャルがむしゃぶりついてきました。決してヤラせではありません。
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月3日)

『開放的な社会』

 閉鎖的な組織は、雰囲気も暗くなり、世間の常識から外れた
 自分たちだけのルールで動く傾向があります。反対に、開放的な
 組織は、他者を受け入れ、皆が明る立ち振る舞っています。
 社会の閉塞感を打ち破るには、人も組織も明るく開放的に
 することが先決です。
 そのためには、自分だけよければいいという考えを捨てることです。
 他者を受け入れる広い心を持つことです。

6gatuno

2012年6月 2日 (土)

4人の孫

413080_375171289198980_1420090313_o
久しぶりに4人の孫が我が家に揃い、とても賑やかです。どの孫も可愛いけど、今は、虹紗がとても可愛い。お休みのチューなど、口をとんがらせて、しにくるので、可笑しくて大笑い・・!
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月2日)


 『立場の弱い人』

 仕事上、軽視されがちな立場の弱い人に対して、傲慢な
 態度を取る社員がいたら、私はこっぴどく叱ります。
 私もこれまで散々、他人から屈辱的な目に遭わされて
 きました。それだけに、仕入先、郵便配達人、出前の
 配達人等、会社に出入りされる人に接すると、昔の私と
 ダブって目に映ります。
 社員がもし、傲慢な態度で接するようなことがあったら、
 私は許しません。

2012年6月 1日 (金)

きさくの汁無し担担麺

Img_7549
ここ2〜3年広島でも汁無し担担麺がブレークしていますが、私はその数年前から、このきさくの汁無し担担麺が病みつきになり最初のうちは、毎週のように行っていました。今は、遠いといこともあって月に1回くらいになっています。それにしても美味しい!
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(6月1日)


『枠を使い尽くさない』

 与えられた枠は、使い尽くさないように気をつけています。
 たとえば、約束の時間十分前に行く。借りたお金は約束日
 前日に返す。いただいた面談時間五分前に用件をすませ、
 退席する。一千万円の借入枠があったら、八百万円に
 とどめる。
 いつもこのようなことを心がけていますと、ますます自分に
 与えられる枠が広がってくるようになります。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31