« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

北京2日目

8

昼食は、叶さんのお母さんの家庭料理
9
夕食は火鍋

北京初日

7

北京の初日は、私の好きな串屋さんでした。美味しかったあ。

2012年10月26日 (金)

餃子くん

549003_429922693723839_1605708753_n

みんなで、餃子くん。壮眞の「アイーーン」が、可愛いすぎます。
-----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月26日)
幸せなる方法

 傲慢な人、横柄な人、横着な人が周囲の人々迷惑を
 かけています。
 共通点は、自分だけが贅沢をし、自分のわがままを押し通している
 点です。
 人迷惑をかけて、自分だけが幸せなることはありません。
 幸せなるためは、人の喜ぶことをすることです。
 相手が喜んでいる姿を見て、わが喜びと受け止められるような
 人間なることです。

2012年10月25日 (木)

山口亜由美さん、ニューヨーク帰国報告

78

ミックスカフェでの「山口亜由美さん、ニューヨーク帰国報告」の会に行ってきました。
--------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月25日)

流さず』

 が映っいる。川の流れがどんな速くも、
 は流されることがない。は平然と映ったままである。
 つまり、自分を取り巻く環境がどんな激変も、自分の
 信念さえっかりいれば、環境流されることはない
という意味です。
 さまざまな問題ぶつかり、心が動揺するようなとき
 この言葉を思い出すよういます。

2012年10月22日 (月)

西先生の広島MG

292824_457980484254330_383176179_n

土曜日、日曜日と西先生のMGが広島でありました。優秀経営者賞をわれらが広島のたなあさんが取得されました。
-------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月22日)
物流拡充

 多店舗化にしぎを削っていた同業他社中にあって、わが社は
 物流拡充に努力してきました。
 問屋業である当社にとって、物流拡充こそが生命線だと確信して
 いたからです。
 地味な取り組みではありましたが、やがて結実しました。店舗展開
 する過程で、円滑にしてスピーディな対応ができるようになりました。

2012年10月18日 (木)

壮眞の昼寝

525119_426988474017261_212055041_n

壮眞が足を組んで寝ている姿が、なんとも言えないくらい可愛い。
-----------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月18日)

いま苦しく・・・』

 いま楽しく、将来ずっと楽しかったという歴史は
 ありません。
 楽しい後には苦しみがあり、苦しい後には楽しみが待っ
 いるのです。繰り返すのが苦楽であります。
 現代の日本のように、楽し楽しいことばかりと追い求め
 いるようでは、将来、悪くなるばかりです。苦しいことを
 先にし、楽しいことは後に延ばす。先憂後楽。大切な
 心構えです。

2012年10月13日 (土)

3G会

76

祇園界隈で、ギャルとグルメの会でした。和食を美味しく頂きました。

2012年10月 8日 (月)

GGT&U

3
ギャルとグルメと中国語とウクレレ教室の日でした。

561571_423671187682323_432858277_n
今日もおいしい料理を頂きました。

-----------------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月8日)

小さな成果を』

 「大きな努力小さな成果を」
 私が講演をお引き受けするときのテーマの一つす。
 「逆はないんすか」と指摘されることがよくあります。
 そんなとき「小さな努力大きな成果」を得る生き方よりも、
 「大きな努力小さな成果」を得る生き方のほうがより
 確実な方法す、と答えるようにしております。
 私はこの確実なことを、一つひとつ積み上げてきました。



2012年10月 6日 (土)

久しぶりにに麺食いだあ!

250478_422646117784830_1347648829_n
久しぶりに、脱炭水化物をお休みにして、ザ・ラーメンのチャーシュー麺を食べました。脂こっくって、口の周りがベトベトになる感じですが、これがまたたまらなく美味しいです。月に1回くらいは、麺食いもいいかな?と思っています。
------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月6日)

 『喧嘩について

 それぞれが勝手なことばかりをしていると喧嘩になります。
 どちらか一方の人が少し相手の立場になって考えれば、
 喧嘩にはなりません。
 お互いができるだけ譲り合って喧嘩をしないことです。仲よく
 することが、いい人生を送るためにもっとも大切なことだと
 思います。
 喧嘩をしているうちは、人生も家庭も会社もよくなることは
 ありません。

2012年10月 2日 (火)

孫の奴隷

271313_421276297921812_1870524551_o
東京から帰ると壮眞がすぐに、「じいちゃん、マリオのゲームがしたい」とダダをこねます。ゲーム機は買ってもらえないので友人の家でいつの貸してもらっています。それで友人の家に行ってみましたが留守でしたので、仕方なくイオンモールの本屋さんのデモ機で遊んでいるところです。
イオンの駐車場についてすぐに、買い物カートのところに行って、このように乗って、私に「あっち行け」「こっち行け」「あれ、買って」「これ買って」と、引き釣りまわされて汗ダクダクになってしまいます。正に奴隷です。
----------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月2日)


『礼を尽くす』

 人との待ち合わせには、定刻十分前を信条としています。
 訪問先に駐車する場合は、駐車場の一番奥に車を止めるように
 心がけています。車で見送りを受けるときは、窓を開放し、
 会釈をし、見えなくなるまで先方に礼を尽くします。
 お客様をお見送りするときは、お客様の姿が見えなくなる
 まで、その場に立ったままお見送りをします。

2012年10月 1日 (月)

つばめグリル

299471_420985891284186_811044124_n
品川駅前にあるつばめグリルで夕食をしました。シーザーサラダが本物でとても美味しいしメインのハンブルグステーキも勿論美味しいです。年配の男の人が、フレンドリーに接客してくれるのもいいところです。ついワインを飲み過ぎてしまいます。
-------------------------------------------
鍵山秀三郎一日一話(10月1日)

【選択肢のなかった私の人生】

もともと才能のない私がこの世で生きていくためには、
次の二つの選択肢しか考えられませんでした。
一つは、悪いことをして何かを得ること。あと一つは、
誰にでもできる平凡なことを徹底していくこと。
悪いことをする度胸のなかった私は、平凡なことを
徹底して今日までやってきました。結果において、
思いもかけない大きな力をいただきました。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31