« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

東京グルメ

11171_482582708457837_411032575_n

長い東京最後のグルメは、CPLの中島さんと、八重洲口の博多ラーメンの店でした。餃子や串焼き、焼きラーメンなど、博多料理を満喫しました。
----------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月27日)
小夜更けてしづかにおもふわが命全けくしありて
ここに生くるを
零下廿度の空き家に寝ねて凍餓死をしづかに待ちし
かの日をおもふ

2013年2月27日 (水)

あべちゃん

59784_482228221826619_590516467_n_1

焼きとんが大好きですが、その中でも一番好きな店は、この麻布十番の「あべちゃん」です。鍵山幸一郎さんに連れてきてもらって以来、東京に来たら必ずと言っていいくらい来ています。ここのもつ煮、焼きとんは、本当に美味しいです。
-------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月27日)
私は卅五歳前後のころに心の一大転換〜回心〜が起き、
それ以後は石が好きになって、石だけだ唯一の趣味でした。
ところが、それが卅年も続いたころ突然石ブームが生じて、
石にも値段がつき、その上に切ったり磨いたりし出したので、
それをしおにピタリと止めました。

2013年2月25日 (月)

MGフェスティバル5.5期

539695_481396378576470_959521075_n

MGフェスティバルが終わり、品川駅前のつばめグリルで、5.5期の飲み会がありました。私もこの店が大好きで、時々来ます。美味しいハンブルグステーキや、シーザーサラダなどを食べました。
-----------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月25名)
書物に書かれた真理を平面的とすれば、
「師」を通して学びえた真理は立体的である。

2013年2月24日 (日)

再会

485048_481064498609658_279836721_n

25年ぶりくらいに、元リコーの飯塚さんと再会しました。
とても楽しいひと時でした。
---------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月24日)
縁は求めざるには生ぜず。内に求める心なくんば、
たとえその人の面前にありとも、ついに縁を生ずるに
到らずと知るべし。

2013年2月23日 (土)

焼きとん

3

東京に来たら、必ず焼きトンを食べます。五反田のこの店が大好きで、最近はホテルも五反田にすることが多いです。一人で、のんびり好きなものを食べるのもまたいいものですね。
--------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月23日)
人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。

2013年2月22日 (金)

つけ麺

559780_480288118687296_1200934765_n

東京・神保町でつけ麺を食べました。脱炭水化物ダイエット中にも、かかわらず、麺の大盛り・チャーシュウ・もやしのトッピングまでして、腹一杯になりました。
----------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月22日)
一人の卓れた思想家を真に読みぬく事によって、
一箇の見識は出来るものなり。同時に真にその人を
選ばば、事すでに半ば成りしというも可ならむ。

2013年2月21日 (木)

日本を美しくする会・世話人会

560187_479848648731243_1907480245_n

東京にて、日本を美しくする会の総会が開催されました。
---------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月22日)
師の偉さが分り出すのは
(一)距離的に隔絶していて、年に一回くらいしか逢えない場合
(二)さらにはその生身を相見るに由なくなった場合とであろう。

2013年2月18日 (月)

GGT&U(ギャルとグルメと中国語&ウクレレ教室)

21687_478931162156325_1159947004_n

毎週日曜日は、ウクレレ教室と、中国語教室それに、老北京の美味しい料理を食べるギャルとグルメの会です。毎週楽しみです。
525094_478931495489625_1788998414_n
今日も美人の楊先生とむしゃぶりききながら、中国語の勉強をしました。
-------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月18日)
人間として最も意義ふかい生活は、各自が
それぞれ分に応じて報恩と奉仕の生活に入ることによって
開かれる。

2013年2月17日 (日)

晩御飯

Image
今夜の晩御飯。とてもヘルシー。

------------------------------------------

森信三先生  一日一話(2月17日)
人類の夕暮を歎く一人の隠者のこころ
誰か知りけむ
八十路過ぎて帰り来しノイホーフの
土は寒けく明け暮れにけむ

2013年2月16日 (土)

トリオの会

188212_478166842232757_1625964346_n

中学校のバスケット部の3人で、福山で2ヶ月に一回飲み会をすることに決めました。会の名前は「トリオの会」で、昔、みんなで良く行っていたスタンド(スナック?)が「トリオ」で、3人で集まるので「トリオの会」としました。
近況報告や、昔の話しに花が咲いて、とても楽しいひとときでした。
------------------------------------------
森信三一日一話(2月16日)
観念だけでは、心と躰の真の統一は不可能である。
されば、身・心の真の統一は、肉体に座を持つことに
よって初めて可能である。

2013年2月15日 (金)

2月の禿げ増す会

Dsc00187

2月は、ギャル8名の参加でした。イタリア料理は人気がありますね。
---------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月15日)
信とは、いかに苦しい境遇でも、これで
己れの業が果たせぬゆえんだと、甘受できる
心的態度という。

2013年2月14日 (木)

食べないと飲まナイト

16420_477401925642582_78597047_n

食べないと飲まナイトで、餃子家龍を皮切りに、6店食べ飲み歩きました。
餃子家龍でビール、蜂やで赤ワイン、紅緒で、芋焼酎、ぶちでハイボール、AOで、赤ワイン、ちずで、芋焼酎

食べないと飲まナイト

食べすきた飲みスギタ。

538123_477402088975899_1648584952_n
グルメにギャルはつきものです。
今日もギャルが、「キャーキャー素敵なキムタクさーー」と、むしゃぶりついてきました。

決してヤラセではありませんよ。

--------------------------------
森信三先生  一日一話(2月14日)
一切の人間関係のうち夫婦ほど、たがいに
我慢の必要な間柄はないと云ってよい。

2013年2月13日 (水)

夕食

Photo

一応、脱炭水化物ダイエットを継続中です。焼きそばなので、ちょっと炭水化物が入ってしまいましたね。
-------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月13日)
「家計簿」をつけるということは、
妻たり主婦たるものの第一の絶対的義務。

2013年2月12日 (火)

夕食

Bn

夕食は、味噌鍋でした。鍋は野菜を沢山食べるので、ヘルシーでとてもいいですね。
-------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月12日)
物事は一おう八〇点級の出来映えでよいから、
絶対に期限に遅れないこと。これ世に処する
一大要訣と知るべし。

2013年2月11日 (月)

GGT&U(ギャルとグルメと中国語&ウクレレ教室)

538176_476206605762114_1245840245_n

毎週日曜日は、老北京で、ウクレレ教室・中国語教室そして、美人とおいしい料理の日です。いつも楽しく勉強しています。
----------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月11日)
今日は建国記念日。これについては反対の説もある様であるが、
米国などのように、歴史の浅い国では実証的な建国資料もあるが、
我が国のように長い歴史をもつ国ではそれは不可能である。
そこで立場は二つ。科学的に正確な資料がないから放って置くか、
それとも、民族の伝承に従って慶祝するかという二種の立場がありうるが、私は後者の立場に賛したい。

2013年2月10日 (日)

2月の広島MG道場

563001_475668595815915_1657141365_n

2月も、4卓24人と大盛況でした。なんとJ率4割の華やかなMGでした。なんと言ってもMGのGは、ギャルじゃけんね。

2013年2月 9日 (土)

ココちゃん

Kk

孫のココちゃんが、節分の豆を、むいて私にくれるのだけど、実はくれないで、皮のほうを、「どうじょ、どうじょ」と言って私にくれていました。
----------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月9日)
悟りとは、他を羨まぬ心的境涯ともいえよう。

2013年2月 8日 (金)

ルネッサンス。乾杯!!

483397_474911845891590_116663180_n

壮眞が、ジュースで、乾杯をしています。
---------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月8日)
人間は腰骨を立てることによって自己分裂を防ぎうる。

2013年2月 7日 (木)

エビスの大瓶

Cc

今日の晩酌は、エビスの大瓶1本です。いつもは、缶ビール1本と芋焼酎の水割り1杯です。たまに、エビスが飲みたくなります。いろいろ、ビールを飲みますが、私はこのエビスの瓶ビールが一番好きです。
-----------------------------------------

森信三先生  一日一話(2月7日)
金の苦労によって人間は鍛えられる。

2013年2月 6日 (水)

中国語教室

558010_473822856000489_1257204887_n

毎週火曜日は、百武先生の中国語教室です。のんびりと楽しく学んでいます。
----------------------------------------------

2013年2月 5日 (火)

食べないと飲まナイト

Tn

食べないと飲まナイトの企画で、並木・袋町界隈を3軒をはしごしました。私はワインを飲み過ぎて、3軒でダウン、他の4人は、5軒回ったようです。
---------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月5日)
苦しみや悲しみが多い人が、自分は神に愛されていると
分かった時、すでに本格的に人生の軌道に乗ったものと
いってよい。

2013年2月 4日 (月)

GGT&U(ギャルとグルメと中国語&ウクレレ教室)

67463_472983226084452_351233870_n

毎週日曜日は、勉強会で、テストができなかったら、罰として、大嫌いなピーマンを食べます。今日は、3個食べました。
Br
老北京では、初めて、エビチリを食べました。どれも美味しかったです。
--------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月4日)
生身の師をもつことが、求道の真の出発点。

2013年2月 3日 (日)

また、夕食です。

Photo

朝、コーヒーと、ゴマクッキー1枚。10:00生姜紅茶、
昼、鯖の缶詰と、ポテトサラダ、お茶、
夜は、写真。晩酌は、缶ビール1本と、芋焼酎の水割り1杯。

今夜もヘルシーな夕食でした。

----------------------------------
森信三先生  一日一話(2月3日)
畏友を呼びうる友をもつことは、人生の至楽の
一つといってよい。

2013年2月 2日 (土)

真面目にダイエットを

Photo

しばらくサボリ気味だった脱炭水化物ダイエットを、少し真面目に、2月からやってみようと思います。ですから、グルメ情報は少なくなると思います。
‎0201
朝、コーヒーと、ゴマクッキー1枚。10:00生姜紅茶、
昼、鯖の缶詰と、お茶、
夜は、写真。晩酌は、缶ビール1本と、芋焼酎の水割り1杯。

今年の年賀状に、誰かが、鯖の缶詰が、いいと書いてあったので、時々、食べています。

-------------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月2日)
世の中はすべて「受持ち」なりと知るべし。
「受け持ち」とは「分」の言いにして、これ
悟りの一内容というて可ならむ。

2013年2月 1日 (金)

夕食

Di

特に、ブログネタがないので、夕食のアップです。ソーセージ・チーズに、湯豆腐と、皿うどんでした。晩酌は、缶ビール1本と、芋焼酎の水割り1杯で、至ってヘルシーな夕食です。
-------------------------------------------------
森信三先生  一日一話(2月1日)
「人生二度なし」ーこの根本認識に徹するところ、
そこにはじめて叡智は脚下の現実を照らしそめると
云ってよい。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30