« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

食べて飲んで中国語

Image

白さんを囲んでの、交流会を餃子家龍でしました。
餃子家龍をご利用ありがとう餃子いました。
------------------
森信三先生  一日一話

真理の化身とやいはめ幻の時に顕ちきてわれを導く
一人の隠者の心幽けくも追ひ求めてぞ
ひと世過ぎしか

2013年5月30日 (木)

変顔

941920_516319051750869_1207724308_n

孫の壮眞とイオンに遊びに行きました。「壮眞写真撮るよ、こっち向いて」ということ、とっさに、こんな変顔をします。誰に似たんでしょうね。
-----------------------------------
森信三先生  一日一話
一,腰骨を立て
二,アゴを引き
三,つねに下腹の力を抜かぬこと
同時にこの第三が守れたら、ある意味では
達人の境といえよう。

2013年5月29日 (水)

美女二人に!

943358_515871908462250_1193663608_n

今日は、美女二人に同時に足つぼマッサージをしてもらいました。
とても気持ちが良かったです。
------------------------------------
森信三先生  一日一話
すべての物事は、その事の真髄への認識と洞察が
根本で、真に認識に徹したら、動き出さずにはいられぬはず。
ところで認識への手引きはヤハリ生きた書物でしょうね。

2013年5月28日 (火)

戦略社長塾

181230_515548318494609_1830937595_n

戦略社長塾。「営業マンの実力を3倍高める方法」をみんなで勉強しました。
---------------------------------
森信三先生  一日一話
わたくしには何も出来ませんが、ただ人さまの
偉さと及び難さを感じる点では、あえて人後に
おちないつもりです。

2013年5月27日 (月)

はきものを揃える

943147_515008458548595_1791410068_n

江波中学校で、掃除に学ぶ会がありましたが、広島朝鮮学園のサッカー部の生徒さんの靴がキチンと揃えられていました。とても素晴らしいことで、感動しました。
-----------------------------------
森信三先生  一日一話
石が分かるということは、物がわかり出した一微標といっても
よい。というのは、相対界を離れた証拠ともいえるからである。

2013年5月25日 (土)

5月の禿げ増す会

294966_514404998608941_5288643_n

5月は少人数ながらとても盛り上がりました。
-----------------------------------
森信三先生  一日一話
芸術品の場合、倦きがこないということが
良否の基準となる。つまり倦きがこないとは、作品に人為の
計らいがないせいで、それだけ天に通じる趣きがあるといえよう。
同時にこれは、ひとり芸術品だけでなく、人間一般にも通じることでしょう。

2013年5月24日 (金)

楽しかった上海

Image
上海での、ギャルとグルメの旅をとても楽しく過ごすことが
出来ました。行きたい観光地にすべて行けて、食べたいもの
も食べれて最高の旅でした。
------------------


森信三先生  一日一話

美的な創造感覚と、蓄財利殖の能力とは両極端なものです。
天二物を与えずですネ。

2013年5月21日 (火)

上海初日

Image

上海初日は、魯迅公園などの観光でした。
--------------------

森信三先生  一日一話

息子を一生に三度は叱るか、それとも一生に一度も叱らぬか、
父親にはこのような深い心の構えがなくてはなるまい。

2013年5月19日 (日)

CDデビュー

945453_512394578809983_1559088276_n

MG仲間の西洋子さんの娘さん愛美さんが、CDデビューをされるというので、早速買わせて頂いた。リズム感がありとても良い曲でした。
--------------------------------------
森信三先生  一日一話
「腰骨を立てる」ことは、エネルギーの不尽の源泉を
貯えることである。
この一事をわが子にしつけ得たら、親としてわが子への
最大の贈り物といってよい。

2013年5月18日 (土)

第5回東京禿げ増す会

Image

みほさんが、良く行かれる両国のイタリア料理店で、禿げ3人、ギャル3人で楽しく遊びました。
---------------------
森信三先生  一日一話

挙手は、行動的な「しつけ」の第一であって、
断乎たる決意の表明ともなる。
挙手についてはまず①五本指をそろえ、②ついで
垂直にあげること③そして最後に俊敏に!!
という三つが大事。

2013年5月17日 (金)

東京

968852_511557162227058_1911971938_n

北京での友だちの氷氷さんが、4月に東京に留学に来たので、歓迎会?と称してイタリア料理の店で食事をしました。
316220_511519262230848_1763640145_n
彼女が辛いものが大好きというので、西新宿の四川料理の店にも行きました。
947362_511557195560388_186796257_n
さすがに、辛いものばかりで、朝は、学校の門(こうもん)が痛かったです。
------------------------------------------
森信三先生  一日一話
心は見えないから、まず見える躰の方から
押さえてかからねばならぬ。それ故心を正そうとしたら、
先づ躰を正し物を整えることから始めねばならぬ。
クツをそろえること一つが、いかに重大な意味を
もつか分らぬような人間は、論ずるに足りない。

2013年5月16日 (木)

アンチエージング

Image_2

顔にシミなどが、増えて年寄り臭くなってきたので、MG仲間の西本さんの会社ビューティサポーに行きました。洗顔の方法などを教えて頂きました。
----------------------

森信三先生  一日一話

世間的に広く知られていないけれど、
卓れた人の書をひろく世に拡める
世にこれにまさる貢献なけむ。

2013年5月15日 (水)

孫の壮眞

253232_510711278978313_265227042_n

「じいちゃん、イオン(のゲームコーナー)に、行こう」と、張り切って車に乗りました。
268936_510711242311650_1075319510_n
イオンに着いたら、爆睡していました。起きるまで、1時間車の中で待ちました。
--------------------------------------
森信三先生  一日一話
真人と真人とが結ばれねばならぬ。現在わたくしが
最も努力しているのは、縁のある真人同志を結ぶことです。

2013年5月14日 (火)

朋有り遠方より来たり

969625_510445539004887_309977200_n

沖縄から深見さんが広島に来れました。17年ぶりの再会です。深見さんは、なんと85才ということですが、姿勢も良く、お酒も良く飲まれ、話す内容もしっかりとされています。
------------------------------------
森信三先生  一日一話
「五十にして天命を知る」というが、
知という限り、まだ観念的なものが残っている。
それ故「六十にして耳順う」の境に到って、
はじめて真理の肉体化がはじまるともいえよう。

2013年5月13日 (月)

GGT&U(ギャルとグルメと中国語&ウクレレ教室)

263039_510234565692651_1194661224_n

毎週日曜日は、GGT&Uの日です。楊美人老師の笑顔を見るだけで、一週間の疲れば吹き飛んでしまいます。優しい楊先生が、怒った顔をするのは難しいようで、何度も鏡を見て、怒った顔の練習をしていました。
--------------------------------------
森信三先生  一日一話
「下学して上達す」 下学とは日常の雑事を尽すの意。
それゆえ日常の雑事雑用を軽んじては、真の哲学や宗教の
世界には入りえないというほどの意味。

2013年5月12日 (日)

5月のMG道場

183794_509767502406024_1100894089_n

5月はなんと川本あやりんが、最優秀経営者賞でした。しかも女子の部1位で、W優勝でした。
-------------------------------------
森信三先生  一日一話
朝起きてから夜寝るまで、自分の仕事と人々への
奉仕が無上のたのしみで、それ以外別に娯楽の必要を
感じないというのが、われわれ日本のまともな庶民の
生き方ではあるまいか。

2013年5月11日 (土)

朋有り遠方より来たり

179448_509383079111133_329475202_n_

以前から交流のあった愛知県の杉浦さんご夫婦が広島の菓子博に来られて、その夜に餃子家龍で一緒に食事をしました。久しぶりに出会い昔話に華が咲きました。
--------------------------------------
森信三先生  一日一話
食事をするごとに心中ふかく謝念を抱くは、
真人の一特徴というべし。それだけに、
かかる人は意外に少ないようである。

2013年5月10日 (金)

仲良しいとこ同士

Image

いとこ同士の二人、とても仲良しです。
壮眞が、ココちゃんに、ラーメンを食べさせてあげています。
--------------------------
森信三先生  一日一話

目覚むれば力身内に湧きいづるこの不思議さよ
何といふべき
せめてわが命果てなむ際だにもこれの不思議を
畏めてあらな

2013年5月 9日 (木)

凄い寝相

Image_2
壮眞が、イオンに行こうと言うので、行ったら爆睡していました。
-------------------------
森信三の一日一語

睡眠は必要に応じて伸縮自在たるべし。
「何時間寝なければならぬ」というような
固定観念をすて、必要に応じて五時間・3時間は
もとより、時には徹夜も辞せぬというほどの
覚悟が必要。


2013年5月 8日 (水)

ひとり酒

34

勉強会のあとは、一人で、焼き鳥とビール・焼酎を飲みました。のんびりと、一人で飲むのもいいものです。
------------------------------------
森信三先生  一日一話
「義務を先にして、娯楽を後にする」
たったこの一事だけでも真に守り通せたら、
一かどの人間になれよう。

2013年5月 6日 (月)

ハワイアン音楽

577563_507488039300637_840546788_n

フラワーフェスティバルの最終日5日は、国際会議場で、終日ハワイアンフェスティバルをしている。毎年、ここに来るのが楽しみで今年もゆっくりと堪能をさせて頂いた。ハワイからのバンドやフラガールも毎年来ていてこれが一番の楽しみです。今年はミス・ハワイも来ていました。
---------------------------------------
森信三先生  一日一話
高すぎない目標をきめて必ず実行する。
ここに「必ず」とは、唯の一度も例外を作らぬという
心構えをいうのである。

2013年5月 5日 (日)

ドーナツ

30

娘が倉敷?から買ってきたドーナツ。なんかモチモチして不思議な食感でとても美味しかった。なんか有名なドーナツみたいです。
---------------------------------
森信三先生  一日一話
一,一度思い立ったら石にしがみついてもやりとげよう
二,ホンのわずかな事でもよいから、とにかく他人のために
  つくす人間になろう。

2013年5月 4日 (土)

フラワーフェスティバル

393083_506833062699468_701527096_n

フラワーフェスティバルに行きました。壮眞は食べることばかりで、かき氷、フランクフルト、おでん、とうもろこしなど、食べました。
935122_506901632692611_1836564995_n
夕食はバスに乗って、壮眞と二人きりで、餃子家龍に行きました。
-----------------------------------------
森信三先生  一日一話
三ツのことば
「人を先にして己を後にせよ」
「敵に勝たんと欲するものはまず己れに克て」
「義務を先にして娯楽を後にせよ」

2013年5月 3日 (金)

晩ご飯

29

5月は少し真面目に脱炭水化物をやろうと思います。
-------------------------------------
森信三先生  一日一話
毀誉ほうへんを越えなければ、一すじの道は貫けない。

2013年5月 2日 (木)

孫二人

Image_2

孫の壮眞と心美ちゃんです。ココちゃんが、もうすぐ二歳で、良くしゃべるようになって、とても可愛くなって来ました。
---------------------------

森信三先生  一日一話

多少能力は劣っていても、真剣な人間の方が
最後の勝利者となるようです。

2013年5月 1日 (水)

妻の誕生日

941338_505841172798657_1524625741_n

5月1日は、亡き妻の63才の誕生日です。亡くなって3回目の誕生日ですが、妻の親友が花束を持って来てくれました。心が綺麗で、誰にでも優しくて、掃除が大好きでした。
------------------------------------
森信三先生  一日一話
われわれ人間は「生」をこの世にうけた以上、
それぞれ分に応じて、一つの「心願」を抱き、
最後のひと呼吸までそれを貫きたいものです。

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31