« 今日の麺食い | トップページ | 豚骨ラーメン »

2020年9月16日 (水)

家族

◎家族(長文注意)


優子が、「じいちゃん、今度の敬老の日は、スニーカーを贈るね」と、言ってくれた。私の朝の散歩用のスニーカーがあちこち破れていて、底もすり減って、滑りやすくなるのを知っているからだと思う。私もそろそろ、買わなければと思っていて、グッドタイミングなことを言ってくれる。

優子は、同居していて、日常の会話や私のことを見てくれているせいか、、誕生日のプレゼントなど、、私が次に欲しいものが分かっていて、いつもピッタリのものを送ってくれる。

妻が亡くなって半年は、一人になるとポロポロと泣いていて、、この世にも地獄は有るんだと、ボロボロになっていた時に、優子と壮眞が実家に帰って来てくれた。おかげで、家の中がパッと明るくなって、悲しみなど、吹っ飛んでしまった。
神様が、私が一人では、ダメになってしまうと、妻の代わりに優子を戻してくれたんだと思い、、神様はいるんだと、思うこともあった。

2才だった壮眞は、それは、目がくりっとして可愛くて、一緒に風呂に入ったり、遊んだりして、それはそれは、楽しかった。家族っていいなとずっと幸せを感じていた。

壮眞、念願の犬を飼うことになり、3ヶ月前に、チワワのホープが我が家に来た。
壮眞は嬉しくて、嬉しくて、いつも抱いていて、溺愛している。私も優子も、ホープが可愛くて、この上ない愛情を注いで可愛がっている。
ホープがウチに来てまた、ガラッと家族の雰囲気が変わった。ホープのことが心配で、留守中に、監視できるように、IPカメラを買って、暇があったら、iPhoneで、自宅のホープを覗いている。また、ホープが食欲が無かったり、吐いたりしたら、家族みんなで、心配して、介抱したりしている。

自宅に帰ると、ホープは、身体全体で、喜びを表して、シッポを高速で振って、身体をくねらせて、抱きついてきて、キスをしてくれる。
こちらが愛情を注ぐと、その倍くらいの喜びをホープが返してくれる。

ホープは、完全に我が家の家族の一員として、一喜一憂を共有して、温かい家族へと貢献してくれている。

ホープが来たこと、このささやかなことが、幸せなんだと感じてるところです。

1a8f27abe7c140cdbb43181b7046c98fDda1c0415b9a47c8b54d218279198cb590ae78d1e4fe4436947bbb51c9d609a829df31642832477994205ea9758ec9e0

« 今日の麺食い | トップページ | 豚骨ラーメン »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の麺食い | トップページ | 豚骨ラーメン »

twitter

天才くん

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31